カミソリ

ちょっとしたムダ毛処理に便利なのが、T字などでおなじみの安全カミソリ。コンビニやドラッグストアで手軽に購入できますし、お風呂のついでに処理出来て楽ですよね。

しかしカミソリでムダ毛処理すると、ヒリヒリとお肌が痛くなることが。せっかくムダ毛を処理したのに、お肌を痛めてしまっては台無しです。

そこで、女性がカミソリ負けをしてしまう原因やカミソリ負けを防ぐ対策についてまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

カミソリ負けとはどういう症状?

カミソリ

一般に「カミソリ負け」とは、カミソリを使った後に出る次の症状のことを言います。

  • かゆみ
  • 皮膚の赤み
  • 肌荒れ
  • 肌のひりひり感
  • 出血
  • 湿疹

いずれもカミソリを使う前には問題がなかったのに、カミソリ処理後にトラブルが。軽ければ数日で改善しますが、場合によっては症状が悪化してしまうことがあるんです。

カミソリ負けしてしまう原因は?

お肌を剃り落としてしまう

カミソリ負けが起こるのには、いくつか原因があります。

カミソリは肌の上を滑らせてムダ毛を剃り落としますが、滑らかなお肌でも実は細かなデコボコがあるんです。カミソリを使うことで、そうした肌のデコボコも剃り落とすことに。

するとお肌に細かな傷がついてしまい、これがカミソリ負けとなってしまうんですね。

カミソリが古い

カミソリは使っていくうちに、だんだん切れなくなっていきます。またお肌に引っかかりやすくなり、それがお肌に傷をつけてしまう原因に。

正しくカミソリを使ったのにお肌が切れてしまうのは、切れなくなってしまったカミソリが原因かもしれませんよ。

お風呂場に置きっぱなししている

お風呂に入ったついでにムダ毛処理をし、カミソリをお風呂場に置いたままにしてませんか?

実はお風呂場は湿気が多いため、カビや雑菌が増えやすい場所。そのためカミソリを置いたままにすると、カミソリに雑菌が繁殖することが。

そんなカミソリを使ってしまうと、雑菌が原因でカミソリ負けを起こしやすくなるんです。

カミソリの使い方が悪い

カミソリは誰でも簡単にムダ毛を処理できる、とても便利なアイテムです。しかし簡単に使えるために、適当に使いがち。

カミソリはムダ毛の流れに逆らって滑らせると、お肌をさらに傷つけやすい状況に。また何度もお肌にカミソリを当てると、その分お肌を傷つけることになってしまいます。

カミソリの使い方を間違えてしまうと、カミソリ負けは更に起こりやすくなるんですよ!

スポンサーリンク

カミソリ負けを防止する対策は?

正しい処理方法を覚える

カミソリ負けを防ぐには、正しくカミソリを使うこと、そしてカミソリ使用前・使用後に、お肌を正しくケアすることが大切です。

そのためには、次の通りに正しいムダ毛処理方法を覚えましょう。

  1. 剃りたい場所を泡立てた石鹸で優しく洗い、水分を拭き取ります。
  2. シェービングクリームやシェービングジェルを、剃りたい場所に優しくなじませます。
  3. 清潔で新しいカミソリを、毛の流れに沿って優しく滑らせます。
  4. ぬるま湯で洗い流して水分を拭き取り、ノンアルコールの化粧水や乳液でお肌をケアします。

ポイントはお肌を優しく扱うことと、カミソリは毛の流れに沿って滑らせること。毛の流れというとわかりにくいですが、基本は「上から下へ」と覚えておくと安心です。

  • 腕のムダ毛は、肩から手の方へ
  • 足のムダ毛は、膝から足首へ

上から下へ優しく一度だけ滑らせて、ムダ毛を処理しましょう。

腕にカミソリをあてる

新しいカミソリを使う

ほとんどのカミソリは、刃は使い捨て交換式になっているはず。

使い捨て式は安価な商品が多いですし、交換式もカードリッジはお手頃価格のものが多め。

ですのでもったいないと思わずに、カミソリは数回使ったら新しいものに交換しましょう

使用後は乾燥した場所で保管

使い終わったカミソリは、ムダ毛やシェービングクリームが残らないように刃を洗いましょう

洗い終えたら水気を拭き取り、お風呂場ではなく乾燥した場所で保管。思い切って使い捨てにしてもいいですし、そのほうが安全性は高まりますよ。

生理前は避ける

女性のお肌はデリケートで、特に生理前は過敏になりがち。ムダ毛が気になっても、生理前と生理中はカミソリを扱うのは我慢しましょう。

また体調が悪いときは、お肌の調子が悪いとき。体調が万全になってから、優しくムダ毛処理を行うようにしましょう。

正しく使って簡単ムダ毛処理

OKする女性

全カミソリは誰でも簡単に使える上に、手頃な価格で気になるムダ毛処理ができるうれしいアイテム。しかし扱い方を間違えると、ムダ毛は処理できてもお肌を痛めてしまいます。

カミソリを扱う上で大事なポイントは、

  • 新しく清潔なカミソリを使うこと
  • 正しいカミソリの使い方を覚えること

そしてお肌に負担をかけない時期を見極めれば、お肌を痛めずムダ毛処理ができるようになりますよ。

安全カミソリは便利なアイテムですので、正しい扱い方をしっかりと覚えて肌に優しく使いたいですね。