が近づいてくると日ごとに暖かさが増してきて、どこか心がウキウキしてきますよね。また灰色だった風景に花や緑の鮮やかな色が混ざることで、見た目にも変化が。

そんな春を表す言葉の一つに、「春爛漫」(はるらんまん)があります。

なんとなくウキウキして楽しそうな言葉ではありますが、他の季節では使わない言葉なのでしょうか?

春爛漫の意味と使い方について紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

春爛漫の意味は

爛漫とは

春爛漫の意味を理解するには、「爛漫」の意味を理解する必要があります。

爛漫は「らんまん」と読み、その意味は、

  • 花が美しく咲き乱れる様子。
  • 明らかに輝き出る様子。

…というもの。

ちなみに爛漫の「爛」には、

  • あふれるように、鮮やかに、光り輝く様子。
  • 柔らかくなって崩れる。(傷口などが)ただれる。腐る。

…と言う意味があります。

爛漫に関して言うと、前者の意味となり、後者の意味では使われません。

そして爛漫の「漫」には、

  • 一面に満ちあふれて覆う様子。
  • むやみに広がっていき、締まりがない様子。
  • なんとなく気の向くまま。

…という意味があります。

爛漫に関しては、一つ目にあげた、一面に広がる様子と言う意味で使用しています。他の意味を採用してしまうと、ややマイナスの意味となるので、その点は注意したいですね。

春爛漫とは

爛漫には、「花が咲き乱れ、美しく輝く様子」と言う意味があります。

ここに「春」が加わることで、春爛漫は、

春になり、輝くように花が咲き乱れる様子

…と言う意味となります。

春となって気温が上昇するにつれ、桜を始めとした花々が次々に開花。その様子は美しく、輝くようにも見えますよね。

夏には夏の美しさがあり、秋や冬もまた美しい季節ではあります。しかし一斉に花が開花するような爆発力は、春独特の光景と言えます

そのため他の季節では爛漫は使われず、春だけが「春爛漫」と表現されるというわけですね。

スポンサーリンク

春爛漫の言葉の使い方は

使うなら4月

春爛漫は「春」とついているため、春に使うのが適切です。

特に様々な花が一斉に開花するイメージが強く、新年度などの切り替え時期でもある4月が最適。

しかし、東北や北海道のように、4月でもまだ寒い地域では5月頃がぴったりかもしれません。その場合は無理に春爛漫は使わず、別の春の表現を使うようにしたいですね。

春の冒頭の挨拶として

春爛漫は、4月に出す改まった手紙やメールで使うのが適切です。

手紙・メールや人前での挨拶で、冒頭に挟める季節に触れた一文。ここに「春爛漫」を使うと、より素敵に春を表現することが出来ます。

冒頭の挨拶に入れるのであれば、次の様な文章がおすすめ。

  • 春爛漫の候、皆様におかれましては一層のご活躍のこととお喜び申し上げます。
  • 春爛漫の候、皆様変わりなくお過ごしの事と存じます。

「春爛漫の候」と加えるだけで春らしさと共に文章も引き締まり、目上の方にも失礼になりませんよ。

また「春爛漫の候」ではかしこまった印象が強くなるようでしたら、次の文章もおすすめです。

  • 春爛漫の季節を迎え、ますます気持ちが華やいできますがいかがお過ごしでしょうか。
  • 春爛漫に誘われて、毎日の生活も心軽やかとなっているのではないでしょうか。

こうすることで、華やかな季節を迎えた喜びと、こちらの明るい近況を伝えられる挨拶文となりますね。

花が咲き誇る春に

春爛漫には、「花が咲き乱れてあふれ、美しく輝く春」という意味があります。

寒い冬を耐えて一斉に咲く花のパワーは素晴らしく、まさしく「輝く」と言う表現はピッタリ。その様子は春独特のもので、他の季節では使わない表現なんですね。

使い方としても、花が咲く4月の挨拶文に最適で、「春爛漫の候」と添えればきちんとした印象に。

美しい春を的確に表現した「春爛漫」を上手に活用し、しっかりとした挨拶文を作成したいですね!