「あの人をフィーチャーしている」と、アーティスト・ミュージシャンなどが話しているのを聞いたことがありませんか?

またスマホで無くて携帯電話を使っていると、「まだフィーチャーフォンなんだ」と言われることもあります。

最近良く耳にするようになったフィーチャーという言葉。なんとなく聞き流しがちな言葉の一つですね。

しかしその意味を理解すると、「なるほど!」と思える言葉なんですよ!

そこで、
・フィーチャーとは(意味)
・フィーチャーの使い方
・フィーチャーフォンとの違い

…について紹介しますので、是非参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

フィーチャーとは

注目!

フィーチャーfeature)には、次の意味があります。

  • 顔つきなどの容貌
  • 特色をつける
  • 特徴を出す
  • 特に注目を集める物事

特に日本では「注目する」という意味でフィーチャーという言葉が使用されています。

また、そこから発展して「何よりも紹介したい物事や人」であることを、特に強調したい場合に用いられますね。

音楽・映画業界でのフィーチャー

一般的にフィーチャーは「注目・特色」といった意味で使用されています。しかし特定のジャンルや業界においては、違った意味となることもあるんです。

例えば音楽業界では、「フィーチャリング」(featuring)という表現があります。

アーティストが楽曲を制作する際に、別のアーティストがゲストとして出演する時などに使用。「メインではないがこのアーティストも関わってる」という意味で用いられます。「客演」とも言えますね。

なお映画で【フィーチャリング ○○】といった表記があった場合、これは主演を指す言葉。脇役やゲスト参加の人を指す言葉ではないので、注意してくださいね。

CADにおけるフィーチャー

全く違った使い方としては、3Dの図面制作を行うCADでの「フィーチャー」があります。

CADにおけるフィーチャーとは、「パラメトリック・モデリング」という制作方法で用いられる用語。ここでは工程を積み重ねて形を作ることを、フィーチャーと呼んでいます。

例えば、立方体を制作する際には、底辺部分・高さ部分・天井部分・・と制作。この「底辺のパーツ」「高さのパーツ」「天井のパーツ」それぞれが、フィーチャーとなるんです。

「フューチャー」との違いは?

文字が似ているためによく間違われる言葉に、「フューチャー(future)」があります。

今回紹介しているのは「フィーチャー(feature)」で、小さい「イ」が入った言葉。しかしフューチャー(future)は、小さい「ユ」が入りますし英語の綴りも違います

フューチャーの意味も、

  • 未来
  • 近年
  • 将来

…と、フィーチャーとは全く違う意味

綴りや文字がそっくりなので、間違えずに使いたいですね。

スポンサーリンク

フィーチャーの使い方

大注目!

フィーチャーの使い方ですが、やはり「注目してほしいこと」に対して使うのが効果的です。

例えば、冒頭で例としてあげました、「あの人をフィーチャーしている」という言い方。これは「今一番注目しているのは、あの人」という意味となります。

また雑誌の記事などで、「今シーズンはスヌードを大フィーチャー!」という表現があったとします。

この場合ですと、「スヌードというアイテムがおすすめなので注目してほしい!」という意味となります。

その他にも、

  • 古い作品ですが、だからこそこの映画をフィーチャーするべきです。
  • あのアーティストがデビューした頃から、俺はフィーチャーしていた。

…といった使い方をすると、「注目」を集められますよ!

feat.!

音楽などでフィーチャー(フィーチャリング)を用いる場合、「feat.」と省略することがほとんど。

例えば「(メインの人)feat.(別の人)」と、メインの人の楽曲に別の人が参加していると表記。またスペルを省略せずに、「featuring」と表記することもあります。

ちなみにフィーチャーフォンとは?

日本独自の携帯電話

フィーチャーという言葉に関連してですが、「フィーチャーフォン」(feature phone)という言葉も良く聞くことがあります。

これは「スマホではない携帯電話」のことで、2000年代まで主流だった携帯のこと。「ガラケー」という表現を使うこともあり、いずれにしてもスマホではない形式の携帯電話を指しています。

フィーチャーフォンとは「独自の特色を持つ携帯電話」を指す言葉として使われていたもの。

日本の携帯電話の特徴は、様々な優れた機能が搭載されていること。その様子が「孤島という環境で独自の生態系を進化させた、ガラパゴス諸島の環境のようだ」と表現されていました。

そこから「ガラパゴス携帯」、省略して「ガラケー」とも呼ばれていたというわけですね。

言い間違えに要注意!

フィーチャー(feature)という言葉は、かっこよい響きを伴う言葉です。その意味はいくつかありますが、ほとんどの場合が「注目している」というもの。

そこから発展して「注目しているから、みんなに教えたい・見てほしい」といった意味にも繋がります。

ただし綴りが似ている「フューチャー(future)」と間違えやすい言葉ですので、そこだけは要注意!人に教えたい事に「注目」した上で、フィーチャーをかっこよく使いこなしましょう!