会議の場

議でなかなか意見が出ず、無駄に時間が過ぎていくことがありませんか?また社内公募をかけたはいいものの、中々集まらない事も。

そんな時に上司等がよく使うのが、「忌憚のない意見を」という言葉。日常では使う機会の少ない「忌憚」という言葉ですが、ビジネスシーンで使う機会は多いものです。その意味や使い方は知っておきたいところですね。

そんな忌憚、忌憚のない意見の意味とビジネスシーンでの正しい使い方についてご紹介します。

スポンサーリンク

忌憚の意味は?

忌憚とは

忌憚は「きたん」と読み、その意味は次の通りです。

  • (相手に対し)遠慮し、避けること
  • はばかること

忌憚の「忌」には、避けるという意味が。これは死や穢れなどを表す言葉でもあり、そういった事柄から遠ざけるという意味も含まれます。

一方の「憚」には、遠慮する・はばかるという意味があります。

これら2つの漢字を組み合わせた結果、「遠慮して避ける」という意味に。特に「意見があっても、遠慮せずに言わずにいる」という意味で、忌憚は使われます。

会議が進まない

忌憚のない意見とは

ビジネスシーンにおいては、「忌憚のない意見」と言う言葉が良く使われます。

「忌憚」という言葉は単語だけで使うことは少なく。忌憚のあとに「~のない」と、打ち消しの言葉を付け加えた使い方が一般的。「忌憚のない意見」といった場合、「相手に遠慮せずに、意見を言う」という意味となります。

目上の方や幹部クラスの上司に対し、厳しい意見は中々言えないもの。ましてや反対意見は上司を追求するような意見にもなるので、言うべきでありながらやはり言いづらいものです。

そんな状況を打開するために使うのが、「忌憚のない意見」。「どんな意見でもいいので、遠慮せず言ってください」という意味で使われるんですね。

スポンサーリンク

忌憚の使い方は

打ち消す言葉と組み合わせて

前述したとおり、忌憚という単語は、忌憚だけで使う場面はそれほど多くはなく、その後には打ち消しの言葉を付け加えます。

例えば、

  • 忌憚なく
  • 忌憚のない

…というように、「●●ない」と付け加えるのが一般的ですね。

  • 君の忌憚のない発言は耳に痛いが、だからこそ言ってくれたことに感謝する。
  • 忌憚なく言わせてもらうと、この会議そのものが無駄です。

遠慮せず言うべきことを言う時に、忌憚なくと断りを入れることで相手への気遣いに。また厳しい意見をもらった時に、忌憚なくということで率直な意見だったと表現できるんですよ。

ただし、「意見を言わない」という意味で、「忌憚する」という言い方はしないので注意してくださいね。

忌憚のない意見の使い方

会議で意見を出し合う

忌憚という言葉で多く使われるのが、「忌憚のない意見」という使い方。特にビジネスシーンでは、会議などの場で「遠慮なく意見を出してほしい」と促す時に使われます。

  • 社長も出席する会議ですので、ぜひ忌憚のない意見をお聞かせください。
  • 会議の冒頭で「忌憚のない意見を」ということで、会議の活性化が期待できる。
  • ぜひお客様の忌憚のない意見をお聞かせくださいませ。

厳しい意見は相手を傷つけたり、あるいは自分の評価が不当に下がるのではと不安になることも。

しかし、

  • どんな意見でも言ってほしい
  • こちらは聞く用意がある

と言ってもらえると安心感が違います。

特に会議などではそのような意見はとても貴重。進行役・上司の方は、「忌憚のない意見」をぜひ積極的に会議の場で活用しましょう。

目上の方に対して使う場合は

上司や目上の方が使うことの多い、忌憚のない意見。そのため格下に当たる人が、目上の方に対して使っていいのか迷いませんか?

実は、忌憚・忌憚のない意見は、目下から目上の方に対して使っても問題のない表現なんです。遠慮のない意見やアドバイスがほしい時や、自分が意見を述べる時に使いたいですね。

ただしそのまま使うと、やや敬語表現にしづらいもの。

そのため、

  • ご忌憚なくおっしゃってください。
  • ご忌憚のない意見をお聞かせください。

といった丁寧な表現にしたほうが無難です。

もし他の表現に変えるのであれば、「ご遠慮なさらず」とすると受け取りやすくなりますよ。

会議で忌憚のない意見を

忌憚には「遠慮する・はばかる」という意味がありますが、主にビジネスで使う場合は「忌憚なく」とするのが一般的。忌憚なくとすることで、遠慮しないでほしいという意味となります。

多くの場合「忌憚のない意見」として、どんどん意見を出してほしいと促す場合に使用。

会議では時には遠慮して誰も意見を言わずに沈黙することもあるでしょう。そんな時こそ使って、会議を有意義なものとしたいですね。