ラシック音楽と言われると格式が高く、どこか難しいと思っていませんか?

しかしCMソングで使われることも多く、実は日常的に耳にしていることの多いのがクラシック音楽なんです。

そんなクラシック音楽を大迫力で楽しめるのが、クラシックコンサート

慣れない方からすると、服装やマナーが気になって行きづらいと感じるかもしれませんが、実は最低限のマナーさえ気をつければ、気軽に楽しめるものなんですよ。

そこで今回は、
・クラシックコンサートでの服装のポイント
・どんな服装がおすすめなのか
・クラシックコンサートで気をつけたいマナー

…について順に紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

クラシックコンサートでの服装のポイント

軽いよそ行きの服装で

クラシックコンサートと言われると、フォーマルな服装を求められると思っていませんか?

確かにクラシックには格式高いイメージがありますが、実はそこまでフォーマルな服装は求められません

クラシックコンサートでの服装は、老舗のレストランへ行く時のような軽いよそ行きの服装で大丈夫。長時間座ることを想定し、窮屈にならない服装であれば気兼ねなく楽しめますよ。

ラフすぎる服装はNG

クラシックコンサートでの服装では、特にこれといった決まりはありません。

しかし、だらしない服装は演奏者に対して失礼に当たります

例えば、ジーンズ程度なら問題はありませんが、ジャージやスエットはNGですね。また着古したような服装や、ファッションとしてダメージが入った服装もだらしない印象となります。

特に夏場のコンサートで注意したいのが、露出度の高めの服装。ノースリーブなど露出度が高い衣服は、演奏者が困惑してしまうことも考えられます。

セクシーさよりも上品さを意識し、ラフすぎない服装を選びたいですね。

音を立てる服装にしない

クラシックコンサートは、特に音に対する繊細さが求められます。そのため音を立てやすい生地は、できるだけ避けましょう。

これは服装もそうですが、カバンやアクセサリーでも同様。特にアクセサリーの音は響きやすく、周囲の方が不快に思うことも。

イヤリングやネックレスは動きの少ないものを選び、なるべく音をたてないようにしましょう

クラシックコンサートにはどんな服装がおすすめ?

女性の場合

クラシックコンサートの服装で特に意識したいのが、すこし良いよそ行きの服装。女性の場合ですとアンサンブルや袖のあるワンピースなどが、品良くまとまるのでおすすめです。

あるいは仕事帰りに、通勤用のスーツのまま会場に駆けつけても大丈夫です。靴はカツカツ音が出るヒールはさけ、パンプスでまとめると安心ですね。

ただし香水は、香りのエチケット違反になりかねないので控えるかつけないこと。

帽子や手荷物はクロークなどに預け、小さなカバンを持ち歩く程度にしましょう。

男性の場合

男性は服装に迷った場合、スーツを着用すればまず大丈夫。スーツでは堅苦しいと感じるなら、ジャケットにチノパンを合わせても良いですね。

足元は革靴でもいいですし、品の良いデザインならスニーカーでも大丈夫。ただし素足にサンダルはラフすぎますので、靴下と靴を履くようにしましょう。

スポンサーリンク

クラシックコンサートで気をつけたいマナー

携帯・スマホは電源OFF

クラシックコンサートでの注意事項は、チケットやパンフレットに明記されています。まずはそちらに目を通しておけば、安心してコンサートを楽しめますよ。

注意事項の中でも、特に気をつけたいのが携帯スマホ

コンサートでは携帯やスマホを使用することはもちろん禁止ですが、マナーモードも振動音が演奏の妨げに

ですので、会場に入る際は必ず電源を切るようにしましょう

コンサート終了後に会場の外に出て電源を入れるようにすれば良いですね。

余計な音を立てない

演奏内容などが書かれたパンフレットを見ながら、曲を楽しみたいかもしれません。しかしページをめくる音が雑音になるため、パンフレットはカバンの中などにしまっておきましょう

また不意に出てしまうくしゃみセキも、できることなら控えたいもの。

どうしても出てしまう・・ということもあるかもしれませんが、ハンカチや手で口を覆い、できるだけ最小限の音になるよう工夫したいですね。

拍手は演奏が完全に終わってから

クラシックの曲目がわからないうちは、いつ演奏が終わるのかわからない事も多いかと思います。

クラシックの場合、演奏が終わり指揮者がこちらを向いて挨拶をしたら終わりの合図。演奏を終えた瞬間に感動したからと言って、すぐに拍手をしてしまうと先走った印象になりますよ。

【関連記事】
コンサートとリサイタルの違いとは?ライブとはどう違うの?

もっと気軽に楽しもう!

ラシックコンサートと言われると、堅苦しく難しいものと思いがち。しかし他のジャンルのコンサートと同じく、音楽を楽しむことに変わりありません

服装もいつもより少しだけ良い服装を心がけ、カサカサ音がしないものなら大丈夫です。

生演奏はとても迫力があって感動的。クラシックコンサートに足を運ぶことがあったら、ぜひ素敵な音楽を楽しんでくださいね。