スリッポンを履いた白い服の女性

夏コーデが今ひとつ決まらない、あるいは代わり映えしないと悩んでいませんか?そんなときはを見直してみると、コーデがビシっと決まることもあるんですよ。

レディースシューズは種類が豊富にありますが、春夏コーデにぜひ取り入れてほしいのがスリッポン

何足か揃えるだけでアクセントになりますし、普段使いにだって重宝するんです!

そんなレディーススリッポンの選び方とおすすめの人気のブランドを紹介します。ぜひ参考にしてくださいね

スポンサーリンク

レディースのスリッポンの選び方

スリッポンは紐のない靴

スリッポンの語源は「スリップオン(Slip-on)」で、紐や金具がないのが特徴の靴です。装飾もほどんどないため、素材や色・デザインなどで表情を変える靴といえます

紐などがないため履きやすく、また靴自体が軽いメリットも。素材によっては通気性も良いため、足のムレが気になる夏も涼しく過ごせます。

デザインで選ぶ

色とりどりのスリッポン

スリッポンはスニーカーに似た、フラットな靴底とカジュアルなデザインのイメージが強め。しかしつま先が尖ったデザインや、素材による変化でシックな表情を見せるものもあります。

また最近では、靴底に変化をつけて、ヒールのように足首をきれいに見せるスリッポンも。まずはお店で見比べて、気に入ったデザインを見つけるのも素敵ですね。

色や素材は

スリッポンの定番といえば、キャンパス地などの布でできたもの。色も豊富ですので、手持ちの服や合わせたいコーデに合わせて選びたいですね。

もし迷ったら白やオフホワイトを選ぶと、カジュアルコーデに合わせやすい一足となります。

キレイめコーデに合わせたいなら、革素材やスエード素材がオススメ。

革はカジュアルでありながら、きちんと感が出る素材。スエードもキレイめコーデに合わせやすく、大人の表情を演出。色は落ち着きのあるダークカラーにすると、コーデを落ち着かせてくれますよ。

履き心地もチェック!

デザインや色で選ぶことも大切ですが、靴は履き心地で選ぶことも重要です。

スリッポンは紐がなく履きやすい一方で、ちょっとしたショックで脱げてしまうことが。その為、スニーカーを選ぶときより、少しきついぐらいで選ぶとちょうど良くなります

また靴底のフィット感が良いものや、つま先や足の指が窮屈にならないものが履きやすい靴。お店で好みのデザインを見つけたら、必ず履いてみて感触を確かめてみましょう。

スポンサーリンク

人気のスリッポンのブランドは

VANS(バンス)

アメリカ生まれのブランド・バンズは、スリッポンを買うならここ!と言われるほどの定番ブランド。「CLASSIC SLIP-ON」の白は、一足あるとカジュアルコーデの定番アイテムとしてとても活躍してくれます。

毎年新作も登場していますし、デザインもカジュアルなものからキレイめコーデに合わせたいものまで豊富。色もサイズも豊富なので、まずはバンズで探してみませんか?

CONVERSE(コンバース)

バンズとともにスリッポンの定番として名前が上がるのが、コンバースです。

スニーカーブランドとしても有名ですが、スリッポンもスニーカーのような履き心地で人気。特にスニーカーから紐を取り除いたようなデザインの、「ALL STAR SLIP Ⅲ」は見た目もおしゃれ。

カジュアルコーデに特化したい時は、コンバースがおすすめです。

トムス(TOMS)

トムスはアメリカのシューズブランドで、軽やかな履き心地と程よい通気性が特徴。また一足購入するごとに、ブランド側で子供たちのために一足寄付する活動を行っているんです。

デザインはカジュアルな中にも落ち着きがあり、レースを編み込んだような透け感のあるスリッポンも。靴の内側にも遊び心のあるプリントがあるため、履いていない時も楽しめるスリッポンなんですよ!

Crocs(クロックス)

サンダルの代名詞にもなっているクロックスは、スリッポンでも独自のテイストが楽しめます。

デザインはとてもシンプルで、きれいめコーデにも合わせやすい特徴が。また履き心地の軽さと安定感は、クロックスならでは。

長時間履くことが想定される時は、クロックスを選択肢に入れたいですね!

スリッポンで軽やかな足元に

【関連記事】

リッポンは紐のないスニーカーのような靴で、履き心地の良さとシンプルなデザインが特徴です。

そのため、

  • カジュアルコーデにもぴったりですし、
  • きれいめコーデに合わせてもきちんと感が生み出されます。

素材を選べば子供っぽくなりませんし、色も豊富なので手持ちの服とも合わせやすいのも嬉しいところ。すこしきつめのサイズを選べば不意に脱げることもなく、足にしっかり馴染んでくれますよ。

春夏コーデの足元に、軽やかで素敵なスリッポンを仲間に加えてみませんか?