春を告げるの花は、桜とはまた違った落ち着いた風情が感じられます。また梅の名所では梅干しの名産地であることも多く、目と舌で楽しめますよね。

そんな梅の名所の中でも人気の場所の一つが、神奈川県小田原市。

毎年春先には「小田原梅まつり」が開催され、50万人近い方が訪れるほどなんですよ!

そこで、
・小田原梅まつりとは
・梅の開花状況や見頃予想
・2018年の梅まつりの日程や場所
・見どころ

についてご紹介しますので、ぜひ行かれる際の参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

小田原梅まつりとは

いくつもの梅園が

小田原梅まつりは、今から40年ほど前から始まったイベント。正式名称を「曽我別所梅まつり」といい、小田原城址公園および曽我梅林で開催されています。

曽我梅林とは、別所地区・中河原地区・原地区にある梅林の総称。各地区の梅農家さんが中心となって、梅まつりは運営されています。

その数は合わせると3万5千本以上にもなり、他では見られない光景が広がるんですよ!

食料の梅が観賞用の梅に

小田原に梅が多いのには、北条氏箱根の山が関係しています。

北条氏は室町時代から戦国時代にかけて、小田原一帯を治めていた一族。その中で北条氏は兵士の食料用に、城下で梅を育てることを推奨しました。

また小田原の先には、交通の要所である箱根の山があります。箱根を超えるためには、食べ物の腐敗を防げる梅干しがとても重要でした。

そのため江戸時代になってからも、変わらず梅干しづくりが続けられたんです。

食料用として植えられた梅ですが、春になれば美しい花が。この花も鑑賞して楽しんでほしいと、40年ほど前から農家の方がイベントを開催。

これが小田原梅まつりとなり、多くの方で賑わうようになったんですね。

梅の開花状況や見頃は?

蘇我梅林の梅は、例年通りでしたら2月中旬~3月初旬にかけて。2017年に関しては例年より少し早く、2月中旬に見頃を迎えました。

今シーズンの関東地方の長期予報を見る限り、天候は平年通りの予報が出ていますので、2018年の開花時期も平年通りとなるのではないでしょうか。梅の見頃2月下旬ごろとなりそうですね。

2018年の梅まつりの日程・会場は?

小田原梅まつりの2018年の日程は2月3日~3月4日までの30日間開催となります。また満開時期が遅れた場合は、一部会場での開催期間が延長されることが。

これなら安心して、イベントが楽しめますね。

その他会場などの情報も、あわせて紹介します。

■開催期間
2018年2月3日(土)~3月4日(日)
※開花状況に応じて延長予定あり

■入場可能時間
7;00~17:00

■会場

  • 小田原城址公園(神奈川県小田原市城内6-1)
  • 曽我梅林(神奈川県小田原市曽我を中心とした一帯)

○小田原城址公園

○曽我梅林

なお曽我梅林は、いずれも農家の私有地となっています。

開花後に実る梅を収穫する畑でもあるため、必ずマナーを守って立ち入るようにしましょう。

スポンサーリンク

小田原梅まつりの見どころは?

日本一の山と楽しむ梅花

小田原一帯で咲く梅は、白い梅と赤い梅の紅白が特徴的。また観賞用に育てた「しだれ梅」も多く、剣沢川の「しだれ群」は絶好の撮影スポットとなっています。

また小田原からは富士山も見ることができ、梅の花と富士山の取り合わせも。白加賀というポイントで楽しめるので、こちらもチェックしたいですね。

□曽我梅林 「梅まつり2015」

*2分35秒頃から、梅花と富士山が見られますよ!

ライトアップ

県道72号線沿いでは「大しだれのライトアップ」が行われ、夜桜ならぬ「夜梅」の美しい姿が。

ただしこのライトアップは個人宅のもので、ご好意により行われているものです。

2018年の開催は未定ですが、実施された時はマナーを守って静かに楽しみたいですね。

イベントと美味しい梅も

曽我梅林の各地区では、様々なイベントが開催予定となっています。

過去には獅子舞やちょうちん踊りといった伝統芸能が催されました。

また走る馬から鏑矢(かぶらや)を射る「流鏑馬」(やぶさめ)も毎年開催され、迫力あるたたずまいに多くの観光客の注目を集めているんですよ。

2018年のイベントにも期待が高まりますね。

□小田原 梅まつり 「流鏑馬」2016/2/11

*馬に乗りながら的を射る技術は、本当に素晴らしいですね。

花より団子という方は、売店や食堂を訪れてはいかがですか?

売店では梅干しやみかんといった、小田原の名産品が購入可能です。また食堂では「梅の香うどん」という、梅の果肉とシソを乗せた香り豊かなうどんが味わえますよ。

その他にも喫茶店や露天も登場するので、見かけたらチェックしたいですね。

  • 売店営業時間 9:00~15:00頃まで
  • 食堂営業時間 10:00~15:00頃まで

贅沢な風景を楽しもう!

田原には名産品が多く、また箱根に近いことから交通の要所としても栄えてきました。

そんな小田原には梅の名所が多く、梅まつりでは各地で美しい梅が楽しめます

富士山と梅の2ショットやしだれ梅のライトアップなどもあり、思わず撮影したくなる場所がたくさん!ただし農家の畑や個人宅での見学地点も多いので、マナーを守って楽しみたいですね。

2月から3月初旬にかけては、3万5千本以上もの梅が贅沢に開花する、小田原梅まつりにぜひ足を運んでみませんか?