航空祭でながめる

国各地の航空自衛隊で開催されるお祭りでは、かっこいい航空機をじっくり楽しめるチャンス。また一流パイロットによるアクロバット飛行も行われるため、どこのお祭りも大人気なんですよ。

そんな中でもとても人気の高い航空祭の一つが、青森県・三沢基地で開催される「三沢基地航空祭」です。例年10万人近い人が訪れると聞いたら、どんなイベントなのか気になりませんか?

そこで、

  • 三沢基地航空祭、2018年の日程やスケジュール
  • 三沢基地航空祭の見どころ
  • アクセスとおすすめの駐車場

…についてまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

三沢基地航空祭、2018年の日程やスケジュール

9月開催!

三沢基地航空祭は、毎年9月に青森県三沢市の三沢基地で開催される航空祭です。

2018年は9月9日に開催されることが決定していますが、詳しいスケジュールはこれから。そこで2017年の情報をもとに、大まかなスケジュールを紹介します。

  • 開催日時:2018年9月9日(日)
  • 開催時間:9時~15時頃
  • 会場:航空自衛隊 三沢基地(青森県三沢市大字三沢字後久保125-7)
  • 入場料:無料(手荷物検査あり)
  • 入出門:「メインゲート」「Rゲート」「ファルコンゲート」の3つ

■主なスケジュール
2017年の内容になります。

★飛行展示イベント

時間 飛行展示イベント内容スケジュール
8:30~9:15 オープニングフライト
9:15~9:30 CH-47空中消火活動展示
9:50~10:10 F-2による模擬空対地攻撃・空包射撃
10:30~10:50 F-15機動飛行展示
10:50~11:10 F-16機動飛行展示
11:00~12:30 音楽演奏会・太鼓の披露など
12:40~13:20 ブルーインパルスショー
13:40~14:00 UH-60J捜索救難展示
14:40~15:00 F-2機動飛行展示

★地上イベント

時間 地上イベント内容スケジュール
8:30~9:15 開会式
9:00~15:00 F-2戦闘機コックピット公開&翼上ウォーク
航空機用エンジン&救命装備品展示
T-4中等練習機降着脚展開収納実演
9:00~9:30
11:00~11:30
13:00~13:30
14:00~14:30
実演:戦闘機弾薬の積み降ろし
10:20~11:00
12:00~12:40
モデル撮影会
11:00~11:15 音楽演奏第1部:三沢基地太鼓部
11:30~12:30 音楽演奏第2部:北部航空音楽隊&MOMO・りんご娘

航空基地入場の際に注意すること

アクロバット飛行

三沢基地へ入場する際に手荷物検査が行われます。持ち込み禁止物が発覚すると入場ができなくなることもありますので注意したいですね。

◆持ち込み禁止物

  • 3辺の和が100cmを超える手荷物
  • ガソリン・灯油・花火・マッチ等の危険物
  • 自転車
  • スケボー・ローラースケート・キックボード等の乗り物)
  • 無線機等
  • ヘリウムガス入りの風船
  • ドローン

特に気をつけたいのが3辺の和が100cmを超える手荷物のこと。縦・横・高さの合計で100cmを超えると持ち込みはできませんので、荷物の寸法は行く前に測っておいてくださいね。

ただし、介護用・乳幼児用途のもの、またベビーカー、車椅子は入場OKです。

他にも、ペットを連れての入場もできませんので、こちらも注意しましょう。

スポンサーリンク

三沢基地航空祭の見どころ

日米の航空機が

航空機

三沢基地は日本の航空自衛隊だけでなく、アメリカ空軍も使用する場所。そのため三沢基地航空祭では、日米の航空機の展示や飛行が楽しめます

三沢基地で見られる可能性が高いのは、F-2戦闘機とF-16戦闘機による航空ショー

  • F-2は航空自衛隊が運用する航空機
  • F-16はアメリカ空軍が運用する航空機

です。

これらの航空機がまとめて見られる機会は少なく、その違いも楽しみたいですね。

また、滑走路などに航空機が並び、間近で見られるのも航空祭のお楽しみの一つです。記念撮影が可能なことが多く、またアメリカ空軍の方が気さくに応じてくれる事も。

ときにはコックピットの中に入れる事もあり、飛行機好きの子供がとても喜びそうですね。

ブルーインパルス

飛行展示野中でも特に人気なのが、ブルーインパルスによる航空ショーです。

ブルーインパルスとは、航空自衛隊のアクロバット飛行専門チームのこと。青と白にカラーリングされた航空機で、美しい曲芸を大空で披露してくれます。

実は曲芸飛行はとても難しく、ブルーインパルスの隊員はエリート中のエリート。それだけに航空祭で参加するとなると、航空ファンがどっと押し寄せるほどなんですよ。

2018年の三沢基地航空祭では、ブルーインパルスの参加が正式に発表されています。世界トップクラスの飛行技術は、子供から大人まで夢中になりますよ!

□三沢基地航空祭2017 ブルーインパルス曲技飛行 – 三沢基地

*少し長い動画ですが、かっこいい姿をたっぷり楽しんでくださいね!

食べ物がすごい!

お祭りでのお楽しみといえば、屋台の食べ物は欠かせません。特に三沢基地航空祭では、アメリカ空軍が提供するアメリカンな食べ物が楽しめます。

ビザやホットドック・フライドポテトにパスタなど、どれもサイズが大きく食べごたえたっぷり。食べきれないかもしれないので、家族や友達とシェアして楽しみたいですね!

□三沢基地航空祭「出店」の賑わいはこんな感じ

*食べ物以外にも、自衛隊グッズなども販売しているのでお土産にいかがですか?

アクセスとおすすめ駐車場は

公共交通機関でのアクセスは

東京方面から三沢基地へ向かう場合、八戸駅まで東北新幹線を利用しましょう。

八戸駅からは「青い森鉄道」の青森行きに乗車し、三沢駅で下車。ここからは三沢中央行きの臨時バスを利用し、下車後は5分ほど歩けば三沢基地に到着です。

車でのアクセスと駐車場は

車で行く場合、東北自動車道から八戸自動車道を経由し、第二みちのく有料道路へ。三沢インターチェンジで一般道へ降り、三沢市方面へ20分ほど走らせれば到着。

三沢基地内には駐車場がないため、周辺3ヶ所に用意された無料駐車場を利用しましょう。

  • (赤)小川原湖畔臨時駐車場(1500台:三沢市大字三沢字淋代平116-2858)
  • (緑)五川目臨時駐車場(1400台:三沢市五川目2-57)
  • (青)浜三沢一般駐車場(1800台:三沢市三沢横沢55)

*(紫)は三沢基地です。

※各駐車場より有料シャトルバスで三沢基地まで移動できます。

  • 高校生以上(往復) 1000円
  • 小中学生(往復)  500円

ただし基地周辺は例年大渋滞が発生し、駐車場も早い時間に満車なることが。混雑を避けたい場合は、八戸自動車道・八戸ICで降りて八戸市街地へ。

八戸駅周辺の駐車場に駐車して、ここから青い森鉄道を利用して三沢へ向かう方法もありますよ。

手荷物は軽く

青森・三沢基地航空祭は、日米の航空機が一度に見られるお祭りです。

ブルーインパルスの航空ショーも予定されているため、空を見上げる時間が増えるかも。また屋台も豪快な味が楽しめ、お腹いっぱいになれる魅力も。

ただし入場の際には手荷物検査があるので、必要最低限の荷物で手早く入場したいですね。空の魅力がたっぷり楽しめる、三沢基地航空祭へでかけませんか?