白くて柔らかいお餅は、焼き餅にしても、お鍋に入れても美味しいですね。そんな美味しいお餅ですが、お鍋に入れると、とろけてしまい、食べづらいと感じることはありませんか?

そんな方にぜひおすすめしたいのが、トッポギ(トッポッキ)というお餅なんですよ!

そこで、

  • トッポギとは
  • 日本の餅との違いは
  • トッポギのおすすめレシピ

…を順に紹介しますので、もちもち料理をつくたい時の参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

トッポギとは?

餅を使った料理

トッポギ

日本では、トッポギ(トッポッキ)(떡볶이)はお餅の一種だと思われていますが、正しくは「お餅を使った料理」を指す言葉です。

トッポギ(トッポッキ)とは、トックという朝鮮半島のお餅を使った炒めもののこと。

トック(떡:
 +
ポギ(볶이:炒める…볶다という動詞の名詞形)

で、「餅の炒めもの」という意味となります。

日本では「トッポギ」と呼ばれていることが多いですが、韓国語の発音により近いのは「トッポッキ」と言えますね。(※以後、トッポギと記載します)

トッポギの特徴は、コチュジャンと砂糖を使った甘辛い味であること。

元々は宮廷料理で、野菜・牛肉とともに炒めて韓国の醤油で味付けしていました。それが1950年代になってから、ジャージャー麺からヒントを得てピリ辛味に変化。屋台で出したところ大ヒットし、広く食べられるようになりました。

トックとは?

トッポギに使われるのは、先に紹介したように「トック」というお餅。トックは韓国で餅全般を指す言葉で、製造方法などにより様々なトックがあります。

その中でトッポギに使われるのは、カレトック(가래떡)というトック。うるち米で作られた白い棒状のお餅で、加熱してもとろけず伸びない特徴があります

トックと日本のお餅との違いは?

材料と作り方が違う

日本の餅とトックの違いは、材料作り方にあります。

日本で一般的に食べられている餅は、もち米が原料。蒸したもち米をすりつぶしてから、杵(きね)などでついて粘り気を出します。

一方のトックは、粉末状にしたうるち米の粉が原料。水と混ぜて固めに練ってから棒状に伸ばし、蒸し器で15分程度蒸して完成です。

自宅で作る場合は、米粉または上新粉で作ることも可能なので、意外と簡単なんです。

食感が違う

日本のお餅は焼くと膨らみ、またよく伸びますよね。これはもち米に「アミロペクチン」という、粘り気の強いデンプンが多く含まれているから。お餅独特のもちっとした食感は、このアミロペクチンのおかげなんです。

一方のトックは焼いてもあまり伸びず、柔らかい中にもしっかりとした食感があります。これは、材料がもち米ではなく、うるち米から出来た米粉だからです。

うるち米にもアミロペクチンは含まれますが、それ以上にアミロースというデンプンがあります。アミロースももっちり感を出しますが、それほど粘り気がないのが特徴なんです。

そのためトックには伸びがなく、お餅というより白玉団子のような食感となるんですね。

スポンサーリンク

トッポギのおすすめレシピ

トッポギの基本的なレシピ

トックを使った「トッポギ」の、基本的なレシピを紹介します。

■材料(4人前)

  • トック       200g
  • コチジャン     大さじ1~2
  • 砂糖        大さじ1
  • 醤油        大さじ1
  • 鶏がらスープのもと 小さじ1
  • すりおろしにんにく 小さじ1/2(チューブ1センチ程度)
  • 水         200cc

■作り方

  1. トックを3センチ程度の長さに切ります。
  2. 切ったトックを10分ほど水に浸けておきます。
  3. 鍋に全ての材料を入れ、トックが柔らかくなるまで煮込めば完成。

  • 辛めが好きな方はコチジャンを多めに
  • 子供がいる家庭でしたらコチジャンを少なめに

調整しましょう。

仕上げに、とろけるチーズを乗せると、味がまろやかになっておつまみにも最適です!

おかずにもなるトッポギ

上記のレシピは屋台などで食べられる、いわばおやつ代わりのレシピ。そこに少しアレンジして、夕食の一品にしませんか?

■材料(4人前)

  • トック   200g
  • キャベツ  100g
  • 万能ねぎ  3~4本
  • 玉ねぎ   1/2本
  • ウィンナー 3~4本
  • コチジャン 大さじ1~2
  • 砂糖    大さじ1
  • 醤油    大さじ1
  • 鶏がらスープのもと 小さじ1
  • すりおろしにんにく 小さじ1/2(チューブ1センチ程度)
  • 水     300cc

■作り方

  1. トックを3センチ程度の長さに切ります。
  2. 切ったトックを10分ほど水に浸けておきます。
  3. 万能ねぎは3センチ程度の長さに、キャベツ・玉ねぎ・ウィンナーは食べやすい大きさに切ります。
  4. 鍋に水と全ての調味料を入れて沸騰させます。
  5. 全ての具を入れ、汁気がなくなるまで焦がさないように煮込んで完成。

最初は野菜が多く、汁気が足りないと感じるかもしれません。しかし煮込むうちに野菜からも水分が出て、しっかりタレと絡まります。

□トッポキ(韓国餅の辛子炒め)

*更に本格的な味にするなら、韓国の顆粒だし「ダシダ(다시다)」を使うと美味しいですよ!

美味しいトッポギはいかが?

【関連記事】

ッポギはトックというお餅を使った、韓国ではおなじみの料理。学生さんが学校帰りに屋台に立ち寄り、小腹を満たすスナック感覚の料理でもあるんですよ。

トックは日本のお餅に似ていますが、材料が違うためもっちりした食感が特徴です。スライスして鍋に入れても美味しいですが、やはりここは「トッポギ」にして食べたいですね。

甘辛くてもっちりとした美味しいトッポギを、日々のレシピに加えてみませんか?