ーブには香りを楽しむ他に、調理に使うと様々な効能が期待できるものがあります。また肉や野菜の臭み消しとして使うものや、風味付けに役立つハーブも。

そんなハーブに「ローレル」「ローリエ」があるのですが、これらの違いはどこにあるのでしょう?名称が似ているので代用できれば便利ですが、その点は大丈夫なのかも気になりますね。

そこで、

  • ローレルとローリエの違い
  • ローレル(ローリエ)の効果
  • 月桂樹やベイリーフとの違いは?

について順に紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

ローレルとローリエの違いとは

ローレル・ローリエ

ローレルとは

ローレルは英語で「laurel」と綴る、月桂樹の葉を使った香辛料のこと。古代より香辛料としてヨーロッパを中心に使われていて、甘くスッキリした清涼感な香りが特徴です。

生の状態で使うと、スッキリした香りと少々の苦味が料理にプラス。乾燥させた状態で使うと、青みがかった香りが抜けてよりスッキリした香りが楽しめます。

ローリエとは

ローレルはフランス語で「laurier」と綴る、月桂樹の葉を使った香辛料のこと。

これを聞いて、「もしかしたら同じもの?」と思った方もいるかもしれません。それは正解で、ローレルとローリエは実は同じものなんですよ。

ローリエ・ローレルの語源となったのは、ラテン語で「褒め称える」と言う意味がある「Laudis」という単語。これが月桂樹の葉を使う国々で、それぞれの発音で広まっていきました。

ローレルとローリエの違いは?

ローレルとローリエは、呼び方が違うだけで、実は同じ香辛料です。

ただし、香辛料メーカーによっては、「ローレル」で販売するところと「ローリエ」で販売するところが。名前は違ってもどちらも同じものなので、ローレルと指定された時にローリエを使っても大丈夫なんですよ!

ローレル(ローリエ)の効果は

ハーブを使った料理

シオネールが臭み消しに

ローレル(ローリエ)は肉や魚の煮込み料理の際によく使われます。これはシオネールと言う香り成分が、肉・魚などの臭み消しに効果があるから。

特に乾燥させた葉を使うと、煮汁などにローレルの成分が溶け出してより強い効果が。爽やかな香りもつけられるため、食欲増進効果も期待できるんです。

食欲増進効果が

ローレルは香りによる食欲増進効果も期待できますが、実は胃腸の消化を整える効果も。そのため食欲不振のときにローレルを使った料理を食べることで、胃腸を元気にする効果が期待できます。

食欲増進効果を期待したいなら、パウダー状のローリエを肉・魚にまぶして焼くと効果的ですよ!

鎮痛効果が

ローレルに含まれる成分には、消炎効果鎮痛効果があると言われています。そのため関節痛や神経痛・生理痛に対して、穏やかな鎮痛効果が。

ただし、強い鎮痛効果があるわけではないので、本当に痛い時は必ず医師の診断を受けましょう!

スポンサーリンク

ちなみに月桂樹やベイリーフとの違いは?

月桂樹とは

ローリエ・ローレルは、月桂樹の葉を用いた香辛料ですが、この「月桂樹」とは、どういうものなのでしょうか。

「月桂樹」はクスノキ科の常緑樹で、地中海沿岸部が原産。ギリシャ神話などにも登場するほど古くから馴染みがあり、また神聖なる樹木として大事にされてきました。

また古代ギリシャでは月桂樹の若枝で作った冠「月桂冠」を、スポーツなどの勝者に与えていました。これは芸術の神アポロンの木の象徴であり、月桂冠はアポロンからの祝福でもあったんです。

ちなみにオリンピックで勝者に与えられるのは、月桂冠ではなくオリーブの冠。月桂冠は一枚一枚の葉が大きく、オリーブ冠は細長い葉をしているのでチェックしてみると面白いですよ!

月桂樹

ベイリーフとは

料理の本を見ていると、ローレルではなくベイリーフを使うよう指定されている場合があります。

ベイリーフとは英語で「bay leaf」とつづり、これもまた月桂樹を指す言葉。そのためローリエ・ローレルと同じく、月桂樹の葉を使った香辛料を指す言葉だとする場合もあります

しかし、香辛料に関して言えば、本来ベイリーフはローリエ・ローレルとは違う香辛料

香辛料としての「ベイリーフ」は、カシアと呼ばれるシナモンの葉を乾燥させたものです。「インディアンベイリーフ」と呼ぶこともあり、シナモンの香りが特徴。

そのためベイリーフを、ローレルの代用として使うことはできないので注意が必要です。

葉脈が縦なのがベイリーフ(月桂樹は葉脈が横)。インド料理では良く使われますね。

爽やかな香りで、美味しい料理をさらに美味しく!

ローレルとローリエは、発音が違うだけでどちらも同じ香辛料。メーカーによってもそれぞれの名称で販売していますが、同じものなので代用は可能です。

爽やかな香りが肉や魚の臭み消しとなり、食欲増進効果が期待できるローリエ・ローレル。ただし似たものとされているベイリーフは、香辛料としては別のものとなるので注意が必要です。

料理のアクセントにローレル・ローリエを活用して、美味しい料理をさらに美味しくしませんか?