菓子にはいろいろな種類があり、また形や色も様々ですよね。そんな和菓子の中には、見た目や名前が似ているものも。

そのなかでも間違えやすいのが、「すあま・ういろう・すはま」です。

初めて聞く名前の和菓子もあるかもしれませんが、それぞれの違いはどこにあるのでしょうか?

そこで、「すあま」と「ういろう」の違い、また「すあま」と読みが似ている「すはま」のことについてもあわせてまとめてみました。ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

「すあま」とは?

ピンクで柔らかい!

すあま

「すあま」とは、関東を中心に食べられている和菓子。漢字では「寿甘」、または「素甘」という字をあてますが、、別名として「つるのこ餅」や「鳥の子餅」「しんこもち」と呼ぶ地方もあります。

すあまの材料は、お米から作られる上新粉と砂糖など。上新粉にお湯を加えて練ったあとに砂糖を加え、蒸してから巻きすで巻いて形を整えます

食紅を加えてピンクにすることもあれば、別に色付けしたもので包んで仕上げることも。そのため全体がピンク色のすあまや、かまぼこのようにフチがピンクのすあまもあるんですよ。

味は素朴で甘く、食感はやわらかくてもっちり。手や歯にくっつきやすいですが、素朴な味わいはどこか懐かしさを感じるほどです。

かまぼこじゃない!?

すあまは関東で食べられる和菓子で、関西ではあまり知られていません

そのため関西の人に「すあま」を見せると、「なると」や「かまぼこ」と間違える人も多いんですよ。

また味に関しても関西の和菓子に近いものが少なく、「ういろう」を素朴にした味と説明する人も。実際に食べてもらうのがわかりやすいのですが、それまでが大変かもしれませんね。

□野口製菓 すあま製作過程

*「巻きす」でぎゅっと形作ってから切ってますが、かまぼこに見えてしまいますね。

「ういろう」とは?

ういろうとは

ういろう

一方「ういろう」は、主に名古屋・小田原・山口などで売られている和菓子です。

材料は米粉や砂糖または黒砂糖で、色付けなどで抹茶や小豆を使うことも。作り方はお湯を混ぜて練ってから型に入れ蒸し、四角や三角に切りそろえられます

味はしっかりした甘みがあり、柔らかな食感が楽しめるんですよ。

□【観光】とらやのういろ (カットシーン)

*型から取り出して、包丁でそっと切り分けていきます。

ういろうの起源

ういろうは、漢字では「外郎」と書きますが、これは外郎薬(ういろうぐすり)」がもとになったという説が有力です。

外郎薬とは、中国から移住し幕府で医官も努めた「外郎家」が作った薬のことで、「透頂香(とうちんこう)」とも呼ばれる万能薬。この薬は香りがよく、また見た目が茶褐色や白といったものがあります。

また、外郎薬の口直しに外郎家が室町幕府将軍に献上したお菓子が、そのままお菓子のういろうになったという説もあります。

いずれにしても、「外郎薬」から、和菓子の名前も「ういろう」となったんですね。

ちなみに、外郎家は博多、京都と移り住んだのち、最終的に小田原に定着しました。そのため、小田原はういろうで有名となり、薬の「外郎薬(透頂香)」、お菓子の「外郎(ういろう)」とあわせて今でも小田原土産として人気となっています。

スポンサーリンク

「すはま」とは?

「すあま」とは別のお菓子

関西、特に京都の方に「すあま」のことを説明すると、「すはまでは?」と聞かれることがあります。

「すあま」と「すはま」は発音こそ似ていますが、材料と作り方は違っていて、別のお菓子なんです。

「すはま」は京都の和菓子で、「州浜粉(すはまこ)」を使用したもの。

州浜粉とは青豆や大豆を炒って粉にしたもので、これに砂糖や水飴を加えて練り上げます。食感はしっかりとしていて、味も甘みがありながら大豆の香ばしさがプラス

色は、きなこの茶色・黒砂糖の黒・抹茶の緑・ピンクなどがあり、三色団子のように串に刺したものも多いです。

□干菓子 州浜団子つくり

*団子のようですが、一口団子よりもっと小さいんですよ。

洲浜の名前の由来

ちなみに「州浜」とは、河口にできる三角州などをもとにした家紋のことです。

和菓子の切り口が「州浜」の家紋に似ていることから、お菓子の名前も「すはま」となったんですね。

※「州浜」の家紋
州浜の家紋

「すあま」「ういろう」「すはま」、それぞれの違いは?

それぞれ似ている点も多いですが、作り方や外見に違いがあり別々のお菓子です。違いをまとめると次の通りですね。

  すあま ういろう すはま
材料 上新粉や砂糖。色付けするために食紅を使うことがある。 米粉や砂糖(黒砂糖)。小豆や抹茶を加えて風味と色付けをすることもある。 青豆や大豆を炒った州浜粉と砂糖や水飴
作り方 上新粉と水で練ってから砂糖を加えて蒸し、巻きすで形を整えてから切り分ける。 米粉と砂糖と水を混ぜて練り、型に入れてから蒸し上げて四角や三角に切り分ける。 州浜粉に砂糖や水飴を加えて練り上げて棒状に形を整える。
味や食感 素朴な甘さ。柔らかく手や歯にくっつくこともある。 やや甘みが強い。柔らかさはあるがしっかりしている。 甘みがあって大豆が香ばしい。しっかりとした食感。
白・ピンクなど 色は豊富 ピンク・黄・緑・茶・黒など
名産 関東 名古屋・小田原・山口 京都
漢字 寿甘・素甘 外郎 州浜・洲浜

違いを楽しんで

「すあま」も「ういろう」も「すはま」も、地元以外ではあまり知られていない和菓子です。

「すあま」は白やピンクのやわらかくもっちりしたもので、素朴な甘さが楽しめる和菓子。「ういろう」は白・茶褐色・抹茶色などで、やや柔らかくしっかりした甘みが楽しめます。

そして「すはま」は大豆粉の香ばしさと甘みが楽しめる、しっかりとした食感の和菓子なんですよ。

関東では「すあま」・関西では「ういろう」「すはま」を見つけたら、一度食べ比べてみたいですね!