冬に咲く花は数が少なく、どうしても彩りを欠いた印象となってしまいます。だからこそ早春に咲かせる花は愛らしく、より一層美しく感じるのかも知れませんね。

そんな早春に咲く花に、福寿草があります。

素敵な名前の福寿草ですが、花言葉やどんな花なのかを知りたくありませんか?

そこで、福寿草の花言葉や、名前の由来・開花時期などを紹介するので、ぜひ覚えてくださいね!

スポンサーリンク

福寿草の花言葉とは

幸せと福を招く

福寿草は名前に「福」「寿」と、ご利益のありそうな漢字が使われています。

そのため花言葉にも、

  • 幸せを招く
  • 幸福
  • 永久の幸福
  • 祝福
  • 希望

と言った、とても幸せな意味があるんですよ。

アドニスの悲しみ

一方で福寿草には、少し悲しい花言葉も存在します。

  • 回想
  • 思い出
  • 悲しき思い出

特に「悲しき思い出」に関しては、ギリシャ神話の逸話が元になっています。

美しい若者であるアドニスは、美の女神・アフロディーテの寵愛をうけていました。

ある時アフロディーテは、アドニスが狩りで死ぬという運命を見てしまいます。

アドニスを失いたくないアフロディーテは、「決して狩りに行ってはいけない」と忠告。しかしアドニスは狩りで出かけ、猛獣に襲われて死んでしまいました。

アドニスが倒れた現場へ駆けつけると、そこにはアドニスが流した血から赤い花が。それを見たアフロディーテは、この花を「アドニス」と名付けて愛しました。

ここから福寿草の学名は、「Adonis ramosa」と名付けられました。

ところが神話に登場する「アドニスの花」は、福寿草ではなく「アネモネ」だという説も。

確かに福寿草は黄色い花のイメージがあり、違うのではと思う人もいるかも知れません。しかし福寿草には赤い花を咲かせる品種もあるため、間違いではないんですよ!

スポンサーリンク

福寿草とはどんな花?

春に咲く花

福寿草はキンポウケ属の多年草で、原産地はシベリア。北海道から九州まで広く分布し、2月から4月にかけて黄色い花を咲かせます。

この時、花は太陽光を浴びて発熱し、虫を引き寄せて花粉を運ばせる面白い特徴も。また開花後は葉が成長しますが、夏頃には葉も枯れて根だけになります。

そのため葉も含めた福寿草を見ることが出来るのは、早春から初夏にかけてだけなんですね。

お正月の花

福寿草には、

  • 元日草(がんじつそう)
  • 朔日草(ついたちそう)

という別名があります。

また江戸時代には正月頃に開花時期を迎える、縁起の良い花とされてきました。

そのため、盛んに正月飾りに使われ、品種改良もされたんですね。

現代でも正月のお飾りとして福寿草が飾られますが、先に触れたように開花時期は2月~4月頃。正月に咲くというのは旧暦にした時の話で、現代の暦でみると正月には開花しません。

そのため現在の正月に出回るものは、ハウス栽培で開花時期を早めたものとなります。

薬にも、毒にも

漢方では福寿草の根に、利尿作用や強心作用があるとして利用されています

しかし素人判断で根を煎じると、薬どころか毒になることもあります

実は福寿草の茎・葉・根には、嘔吐や呼吸困難・心臓麻痺を引き起こす毒が。春先に出る芽がフキノトウに似ていることから、山菜と間違えて食べてしまう事故も発生しています。

またお正月に鉢植えを飾る際に、子供が誤って口にする可能性も。

山菜採りの際には必ず確認し、家で飾る時も子供の手の届かない場所に置くようにしましょう

春を呼び込む幸せの花

雪解けとともに顔を出す福寿草は、を呼ぶ使者のような花です。

かつては正月頃に咲く花とされ、お正月飾りにも活用されることも。幸運を招く名前と花言葉は、お年始のお土産やプレゼントにもピッタリ!

ただし葉などには毒もあるので、触ったあとはしっかり手を洗うようにしたいですね。

幸せを運んでくれる福寿草で、いち早く春を感じてみませんか?