イーツの中でも根強い人気があるのが、「口当たりがよくて冷たいスイーツ」

コース料理のデザートにムースババロアが出てくると、その美味しさにびっくりします。イタリア料理ですとパンナコッタが出ることもあり、こちらもおしゃれで美味しいですよね。

ところでこれらのスイーツですが、どこに違いがあるのでしょうか。

そこで、ムース・ババロア・パンナコッタの違いについて紹介するので、ぜひ覚えてくださいね!

スポンサーリンク

ムースとは

メレンゲで柔らかく

ムースはフランス語で「泡」を意味する言葉で、卵白を泡立てた「メレンゲ」を使った料理のこと。スイーツとしてのムースは、メレンゲに砂糖やチョコレートなどを加えて冷やしたものとなります。

ムースにはメレンゲが使われているため、冷やしても柔らかく口当たりがふんわりしている特徴が。

一方でその柔らかさから衝撃に弱く、崩れやすい弱点もあります。

甘くないムースも

ムースはメレンゲを使用した料理を指すため、スイーツではないムースも存在します

例えば、コース料理の前菜として、野菜とメレンゲを合わせたムースが。味はスイーツのような甘さはなく、それでいて柔らかな口当たりが楽しめます。

更にムースは「泡」全般を指す言葉のため、料理以外でもムースが。

泡で出てくる整髪料をムースといいますが、この語源もフランス語の「泡(ムース)」から来ています。

□野菜のムース レシピ動画

*こちらは変わり種のムースで、野菜も使ったスイーツなムースなんですよ!

ババロアとは

バイエルンなお菓子

ババロアはフランスの古典的なお菓子で、名前の由来は次の2つだと言われています。

  • バイエルン王国(現在のドイツ)の貴族のために作られたお菓子
  • バイエルンのババリア地方で飲まれていた、温かい飲み物をもとに考案されたお菓子

いずれの説もドイツに由来しています。ですが、お菓子を作ったシェフがフランス人だったことからフランス菓子なんですね。

ゼラチンで固めて

ババロアの基本的な作り方は、次のとおり。

  1. 砂糖・卵を混ぜ、鍋で沸かした牛乳に加える。
  2. (1)に生クリームと卵白を泡立てたメレンゲを加えて軽く混ぜる。
  3. ゼラチン・香料を加えて冷やし固める。

(1)と(2)の工程では、「アングレーズ」というカスタードソースを加えることがあります。

アングレーズは、砂糖・卵・牛乳・生クリーム・バニラエッセンスを、あらかじめ混ぜて加熱したソース。カスタードソースの一種ですが、小麦粉が入らないためサラサラしている特徴があります。

ババロアの特徴は、ゼラチンで固めること。そのためしっかりとした形となり、柔らかい中にも弾力性が保たれるんですよ。

味に関しては卵と牛乳の優しい味わいとなり、そこに果物を添えて楽しみます。

□Domani クッキングレッスン《洋梨のババロア》

*プロが作るババロアです。

見ていると難しそうですが、一度試してみたいものですね。

スポンサーリンク

パンナコッタとは

イタリア発祥のお菓子

パンナコッタはイタリア発祥のお菓子。

「パンナ」はイタリア語で「生クリーム」の意味。コッタは「煮る」で、直訳すると「生クリームを煮たお菓子」となります。

パンナコッタはその名の通り、生クリームに砂糖や牛乳を混ぜて加熱。

そこにゼラチンを加え、型に流し込んで固めて作ります。

たっぷりと生クリームを使うため、味は濃厚。また、材料を泡立てないため、比較的しっかりした口当たりとなります。

□マチの洋菓子工房!#66 苺のパンナコッタの作り方。

*いちごを添えた、可愛いパンナコッタも美味しそうですね!

ムースとババロアとパンナコッタの違い、まとめ

最後にムース・ババロア・パンナコッタの特徴や違いを、簡単にまとめました。

お菓子 特徴や違い
ムース
  • フランス語で「泡」を意味する料理で、口当たりが柔らかい特徴がある。
  • 卵白を泡立てたメレンゲに、砂糖や卵などを加えて冷やしたもの。
  • お菓子としても食べる一方で、野菜と合わせて前菜として出すこともある。
  • ちなみに整髪料の「ムース」も同じ語源。
ババロア
  • 語源はドイツのバイエルン地方に関係があるが、フランスのお菓子。
  • 泡立てた卵白や砂糖を温めた牛乳と混ぜ、ゼラチンで固めたもの。
  • ゼラチンを使用しているため、柔らかさを保ちつつ比較的しっかりしている。
パンナコッタ
  • イタリア発祥のお菓子で、生クリームを煮たものと言う意味がある。
  • 生クリーム・牛乳・砂糖などを混ぜて温め、ゼラチンで固めたもの。
  • ムースやババロアと違い、泡立てない。
  • 生クリームの濃厚な味が楽しめ、口当たりがしっかりしている。

冷やして美味しいスイーツ!

ムースもババロアもパンナコッタも、冷たい状態で提供されるスイーツ。ただしムースは前菜として出されることがあり、野菜と合わせて作ることもあります。

  • ゼラチンを使わず柔らかいムース
  • 泡立てた材料をゼラチンで固めたババロア
  • 生クリームを使って泡立てずにゼラチンで固めたパンナコッタ

それぞれ、濃厚でしっかりした味わいなんですね。

似ているけれど特徴が違うこれらのスイーツを、それぞれ食べ比べてみたいものですね。