スマホの動画を一緒に「みる」

本語には同じような意味を持ち、しかも同じ音でも漢字が違う言葉がたくさんあります。そのため文章を書いている時に、どれを使えばよいのか悩むこともあるのではないでしょうか。

そんな言葉の一つに「みる」という言葉が。日常的に使うことが多い言葉ですが、漢字では主に「見る」「観る」といった違いがありますね。

どちらも同じ意味のように思いますが、どう違うのでしょうか?また映画やテレビを見るときはどっちなんでしょう?

そんな、「見る」と「観る」、それぞれの意味や違いと、使い分け方について紹介します。

スポンサーリンク

見ると観るの違いは?

「見る」とは

「見る」常用漢字で、小学1年生で習う80の漢字の一つです。その意味はとても多く、主なものは次の通り。

  • 目や視覚によって、色・形・様子などをとらえる。
  • 物事や風景などがある場所まで行き、目や視界におさめる。
  • 目や視界でとらえた、物事や文字・図形などを理解する。
  • 物事を判断するために、その状態を調べ判断する。

他にも様々な意味がありますが、いずれも「目または視覚として物事をとらえている」ことを指す言葉。その上でこれが何なのかを判断したり、認識して理解するなどしているんです。

画面を見る

「観る」とは

「観る」常用漢字で小学4年生で習いますが、「みる」という読み方では習いません。というのも「みる」という読み方は「常用外表記」にあたり、学校では教えない読み方となるからです。

学校で教える漢字は、

  • 常用漢字
  • 常用漢字の読み方として登録されているもの

だけです。

そのため「観る(みる)」が一般的な読み方であっても、常用漢字としての読み方でないので、習わないということなんですね。(ちなみに、小学4年生で習う読みは「観(かん)」になります)

また基本的に常用漢字だけを使う新聞・公文書でも、「観る」は使わない表現です

とは言え、「観る(みる)」の漢字や読み自体は間違いではないので、日常的に使うのは問題ありませんよ。

そんな「観る」には、次の意味があります。

  • 物事をしっかりと、目や視覚によってとらえる。見物する。
  • 物事や風景などがある場所まで行き、目や視覚でしっかりととらえる。
  • 芝居やスポーツなどを鑑賞する。

特にしっかりと物事を目で追っている場合、「観る」という使い方をします。

スポンサーリンク

「見る」と「観る」の使い分け方は?

迷ったら「見る」で!

「見る」と「観る」の使い分けに迷った場合は、「見る」を使えばまず間違いありません

「見る」には視覚で物事をとらえるという意味があり、「みる」事に対して広くカバーしています。そのため「みる」という状況全般で、使うことができる便利な言葉なんです。

一方の「観る」は「しっかり目でとらえる」という意味があり、意識して目で捉えている時に使う言葉。なんとなく目に入った程度では、「観る」とは言えません。

「みている」状況がどうなのかわからない場合は、「見る」とすれば大丈夫。特に集中して「みている」のであれば、「観る」とすればより的確ですね。

映画やテレビは?

テレビを楽しくみている老夫婦
  • 映画館で映画を「みる
  • 8時からのTVドラマを「みる
  • スマホを操作しながらテレビのドラマを「みる

上記のような、映画やテレビを「みる」場合はどちらを使えばよいのでしょうか?

これは映画やテレビに対し、「自分がどうしているのか」で使い分けると簡単です。

映画の場合、映画館まで足を運ぶのは映画を「みたい」から。目的は映画であり、そのことだけに集中してますよね?そして上映が始まれば、よほどのことがない限りスクリーンに集中することとなります。

これは「映画をしっかり目でとらえる」状況ですので、「観る」とするとピッタリです

ドラマの場合も同様で、その作品を最初から最後までしっかり目でとらえたい。そう思っているのであれば、「観る」とするのが最適です

ただし、

  • スマホを使いながらテレビを「みる」場合
  • なんとなくテレビをつけて「みていた」場合
  • 恋人とのデートがメインで、映画を「みる」のは目的ではなかった場合

こういった場合は、映画やテレビに集中していなかったり、メインの動作とは言えないことも。特にしっかり見ようと意識していないのであれば、「見る」を使ったほうがより適切です

状況に応じて「みる」を使い分けよう

「みる」という言葉に当てはまる漢字は、「見る」と「観る」以外にも数多く、その使い分けに悩む方も多いかと思います。特に「見る」と「観る」はよく使う言葉のため、特に悩みがち。

「見る」は広い意味があるので、迷った時は「見る」とすれば大丈夫。映画・テレビ・演劇・スポーツなどに集中しているのであれば、「観る」を使うとピッタリですね

よく使う「みる」という言葉を、「見る」と「観る」で使い分けて的確に表現してみませんか?