鎌倉は独特の空気があり、毎年多くの方が訪れる人気の街です。また鎌倉幕府があった場所ということもあり、歴史ファンにとっても見逃せませんね。

そんな鎌倉に深いゆかりがある鶴岡八幡宮で、毎年秋に行われるのが鶴岡八幡宮例大祭です。他のお祭りではなかなか見られない行事もあると聞いたら、気になりませんか?

そこで、

  • 鶴岡八幡宮例大祭の2018年の日程やスケジュール
  • 鶴岡八幡宮例大祭の歴史
  • 鶴岡八幡宮例大祭の見どころ
  • アクセス

…についてまとめましたので、秋の鎌倉参りの参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

鶴岡八幡宮例大祭の2018年の日程・スケジュール

秋の風物詩!

鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮例大祭は、神奈川県鎌倉市にある鶴岡八幡宮で毎年9月14日~16日の3日間の日程で行われます。その日毎に内容が異なりますので、スケジュールもあわせて紹介します。

  • 開催日程:2018年9月14日(金)~16日(日)
  • スケジュール:
  • 日にち 時間 内容
    9月14日(金) 早朝(4:30頃~) 浜降式
    はまおりしき
    18:00~ 宵宮祭
    よいみやさい
    9月15日(土) 10:00~ 例大祭
    れいたいさい
    13:00~ 神幸祭
    しんこうさい
    9月16日(日) 13:00~ 流鏑馬神事
    やぶさめしんじ
    17:00~ 鈴虫放生祭
    すずむしほうじょうさい

2018年は金曜日から日曜日にかけてと週末のお出かけしやすい日程に。そのため例年以上に混雑が予想されるので、早めの移動を心がけたいですね。

鶴岡八幡宮例大祭の歴史

鎌倉幕府ゆかりの神社

鶴岡八幡宮は800年以上の歴史がある神社で、鎌倉幕府を開いた源頼朝が大きく関係しています。

始まりとなったのは平安時代末期に、源氏の棟梁だった源頼義がひらいたもの。出陣祈願を行った京都・石岡八幡宮から神様を分けてもらい、お祀りしたのが始まりなんです。

その後、源頼義の子孫であるである源頼朝が現在地に神社を移動し、この場所を中心に幕府を開くことに。武家の頂点となった源氏が信仰する神社ということで、多くの武家の信仰を集めたんですね。

その後戦乱などで衰退する時期もありましたが、江戸時代になると幕府の後押しが。現在も多くの方が訪れる観光地として、またパワースポットとして賑わっています。

例大祭の始まりは・・

吾妻鏡(あずまかがみ)」という鎌倉時代の歴史書には、1187年(文治3年)の8月15日に、鶴岡八幡宮で放生会(ほうじょうえ)が催され、流鏑馬(やぶさめ)が始行されたとあります。

これが鶴岡八幡宮例大祭の始まりといわれています。

スポンサーリンク

鶴岡八幡宮例大祭の見どころは?

流鏑馬がすごい!

鶴岡八幡宮の例大祭といえば、16日13時に行われる「流鏑馬(やぶさめ)」は外せません。

鶴岡八幡宮の流鏑馬は狩装束をまとった鎌倉武士が、馬を走らせて3つの的を射抜くもの。実はこの流鏑馬にも作法があり、ここでは「小笠原流」の作法にしたがって行われます。

その姿はりりしくも美しく、しかも的を正確に射抜く様子は鎌倉時代の武士そのもの。そのため外国から訪れる方も多く、毎年大にぎわいなんですよ!

□鎌倉鶴岡八幡宮 例大祭 流鏑馬神事

*あっという間に通り過ぎていくので、見逃せませんね!

にぎやかな行列が

流鏑馬神事とともにチェックしたいのが、15日13時から神幸祭です。

こちらお神輿が三基登場し、本宮から二の鳥居まで行列するもの。しかもお神輿に加えて神馬に、盾や弓矢、錦旗やちょうちん・太鼓なども加わってとてもにぎやか。

さらに二の鳥居では「八乙女」と呼ばれる巫女さんたちが、八乙女舞を披露してくれるんですよ。

□鎌倉まつり神輿渡御(鶴岡八幡宮宮入)

*観客との距離が意外と近いので、お神輿もじっくり楽しみたいですね。

鈴虫を放つ

鶴岡八幡宮例大祭の最後に行われるのが、16日17時から鈴虫放生祭です。

放生(ほうじょう)とは生き物を野に放つことで、命の大切さを願ったもの。ここで放たれる鈴虫は、15日の例大祭で神前にお供えされたものなんです。

雅楽の演奏や巫女の神楽のあとに、神様にお供えした鈴虫を野に放つ様子はとても神秘的ですよ!

鎌倉鶴岡八幡宮

気になる屋台は?

お祭りといえば屋台ですが、実は鶴岡八幡宮例大祭ではほとんど屋台は登場しません。・・というのも境内を大きく使って流鏑馬が行われるため、屋台を出しづらい事情があるんですね。

そのため参道に20軒程度の出店となるので、食べ歩きをしたいなら周辺のお店を利用しましょう!

鶴岡八幡宮へのアクセス

公共交通機関でのアクセス

鎌倉駅

鶴岡八幡宮例大祭は毎年多くの人でにぎわい、また周辺の駐車場も小規模です。そのため公共交通機関で行くことを、強くおすすめします。

東京方面から公共交通機関を利用する場合、東京駅や品川駅から横須賀線へ。JR鎌倉駅・東口で下車すると、徒歩10分で鶴岡八幡宮に到着します。

また江ノ島電鉄(江ノ電)の鎌倉駅からでも徒歩10分で行くことができます。

秋の訪れを鎌倉で

倉は四季の移り変わりが美しい街で、その時々で新しい顔を見せてくれます。そんな鎌倉の秋の始まりを告げるのが、9月に行われる鶴岡八幡宮例大祭です。

武者姿で馬を走らせる流鏑馬を見ていると、鎌倉時代にタイムスリップしたかのよう!例大祭でお供えされた鈴虫を放つ様子は、自然の美しさと命の大切さが感じられますよ。

鎌倉の秋の訪れを感じたいなら、鶴岡八幡宮例大祭へ足を運んでみませんか?