正月に欠かせない伝統のものとしては、しめ縄や鏡餅があります。これらを用意しないと、なんとなくお正月が来た気分になりませんよね。

実はこれらのアイテムは、歳神様(としがみさま)をお迎えするためのもの。

歳神様のことはあまり聞き慣れないという方も多いのではないでしょうか。正月を迎える度にどのような神様なのか気になることもあるかもしれませんね。

そこで今回は、
・歳神様とは?
・お正月に歳神様をお迎えするようになった由来
・歳神様の祀り方

…を順に紹介するので、ぜひ覚えてくださいね!

スポンサーリンク

歳神様とは?

一年間を福を授けてくれる

日本において、歳神様(年神様)は、毎年お正月になると各家庭にやってくる神様のこと。漢字の読み方はとしがみさま。お正月を各家庭で過ごし、一年の福を授けてくれるんですよ。

歳神様は、地方により次の名称で呼ばれることもあります。

  • 正月様
  • 歳徳神(としとくじん)
  • 大歳神(大年神)
  • 恵方神
  • お歳徳(おとんど)さん
  • トシドン
  • 若年さん

…など

歳神様はどんな神様?

お正月に各家庭を訪れると言われる歳神様ですが、どんな神様なのか?については諸説あります

1.ご先祖様

神道では人が死ぬと、神様の住む世界へ向かい新たな神になると言われています。そのためご先祖様は、子孫のための神様に。

この神様が歳神様であり、子孫に福を授けてくれるんですよ。

2.農作物の神様

歳神様の「歳(とし)」は、穀物を指す言葉だという説があります。そしてお米を実らせる稲を始めとした、農作物を豊かに実る役目が。

農作物を司る神様を大切にすることで、豊かな一年を願う意味があるんですよ。

3.自然に宿る神々の集合体

神道では、あらゆるところに神が宿ると考えられています。

  • 自然
  • 天候
  • 気候
  • 植物
  • 動物
  • 食べ物
  • 道具

など、神様は数え切れないほど存在。

そういった神様が、歳神様というかたちで現れて私達に福を授けてくれるんですね。

お正月に歳神様をお迎えするようになった由来は?

初日の出とともに

お正月に歳神様をお迎えするようになったのには、いくつかの由来があります。

まず一つ目が、初日の出とともに現れるからというもの。

普段の歳神様は、高い山におわすという説があります。そして初日の出が昇るとともに、各家庭へ。

そのため、歳神様の目印として、しめ飾り門松を用意してお迎えするんですよ。

ご先祖様だから

もう一つの由来は、ご先祖様だからというものです。

歳神様は代々のご先祖様で、一年の福を子孫に授けてくれるという説を紹介しましたよね。

歳神様がご先祖様ならば、当然行先は子孫の家。そして子孫とともに、楽しいお正月を過ごすんですよ。

ちなみ歳神様はお正月ではなく、大晦日に各家庭に現れるという説もあります

スポンサーリンク

歳神様の祀り方

まずは大掃除を

歳神様をお迎えするにあたり、まずは大掃除を行いましょう。

昔は12月13日から始めましたが、忙しいなら年末に行えば大丈夫。ただし29日は「9」が「苦」につながるため、28日までには終わらせましょう

また31日に掃除を行うのも、大晦日にいらした歳神様の運気を掃き出すことに。年末ギリギリになると大変ですので、なるべく早めに大掃除は終わらせたいですね。

しめ縄・門松・鏡餅を

次に、しめ縄・門松・鏡餅を準備しましょう。

しめ縄と門松は歳神様への目印となると共に、悪いものを寄せ付けない「結界」の役目も。鏡餅は歳神様へのお供え物となり、家で過ごす間の拠り所となるものです。

門松は地元の山から切り出した松が最適ですが、市販のものでも大丈夫。もしマンションなどで設置が難しければ、しめ縄だけでも大丈夫なので安心してくださいね。

しめ縄なども大掃除と同じく、28日までに終わらせるのがベスト。31日に飾った場合、一夜飾りという「直前に慌てて飾った」状態に。この状態は歳髪様にとって、あまり喜ばしい状態ではないのでなるべく避けましょう。

関連記事:
鏡餅っていつまで飾るの?鏡餅の意味・由来と正しい飾り方

神棚の準備を

家に神棚がある方は、可能であれば12月13日に煤払い(すすはらい)を行いましょう。その上で28日までに、お札・しめ飾り・鏡餅をお供え

もし神棚がない場合、タンスの上などのなるべく高い場所にお札や鏡餅を設置します。

□神棚「お札」の並べ方(飾り方)!!

*高い場所にお札などを置く場合も、こちらを参考にして置きましょう!

片付けるのはいつ?

歳神様がお戻りになる時期は、松の内が明ける1月7日だと言われています。

地域によってはお焚き上げを行う、1月15日頃に戻られるという説も。その時期に合わせてしめ縄などを外し、神社のお炊き上げに持ち込んで処分。

鏡餅は1月11日の鏡開きのときに食べて、神様のパワーを取り込みましょう。

関連記事:鏡開きはいつ?由来は?関西と関東で違うのは何故?

歳神様をお迎えしよう

お正月に飾る鏡餅やしめ縄は、歳神様をお迎えするために必要なものです。また大掃除も家がきれいになる意味もありますが、歳神様をお迎えする準備に必要なもの。

きれいになった家に歳神様をお迎えすれば、きっと運気もアップするはず

何よりも気持ち良い生活空間は、身も心も引き締まって素敵な一年となりますよ。

よりよい素晴らしい一年を過ごせるように、年の瀬は歳神様をお迎えする準備を整えていきたいですね。