カレンダーを確認

月末と聞くと仕事が忙しく、これを乗り切れば!とがんばる人も多いかもしれません。また給料日が月末だと、その日が来るのが楽しみという人も多いのではないでしょうか。

一方で「月末までに返事を」と言われたときに、いつまでに返事をすればと迷いませんか?

そんなわかりづらい「月末」のことについて、

  • 月末の意味。日にちはいつ?
  • 月末の日にちが30日か31日かを区別する方法
  • 状況によって違う「月末」の使い方

についてまとめてみました。ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

月末とはいつのことか

2つの月末の意味

月末を確認

月末には、2つの意味があります。

  1. その月の最終日
  2. その月の終わり頃の数日

どちらも「月末」の読み方に違いはなく、「げつまつ」または「つきずえ」となります。

そのため音や文字だけで区別しづらく、悩むポイントとなってしまうんですよ。

終わり頃とはいつのこと

期間としての月末は、「28日からその月の最終日まで」とすることが一般的には多いです。

ただし給料日が25日となっている会社の場合は、25日から最終日までを月末とすることもありますね。

このように人によって、また会社などによって、月末の範囲が違うため、「28日から31日まで」というように、具体的に日にちを明示したほうが親切です

また「月末まで」と言われた場合は、念の為「最終日でも大丈夫ですか?」と確認しておくと安心ですね。

月末の日にちが30日か31日かを区別する方法は?

月によって違う「月末」

月末の日付を確認

その月の最終日という意味での「月末」は、月によって異なります

これはご存知のとおり、私達が使っている暦が、一ヶ月の日にちが違うからであり、具体的には次の通りとなります。

  • 月末が31日となる月…1月・3月・5月・7月・8月・10月・12月
  • 月末が30日となる月…4月・6月・9月・11月
  • 月末が28日となる月…2月(通常の年の2月)
  • 月末が29日となる月…2月(うるう年の2月)

ここで注意してほしいのが、2月は他の月より短いという点。また7月と8月が連続して31日となるため、この点も注意が必要ですね。

「月末の日付」の覚え方は?

握りこぶしで覚える

月によって最終日が違うので、一見覚えにくい月末ですが、握りこぶしで覚える方法があります。

この方法で月末が31日か30日かが覚えられますよ。

  1. 手の甲を上にして、握りこぶしを作る。
  2. 人差し指の付け根のとがった部分から小指に向かって、引っ込んだ部分も含めて数える。
  3. 小指の付け根部分は2回数え、そのままUターンして人差し指の付け根まで数え続ける。

ここで、数えている間に知りたい月の数字が出たときに、

  • とがった部分なら、31日
  • 引っ込んだ部分なら、30日(2月は28日か29日)

となります。

具体的には次の順番の通り。

握りこぶしの位置
1 人差し指の付け根(こぶし)
2 人差し指と中指の間のくぼみ
3 中指の付け根(こぶし)
4 中指と薬指の間のくぼみ
5 薬指の付け根(こぶし)
6 薬指と小指の間のくぼみ
7 小指の付け根(こぶし)
8 小指の付け根(こぶし)
9 薬指と小指の間のくぼみ
10 薬指の付け根(こぶし)
11 中指と薬指の間のくぼみ
12 中指の付け根(こぶし)

ポイントは、「小指のとがった部分は2回数える」こと。ちょうどここで「7」となるため、もう一度数えると「8」となって月末と同じになるんですよ。

西向く士で覚える

西向く士(ニ・シ・ム・ク・サムライ)という語呂合わせで覚える方法です。

それぞれ、月にあてはめると次の通り。

  • 2 → ニ
  • 4 → シ
  • 6 → ム
  • 9 → ク
  • 11 → サムライ

この2月、4月、6月、9月、11月の5つの月は、月末日が30日(2月は28日か29日)であることをあらわします

何故11がサムライ?と思われるかもしれませんが、さむらいの「士」の漢字を分解すると「十一」になることから、11月をサムライとしています。

何度も、「ニ(2)シ(4)ム(6)ク(9)サムライ(11)」と唱えていると自然と覚えられますよ。

2月の末日を覚える方法

2月末

上で方法では、2月の最終日が28日か29日なのかはわかりません。そこで2月限定の、月末を確認する方法を紹介します。

  1. 今年が西暦何年なのかを確認する。
  2. 西暦の下二ケタを4で割る。
  3. 割り切れたら29日、割り切れずに余りがでたら28日。

これは「うるう年の2月が29日」となることと、うるう年が4年に一度だから。西暦が4の倍数のときにうるう年になるので、下二ケタを4で割ると答えが出るんですよ。

例えば、

  • 2018年 → 18÷4 → 4で余り2 → 2月は28日
  • 2020年 → 20÷4 → 5で余り0 → 2月は29日

となりますね。

また、スポーツ好きの方であれば、「夏のオリンピックがある年はうるう年(2月は29日ある)」と覚えている方も多いかもしれませんね。

スポンサーリンク

状況によって違う「月末」の使い方は?

月末と言われたときに、状況によってはその範囲や意味が違ってくることが。そこで、状況別の「月別」の使い方を紹介します。

ビジネスシーンで使う場合

ビジネスシーンにおいて、取引相手などが「月末」といった場合、2つのパターンが考えられます。

ひとつは、先に触れたように、「その月の最終日、あるいはその月の終わり頃といった通常の月末の使い方」。

もう一つは、「その月の最終営業日」です。

月によっては月末と週末が重なることがあり、その場合会社はおやすみのことも。そうなると「その月の最後の営業日」が、その会社にとっての「月末」となります。

ですので、週末と月末が重なるときは、念の為カレンダーで確認すると安心ですね。

月末払い・月末引き落とし

ローンの支払日や銀行の引き落としでは、その月の最終日が指定されていることがあります。

しかし会社の最終営業日と同じく、月末と週末が重なると引き落としや支払日が早まることが。そうなると金曜日に支払いとなることが多いので、これも事前にカレンダーで確認するようにしましょう。

月末の○曜日

月末に近い曜日のことを、「月末の○曜日」と表現することもあります。

例えば毎月最終金曜日のプレミアムフライデーは、「月末の金曜日」ということが。ただしその月の最終日より5日以上離れてると、この表現はあまり使われません。

「月末がいつなのか」をわかりやすく!

月末いう言葉には、「その月の最終日」と「その月の最終日を含む数日」という意味があります。どちらも同じ「げつまつ・つきずえ」という読み方ですし、文章の前後を見ないとわかりづらいですよね。

また月末最終日といった場合も、週末と重なると前にずれることも。それにビジネスシーンでは月末は「最終営業日」にあたることもあります。

そのため、特に「月末の数日間」の場合は、明確な日にちを指定するとより親切で間違いありません

わかりづらい「月末」ですが、しっかりと日にちを伝えるなどしてわかりやすくしたいですね!