霜降の季節

本の季節は多彩で、春・夏・秋・冬の四季だけでは表せない部分もあります。昔の人はそんな細かな季節を、いろいろな言葉で表現していたんです。

そんな言葉の一つに、「霜降」というものがあります。

思わず「しもふり」と読んでしまいそうですが、実際の読み方や、いつの事を指すのか気になりませんか?

そこで、

  • 霜降の意味と読み方
  • 2018年の霜降はいつ?
  • 霜降の時期に行われる風習

…についてまとめました。

スポンサーリンク

霜降の意味や読み方は?

霜降とは

霜降の時期

霜降は「そうこう」と読むもので、二十四節気(にじゅうしせっき)の一つです。

「霜降り肉」・・があるので、「しもふり」と読みたくなりますが、「こうそう」なので注意してくださいね。

霜降は「霞(かすみ)」が冷えて、霜として地表に現れる時期を表す言葉。朝晩に霜が降り、また木々が紅葉で色づく季節を表しているんですね。

二十四節気とは?

霜降は二十四節気と説明しましたが、その二十四節気は1年を24等分した言葉のこと。霜降も含めて様々な季節の名前があります。春分や秋分・夏至や冬至も、二十四節気なんです。

かつて使っていた暦は月の満ち欠けを元にしたもので、季節とのズレが出やすい暦でした。そこで考案されたのが、二十四節気。季節や気候に左右される職業の間で使われてきました。

現在も季節を表す言葉として二十四節気は使われていますが、実は現在の暦とは季節のズレが。二十四節気のほうが一ヶ月程度季節が早いので、「暦の上では」という表現が使われるんです。

【関連記事】
二十四節気の意味と覚え方!全日付一覧も紹介!

2018年の霜降はいつ?

10月末に

2018年の霜降(そうこう)は10月23日(火)霜降の期間10月23日(火)~11月6日(火)です。

霜降といった場合、

  • 霜降になったその日
  • 霜降から次の二十四節気・立冬の前日までの期間

…の、どちらかを指します。

一般的には霜降になった日のことを指しますが、状況によって期間を指す場合もあります。霜降の次の二十四節気である立冬は2018年11月7日ですので、期間の場合は、その前日の11月6日までということになりますね。

10月末頃だと霜が降る季節にはまだ早いように感じますが、季節を先取りしていると考えるとよいのではないでしょうか。

霜降の時

霜降の日の算出方法は?

霜降は毎年10月23日で決まっているわけではなく、その年によって1日程度前後します。

その算出方法ですが、今年の西暦を4で割る方法がわかりやすいですね。

  • 余りがなし、または0・1・2 の年…10月23日
  • 余りが3となった年は…10月24日

が霜降の日です。

たとえば、2018年を4で割ると、504の余り2。ですので、10月23日が霜降というわけです。

なお、この算定方法は2027年までは有効ですが、2028年から2063年まではずっと10月23日となります。

スポンサーリンク

霜降の時期に行われる風習は?

霜の対策

かつては霜降の季節になると、農家は霜対策を行っていました。というのも農作物に霜がつくと、柔らかい部分が変色などして商品として出荷できなくなるから。

霜対策としてはワラや保温性の高いシートなどで野菜を包み、霜がつかないようにするのが主流です。

現在は暦の関係で霜降の時期はまだ暖かいですが、霜降は一つの目安として今も使われています。

霜降

木枯らし一号

霜降の時期になると、本州の太平洋側から強い風が吹くことがあります。この風のことを「木枯らし」と呼び、最初に吹いた木枯らしのことを「木枯らし一号」と呼んでいます。

秋から冬にかけて強い風が吹くことはありますが、木枯らしと言われるのは一般には霜降から立冬まで。ちょうど霜降の時期にかかるため、秋から冬への移り変わりを象徴しているとも言えますね。

【関連記事】
東京と近畿だけ?木枯らし一号の条件や定義とは?二号もあるの?

七十二候では?

暦には二十四節気の他に、一年を72に分けた「七十二候」(しちじゅうにこう)というものがあります。

二十四節気一つにつき、

  • 初候(しょこう)
  • 次候(じこう)
  • 末候(まっこう)

の3つに分かれ、それぞれに意味があるんですよ。

霜降の時期の七十二候には、次のものとなります。

■初候(10月23日~10月27日)

霜始降(しも はじめて ふる)

意味:霜が降り始める時期

霜降の意味と同じで、そろそろ霜の時期になるので注意が必要だとしています。

■次候(10月28日~11月1日)

霎時施(こさめ ときどき ふる)

意味:小雨がしとしと降る。

霜もそうですが、秋から冬にかけては小雨が降りやすい時期に。防寒対策とともに、改めて雨対策を行いたいですね。

■末候(11月2日~11月6日)

楓蔦黄(もみじ つた きばむ)

意味:モミジやツタなどが黄色くなる。

木々の葉が黄色や赤に色づき、山々が美しくなる時期でもあります。霜降の期間には11月3日の文化の日も含まれるので、休みを利用して紅葉を楽しみたいですね。

そろそろ冬支度を!

霜降(そうこう)は二十四節気という暦で使われる言葉で、そろそろ霜が降りる時期になるという意味です。ただし現代の暦とは一ヶ月ぐらいずれがあるため、実際に霜が降りるのは一部の地域に限られます。

しかし秋から冬へと移行する時期ですし、また急に寒くなったり風が強く冷たくなることも。農家が霜対策を行うように、私達も冬支度を始めるのにちょうどよい時期とも言えますね。

紅葉が始める時期でもある霜降を、体調を崩さないようにして過ごしましょう!