日の食事では、お肉・野菜・魚・穀物などをバランスよく食べることが大切。特に食べ物に含まれる成分を把握しておくと、いつもの食事に嬉しい効能がプラスされますよね。

そんな成分で注目を集めているのが、DHAEPA

いずれも並べて取り上げられることが多く、同じような効能があると言われているのですが、具体的はどこに違いがあるのでしょうか。

そこで今回は、
・DHAとEPAの違い
・DHAとEPAの効能
・それぞれ効果的に摂取する方法

…を紹介するので、ぜひ参考にして摂り入れてくださいね!

スポンサーリンク

DHAとは?EPAとは?

DHAとは

DHAドコサヘキサエン酸(Docosahexaenoic acid)を省略したもので、オメガ3脂肪酸(n-3系脂肪酸)の一種。脳の働きに欠かせない大切な成分ですが、体内で直接作ることができない「必須脂肪酸」の一種になります。

そのためDHAを豊富に含む、青魚などを食べるなどして補う必要があります。

EPAとは

EPAエイコサペンタエン酸(eicosapentaenoic acid)を省略したもので、オメガ3脂肪酸(n-3系脂肪酸)の一種。海外ではIPA(イコサペンタエン酸・icosapentaenoic acid)と、呼ぶ場合もあります。

EPAもまた人間の体内で作ることができない「必須脂肪酸」の一種であり、食事で補う必要がある成分です。DHA同様にサバやイワシやアジといった、青魚に多く含まれています。

DHAとEPAの違いは?

DHAとEPAは共にオメガ3脂肪酸の一種ということで、同じものと思われがち。実際に健康食品などでも、「DHA・EPA配合」と同列に扱われていることがよくあります。

しかしDHAとEPAは違う物質で、体内に取り込まれた時の吸収先に違いが。

DHAは脳が必要とする物質のため、主にに取り込まれます

一方のEPAは細胞が欲しがる物質で、全身の細胞に取り込まれます

DHAとEPAでは体に及ぼす効能に違いがあるんですね。

DHAやEPAの効能は?

脳の活性化

よくDHAを含んだ食品を食べると、頭が良くなると言う話を聞きませんか?

これはDHAは脳が必要とする物質で、特に神経細胞を元気にする効果があるから。

実は神経細胞の動きが活発だと、脳の働きが良くなります。記憶力アップや物忘れ防止といった効果が期待でき、認知症予防につながるというデータも。

また視神経に働きかけることで、視力低下予防にもつながるんですよ。

血液サラサラ

またDHAを含んだ食品を食べると、血液がサラサラになるという話も聞きませんか?

確かに血液サラサラ効果はDHAにありますが、EPAのほうがより強い効果を発揮します。

EPAには血液中の中性脂肪を減らし、血管などに脂肪が付着するのを防ぐ効果が。その結果血栓ができにくくなり、血流が良くなる効果を生み出します。同時に動脈硬化の予防や、高血圧や脳梗塞の予防になるんです。

DHAにも同様の効果がありますが、こちらはコレステロールのバランスを整える効果が。その結果動脈硬化予防や高血圧予防に繋がり、血流が良くなる効果を生み出します。

スポンサーリンク

DHAとEPAの効果のまとめ

似た効能のあるDHAとEPAですが、その働きや違いを確認してみましょう。

■DHA

  • コレステロールバランスを整える
  • 動脈硬化予防
  • 高血圧予防
  • 脳の活性化による認知症予防
  • 視力低下予防

■EPA

  • 血中内の中性脂肪を減らす
  • 血栓を出来にくくする
  • 動脈硬化予防
  • 脳梗塞予防
  • 高血圧予防

DHAとEPAは効能が重なる部分もありますが、独自の効果もあることがわかりますね。

DHAやEPAのを効果的に摂取する方法は

青魚を1日1000mg

DHAもEPAも豊富に含む食品は、イワシやサバ・サンマ・アジ・マグロ(トロ)といった青魚です。

食べ方は、刺身・焼き魚・煮魚などで問題なく、また缶詰の水煮でも大丈夫。

缶詰の場合は汁にDHA・EPAが多く含まれるので、捨てずに一緒に頂きましょう。缶詰なら1缶刺身なら2~3切れで、1日の必要量1000mgが補えますよ。

またDHA・EPAは、旬の時期の脂ののった魚により多く含まれるようになるので、魚の旬を意識して食べることも大事ですね。

□白菜とサバ味噌煮缶の炒め物

*サバ缶はそのままでも美味しいですし、料理荷物変えて便利ですよ!

サプリで摂取する場合と注意点

魚を毎日食べるのは大変な場合も多いことでしょう。その場合はサプリメントを活用する方法もあります。

サプリメントにはDHAやEPA等の含有量が記載されているので、他の食事と合わせて、加減しつつ摂取するのがおすすめです。

サプリを併用する場合に一つ注意したいのが、過剰摂取にならないこと。摂りすぎるとまれにですが、吐き気や下痢の症状が出ることがあるからです。また血圧降下剤や血栓予防薬を飲んでいる方は、必ず医師の相談の上サプリを利用しましょう。

普段魚をあまり摂れない方は、意識してDHA・EPAを豊富に含むこうしたサプリメントを上手に摂り入れるといいですね。

美味しくて元気に

本人が大好きな青魚には、健康に良いDHAやEPAが豊富に含まれています

確かに魚をさばくのは面倒だと感じるかも知れません。

ですが、刺身や缶詰を利用すれば簡単に食べられますよね。また焼き魚や煮魚といった調理済みの魚もスーパーで買ってくることができます。

  • 脳を活性化して物忘れ予防に効果があり、認知症予防にもつながるDHA
  • 血液サラサラ効果がとても強く、動脈硬化や高血圧予防にもつながるEPA

脳と体をいつまでも若々しく保つために、DHAとEPAを毎日美味しく摂取するように心がけましょう!