マイク

ジネスシーンにおけるお金の受け渡しは、その目的と金額に応じて「表書き」を変える必要があります。これはビジネスシーンだけではなく、普段の生活でも活用できることもありますね。

そういったものの一つにあげられるのが「寸志(すんし)」と言う言葉。

初めて聞いたという方も多いかもしれませんが、歓迎会などで耳にしたことがある方もいるのではないでしょうか。実は「寸志」は使いどころを間違えると大変なことになるんです!

そんな気になる、寸志の意味や、言葉の使い方と金額の相場、また頂いたときのお礼のことについてまとめてみました。

スポンサーリンク

寸志の意味とは

心ばかりの贈り物

寸志(すんし)とは、「好意でいただくお金」と言う意味があります。

「寸」と言う漢字は、かつて長さの単位として使われていました。

一寸は約3cmととても短く、そこから転じて

  • 「わずかな」
  • 「ほんの少し」

という意味でも使用されます。

昔話の「一寸法師」は小さい法師様のお話ですが、3cmほどの大きさならたしかに小さいですよね。

「志」にはいくつかの意味がありますが、その中の一つに「相手のために思う気持ち」と言う意味が。また、「好意を表すために送る金品」と言う意味もあるんですよ。

相手のためにほんの少しの気持ちを金品として贈る。それが「寸志」なんです。

お金を渡す

具体的にはどういうもの?

寸志は基本的に上司や年配者などの目上の人が、目下の人に少額の現金を渡す際に使います

また寸志は「大したものではありませんが・・・」という、へりくだった表現。そのため目下の者が目上の方に対し、「寸志」を渡すのは失礼に当たります。

スポンサーリンク

寸志の使い方や金額の相場は?

寸志を使う場面は?

寸志を使う場面は、ビジネスシーン・プライベートで多く存在します。

そこで、主なシチュエーションを紹介します。

  • 婚礼で受付などを手伝ってくれた行ったスタッフや関係者へ、新郎新婦からのお礼として。
  • 葬儀で受付などを手伝ってくれたスタッフや関係者へ、喪主や施主からのお礼として。
  • 宴会の幹事に対し、上司や先輩からのお礼として。
  • 社内コンペなどで優秀な成績を納めた者へ、会社や上司より臨時ボーナスとして。

いずれも目上の人から目下の人に、少額の現金を包んでお礼とするものです

婚礼や葬儀の場合は、新郎新婦や喪主・施主が主催するでしょう。その場合、会場のスタッフに対しては、自身が目上になりますよね。ですので、お礼をする場合は「寸志」となるんですね。

ちなみに葬儀の場合は「寸志」ではなく、「志」とすることもあります

幹事がしゃべる

寸志の相場はどれぐらい?

寸志に包む金額ですが、基本的には「1千円~1万円」の範囲が適切。「ほんの少し」ですので、相手に気を使わせるような金額は包まないようにしましょう。

ただし宴会の幹事に渡す場合は、原則として会費より多めに包むのがマナーです。例えば、会費が5,000円の場合は、8,000円が適切ですね。

冠婚葬祭に関しては、縁起の悪い数字にならないようにするよう配慮が必要です。

婚礼に関しては、割り切れる偶数は避け、死や苦しむにつながる4,000円や9,000円は厳禁。3,000円・5,000円と、偶数にはなりますが末広がりの8,000円(八千円)がおすすめです。

寸志の渡し方は?

寸志は、のし袋や白封筒を使ってお金を包み、表書きには黒く太めの筆記具で「寸志」と記入しましょう。

印刷のものでも構いませんが、筆で書いたような筆記書体を選ぶとより的確です。

お祝いの席なら紅白ののし袋が最適ですが、ビジネスシーンでなら白封筒でも大丈夫ですよ。

渡すタイミングですが、基本的には「行事を行う前」がベストタイミング。

  • 婚礼の場合は、披露宴が始まる前の余裕がある時
  • 葬儀の場合は、お通夜の前
  • 幹事に渡す場合は、忘年会などが始まる前

に渡しましょう。

寸志を頂いたらどうする?

幹事が主賓より寸志を頂いた場合、まずは頂いた方へお礼を言いましょう。その上で、宴会の冒頭で必ず報告を行います

その際「寸志」と言わず、「ご厚志(ごこうし)」や「ご芳志(ごほうし)」と言う表現に変えるのがマナー。

「○○部長より、ご厚志を頂戴いたしましたので、皆様にご報告いたします」というように全体の前で報告しましょう。

また、幹事として頂いた寸志については、

  • 幹事が受け取って良い場合
  • 会費として使用する場合
  • 積立金として別のイベントに使用する場合

があります。

幹事がそのまま受け取っても良いとは限らないので、事前に確認をとると安心ですね。

その他、お手伝いなどで寸志を受け取った場合は、送り主へお礼のメールや手紙を贈るのがマナーです。頂いた金額の半額程度のお菓子を添えて返礼とすると、よりスマートですよ。

スマートに贈れる大人に

志は上司や年配者が、部下や若者にお礼を包む時に使う言葉。冠婚葬祭で受付や送迎を受け持ってくれた方への、ちょっとしたお礼を包む時にも使います。

へりくだった表現と「ほんの気持ち」と言う意味があるため、年長者に渡す際には使わないので要注意。また頂いたときには返礼を行い、また宴会の幹事として頂いた時は参加者に必ず報告を行いましょう。

ちょっとしたお礼をしたい時に、スマートに「寸志」を使える大人になりたいですね!