近な野菜の一つであるきゅうりは、家庭菜園でも作りやすい野菜の一つ。サラダや漬物に欠かせないですし、カロリーが少ない野菜としても良く知られています。

カロリーが少ない野菜と聞くとダイエットにピッタリに思えますが、実際はどうなのでしょうか?せっかくダイエット用にたべるなら、含まれる栄養のことも知りたいですよね!

そこで、

  • きゅうりのカロリーと栄養素はどれぐらい?
  • きゅうりの効果は?ダイエット向きなの?
  • きゅうりのおすすめの食べ方

について紹介しまするので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

きゅうりのカロリーと栄養はどれぐらい?

1本あたりの栄養とカロリーは

きゅうり

標準的なサイズとなるMサイズのきゅうりは、1本あたり約98g

そこで1本(98g)あたり栄養価とカロリーについて紹介します。

栄養素 成分(1本あたり)
カロリー 14kcal
ビタミンA 27.44μg
ビタミンB1 0.03mg
ビタミンB6 0.05mg
ビタミンC 13.72mg
ビタミンK 33.32μg
葉酸 24.5μg
カリウム 196mg
カルシウム 25.48mg
0.11mg
モリブデン 3.92μg
食物繊維 1.08g

きゅうりは1本あたり14kcalと低カロリーですね。また量は少ないものの、各種栄養素をバランスよく含む野菜です。そしてほぼ水分でできていて、その水分割合は約95%というから驚きです。

また、

  • 脂肪を分解する酵素であるホスホリパーゼ
  • 血管を拡張して血流を良くするアミノ酸であるシトルリン

もきゅうりには含まれているんですね。

きゅうりの効果は?ダイエット向き?

体がひんやり

切ったきゅうり

きゅうりの特徴といえば、約95%にもなる水分。そのため水分不足になりやすい夏に食べることで、水分補給になるんです。

また、たっぷり含んだ水分は体を自然に冷やす効果が。きゅうりで自然に体を冷やせるのは、体にやさしいですね。

むくみ改善に

たっぷり水分が含まれるということは、自然とおトイレも近くなる効果が。またカリウムには体内の余計な水分を出す効果があるので、むくみ改善も期待できます。

さらには水分と一緒に、余計なナトリウムを出す効果も。ナトリウムは塩分に含まれるものなので、生活習慣病予防にもつながるんですね。

ローカロリーで脂肪を分解!

先に記載した通り、きゅうりに含まれる酵素・ホスホリパーゼには、脂肪を分解してくれる効果があります。

またアミノ酸の一種であるシトルリンには、体の代謝を上げて血流が良くなる効果が。

その上、きゅうり自体のカロリーが1本あたり14kcalと、食べすぎても気にならないメリットも。カロリーが控えめで脂肪を分解しつつ、運動するとやせやすい体作りにきゅうりはピッタリですね。

注意してほしいポイントも

きゅうりにはたっぷりの水分が含まれるため、注意してほしいポイントがあります。

それがきゅうりの水分によって体が冷えるということ。体が冷えると脂肪が燃えにくくなるので、ホスリパーゼの脂肪分解効果が出にくくなることがあります。とくに体が冷えやすい方は食べ過ぎに注意してくださいね。

また「きゅうり」はほとんどが水分なのですぐお腹が空いてしまい、つい間食してしまうこともあります。

サラダで食べる人も多いきゅうりですが、ドレッシングやマヨネーズも気をつけたいポイント。商品によっては高カロリーなものもあり、低カロリーのきゅうりのメリットを消してしまうこともあるんですよ。

スポンサーリンク

きゅうりのオススメの食べ方

豆乳ときゅうりのスムージー

きゅうりに含まれるホスホリパーゼは、加熱するとあまり効果が出ません。一方ですりつぶすことで酵素が壊れやすくなり、より脂肪を分解しやすくなります。

そのため、ダイエットを考えてきゅうりを食べるなら、生の状態かすりおろして食べるのがピッタリ。さらに腹持ちの良さと食べやすさを考えると、豆乳や果物を合わせたスムージーがオススメです。

■材料(2人前)

  • 豆乳   400cc
  • きゅうり 1~2本
  • バナナ  1本

■豆乳ときゅうりのスムージーの作り方

  1. バナナときゅうりは1口大に切ります。
  2. 豆乳とともにミキサーにかけます。
  3. 全体が滑らかになったら完成。

豆乳とバナナが入ることで甘みが加わり、きゅうりの風味が消えて飲みやすくなります。甘みをプラスしたいなら、小さじ1/2のはちみつを加えてみましょう。

すりおろしきゅうりと冷やっこ

すりおろしたきゅうりは、そのままだと少し食べづらいと感じることもあります。

そこで、辛味のある生姜と混ぜて、薬味として使いましょう

暑い夏に美味しい豆腐にのせて、いつもと違った冷やっこに。そこに1~2滴のラー油を加えた小さじ1程度のしょうゆをかけると、更においしくなりますよ!

□すりおろしキュウリ ダイエットレシピ そうめん編

*そうめんの上に乗せるだけで、いつものそうめんが早変わり!

きゅうりを上手に使ってダイエットを

分がたっぷり含まれるきゅうりは、暑い夏に食べると体を内側から冷やしてくれます。しかもカロリーが低くて脂肪を分解する効果があると聞けば、毎日でも食べたいですよね。

ただし、たっぷりの水分は脂肪を燃やしにくくする効果もあり、食べてもすぐにお腹が空いてしまうことも。そしてたくさん食べてもすぐに効果が出るものではないので、食べるならほどほどを心がけましょう。

漬物にサラダにおいしいきゅうりを上手に活用して、ダイエットの手助けにしませんか?