の北海道と言えば、凍えるような寒さと雪が特徴的。そしてこの雪や寒さを最大限に生かしたイベントが、各地で開催されています

その中でもぜひオススメしたいのが、2020年で42回目の開催となる支笏湖氷濤まつり(しこつこ・ひょうとうまつり)。自然豊かな支笏湖で行われるこのイベントは、神秘的でとても美しいんですよ!

そこで、

  • 支笏湖氷濤まつりとは?
  • 支笏湖氷濤祭り2020年の日程とスケジュール
  • 支笏湖氷濤祭りの見どころ
  • アクセス

…についてご紹介しますので、ぜひ行かれる時の参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

支笏湖氷濤まつりとは?

支笏湖(しこつこ)の冬のお祭り

色鮮やかな氷像

支笏湖氷濤まつりとは、北海道千歳市にある支笏湖(しこつこ)で開催されるイベント。正式名称を「千歳・支笏湖氷濤まつり」(ちとせ・しこつこ・ひょうとうまつり)といい、毎年20万人近い方が訪れるんですよ。

支笏湖という変わった湖の名前は、アイヌ語で「大きな窪地」という意味の「シ・コッ」から取られたもの。支笏湖から流れ出す千歳川が作り出した谷を指す言葉で、同時に千歳川を指す言葉でもあったんですね。

そして千歳川の水源となる湖ということで、「シコツ・トー」とアイヌの人たちは呼んでいました。

ちなみに支笏湖周辺の地域も、「シコツ」と呼んでいたという記述が。しかし日本語で「シコツ」という音は、「死骨」につながって縁起が悪いとの指摘もありました。

そのため江戸時代末期には、シコツではなく「千歳(ちとせ)」と言う地名に。湖の名称にだけ残る「シコツ」ですが、とても北海道らしい逸話と言えますね。

支笏湖氷濤まつり2020年の日程とスケジュールは?

まばゆく色がきれな氷像

1月末から約一ヶ月間の開催

支笏湖氷濤まつりは、例年1月下旬から約1ヶ月の日程で開催されます。2020年(令和2年)の開催期間やライトアップ時間は次の予定です。

  • イベント:2020 千歳・支笏湖氷濤まつり
  • 開催日程:2020年1月24日(金)~2月16日(日)
  • 開催時間:9:00~22:00
  • ※ライトアップ時間は16:30~22:00

  • 入場料:協力金一人300円(ポストカードが進呈されます)
  • 会場:北海道千歳市支笏湖温泉

スポンサーリンク

支笏湖氷濤まつりの見どころは?

透明度を誇る湖の氷像

支笏湖氷濤まつり

支笏湖氷濤まつりの目玉は、大小様々な氷のオブジェ。これは支笏湖の水を吹きかけて凍らせたもので、その神秘的な形には目を奪われます

もともと支笏湖は日本トップクラスの透明度を誇り、しかも冬でもほとんど凍らないことで有名。そのきれいな水を吹きかけて作るため、オブジェも透き通った美しさが保たれているんです。

特に人気なのが、支笏湖畔にある「苔の洞門」を再現した氷のトンネル。氷の中に閉じ込められた松の枝が緑色に光り、とても神秘的。苔の洞門(こけのどうもん)は現在閉鎖中のため、この時期にしか体験することが出来ないんですね!

*モスグリーンの光がとてもきれいですね。

神秘的なライトアップ

美しい氷のオブジェを更に引き立たせるのが、日没と共に灯されるライトアップ。緑や青といった明かりがオブジェを彩り、昼とはまた違った姿を見せてくれます。

□冬の支笏湖 氷濤まつり 支笏湖ブルーの池 夜は花火

*2分より緑に照らされた洞窟も登場します!

真冬の花火

支笏湖氷濤まつりでは毎週土日祝に、花火が打ち上がります。

夏のイメージがある花火ですが、冬空は澄んでいるため実は夏よりも美しいんです。湖畔に反射する様子も素晴らしいので、ぜひ目に焼き付けてくださいね。

■花火打ち上げ日時
期間中の土日祝18:30より(荒天時中止)

□千歳・支笏湖氷濤まつり 花火

*打ち上げ時間はそれほど長くありませんが、寒空の下で楽しむには丁度良いですね。

楽しいイベントがたくさん!

支笏湖氷濤まつりでは他にも楽しいイベントもたくさん開催されます。

  • 氷濤ダイナミックナイト
  • 力強くダイナミックな「和太鼓」の演奏を楽しめます。

  • 氷濤アイスカット大会
  • 氷切りのゲーム大会。勝者には素敵な景品が当たりますよ。

  • フラワープレゼント
  • 各地のフラワー友好都市より贈られた色鮮やかな花々のプレゼント!

  • 氷濤ウエディング
  • 極寒の中でも「アツい」カップルが、氷上で永遠の愛を誓います。

また、前年はInstagram(インスタグラム)に、支笏湖氷濤まつりで撮った写真を投稿すると、抽選で千歳の特産品があたるキャンペーンも行われました。

今年も行われると予想されるので、きれいな写真が撮れたらぜひ応募してみるのも素敵ですね。

アクセス

支笏湖

公共交通機関でのアクセス

冬の北海道は路面が凍結しているため、公共交通機関での移動が安全で安心です。

本州方面から向かう場合は、飛行機で新千歳空港へ向かいましょう。

新千歳空港からは直行のバスが出ているので、「中央バス・支笏湖行き」のバスに乗車。天候や道路状況にもよりますが、約1時間で会場となる支笏湖温泉に到着します。

普段は1日4往復と少ない便ですが、イベント期間中の土日は6往復に増便予定です。ただし最終便が花火大会の終了直後の時刻なので、場合によっては花火を諦めることも考えましょう。

駐車場は?

公共交通機関が安心とは言え、車で来られる場合もあるでしょう。新千歳空港から支笏湖温泉へは40分~1時間ほどで到着します。

駐車場については、支笏湖温泉にある支笏湖駐車場が冬期間中は無料で開放されていますよ。
※12月1日~翌年3月31日のみ無料

【関連記事】

暖かい服装で支笏湖氷濤まつりへ!

笏湖氷濤まつりは、透明度を誇る支笏湖を美しく彩るイベント。支笏湖の水を掛けて作られた氷像は、寒い北海道だからこそできる美しさがあるんです。

夜にはライトアップでさらに美しさが増し、週末には花火も上がる支笏湖氷濤まつり。湖畔でのイベントということもあってとにかく冷えるので、しっかりと防寒対策を取りたいですね。

寒い冬の北海道だから美しさが映える、支笏湖氷濤まつりへぜひ足を運んでみませんか?