雪だるま

レンダーを見ていると、何日かごとに見慣れない言葉が書いてあることが。祝日になっている日もありますが、ほとんどが平日なので普段はあまり気が付かないこともありますね。

そんな暦の言葉の一つに、「小雪」「大雪」があります。

そのまま読めば雪に関係する言葉だとは思うのですが、実際はどういった意味の言葉なのでしょうか?

そこで、

  • 小雪の意味は?
  • 大雪の意味は?
  • 2018年の小雪・大雪はいつ?
  • 小雪・大雪の時期に行われる風習や食べ物は?

…についてまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

小雪の意味は?

小雪とは

小雪の季節

小雪と書かれると「こゆき」と読みたくなりますが、ここでの小雪の読みは「しょうせつ」。

小雪は二十四節気の一つで、「わずかながら雪が降る頃」という意味があります。

江戸時代に出版された暦の解説書「暦便覧(こよみびんらん)」では、

冷ゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也(冷え込んでくるので、雨も雪になって降る頃)

…としています。

二十四節気とは

小雪は二十四節気の一つと説明しましたが、この二十四節気は昔から使われている暦のこと。一年を二十四等分して、それぞれに季節にあわせた名前をつけたものです。

例えば有名なところでは、一年で一番昼が長い日の「夏至」や、一番昼が短い日である「冬至」も二十四節気の一つ。

小雪も冬に入る頃の二十四節気として、わかりやすい名前がつけられているんですね。

【関連記事】
二十四節気の意味と覚え方!全日付一覧も紹介!

大雪の意味は?

大雪とは

大雪の季節

大雪もまた二十四節気の一つで、小雪の次に来るもの。

こちらも「おおゆき」と読みたくなりますが、「たいせつ」と読みます。「だいせつ」と濁りませんので、その点も注意したいですね。

大雪の意味は、「雪が激しく降り始める頃」というものです。

暦便覧では、

「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」

としています。

これは「雪がいよいよ降り積もる頃なので」という意味。いずれにしても、雪が多く降り積もる頃ということなんです。

スポンサーリンク

2018年の小雪・大雪はいつ?

小雪の日はいつ?

2018年小雪(しょうせつ)は11月22日(木)です。そして2018年の小雪の期間は、11月22日(木)~12月6日(木)

小雪となる日はその年によって前後しますが、二十四節気の小雪は、二つの時期を指す言葉となります。

一つは「小雪になった日」のことで、一般的に小雪といった場合はこちらのことを指します。

もう一つが、「小雪から次の二十四節気の前日」までの期間のこと。ここでは小雪となった日から、大雪の前日までの期間となります。

なお小雪は11月21日や23日になる年もありますが、2051年までは22日で安定しています。そのため、しばらくは、小雪の日にちは11月22日と覚えておけばいいですね。

雪が舞う町並み

大雪の日はいつ?

2018年大雪(たいせつ)は12月7日(金)で、期間としての大雪は12月7日(金)~12月21日(金)

大雪もまた二つの意味があり、一つは大雪となった日のこと。もう一つは大雪となった日から、次の二十四節気の冬至の前日までの期間となります。

大雪もその年によって、12月6日や8日になることも。しかしこちらも2027年まで12月7日で安定しているので、小雪同様覚えやすいですね。

実際の季節とのズレが

小雪が11月22日で、大雪が12月7日と聞くと、それほど雪が降らない時期なのでは?と思いますよね。

これは二十四節気が、かつて使われていた「太陰暦」をもとにしたものだから。太陰暦は月の満ち欠けを元にした暦で、今の暦より一ヶ月程度季節が遅くなっています

そのため、かつての小雪・小雪の季節は現代の1月頃で、これなら雪も積もっていると言えますね。

小雪・大雪の時期に行われる風習や食べ物は?

風習は?

小雪・大雪ともに、この時期に行われている主な風習はありません。

ただし小雪の期間には、11月23日の勤労感謝の日が。この日はかつて「新嘗祭(にいなめさい)」という、収穫した農作物に神様に捧げて感謝する日でした。

現在も宮中行事として行われていますし、神社などでも新嘗祭を行っているところが。地元の神社に行ってみると、お祭りが行われているかも知れませんよ。

【関連記事】
「勤労感謝の日」の意味や由来とは?英語ではどう説明するの?

食べ物は?

美味しい鍋

小雪と大雪の時期に関しては、これを食べると良いとされる食べ物は特にありません。しかし次にあげる食べ物が旬を迎えるので、おいしくいただきたいですね。

■小雪・大雪の時期に旬をむかえるもの

  • 春菊
  • 白菜
  • チンゲンサイ
  • 長ネギ
  • 水菜
  • 大根
  • かぼちゃ
  • さつまいも
  • みかん
  • サバ
  • フグ
  • タラバガニ

特に「白菜」がおいしくなる時期。大根や水菜、長ネギなどと一緒に、体があたたまるお鍋はいかがですか?

小雪から大雪へと・・冬がくる

小雪・大雪ともによく見かける言葉ですが、暦で使う場合は、「しょうせつ」「たいせつ」と読みます。

小雪は雪が振り始める時期のことで、大雪は雪が降り積もる時期のこと。ただし小雪は11月下旬で大雪は12月上旬と、関東や関西などでは雪が降るには少し早い時期ではあります。

とはいえ、寒さも厳しくなる頃ですので、小雪の頃を迎えたら冬支度をすすめたいですね。

寒くなると美味しくなるお鍋を食べながら、小雪・大雪に備えませんか?