名字と苗字の歴史や由来。それぞれの違いや使い分けは?

最終更新日: | 役立つ雑学 | , ,

本人の名字は、実に30万種類以上もあると言われています。

例えば同じ「さいとう」でも、「斎藤」「斉藤」「齋藤」「齊藤」 など、読み方は同じでも漢字が違っている名字も多いですね。

ところで公的書類などを見ていると、「名字」と「苗字」、二種類の「みょうじ」があります。

同じように使ってしまいがちですが、由来など違いはあるのでしょうか。

今回は、名字と苗字それぞれの由来や違い、そして使い分けについてまとめてみました。

スポンサーリンク

名字の由来は?

身分を表す名前

名字の起源をたどると、飛鳥時代の「姓(かばね)」という考え方にたどり着きます。

元々日本には「氏(うじ)」と呼ばれる、後の貴族に相当する集団がいくつも存在しました。そして有力な氏を束ねたのが、天皇をトップとした朝廷。

従えた氏の中で特に貢献した者に対し、朝廷より褒美として身分などを表す「名前」を授与。

これが「姓」で朝廷における地位や身分などを区分するものとして、使われるようになりました。

わかりやすくするために

時代が進み奈良時代前後になると、天皇を頂点とした体制が完全に確立。この頃には姓が多くなりすぎて、氏(貴族)の間で誰の事かわからない状況が発生します。

そこで一族内で個人を判別するために、出身地などから取った名前を名乗ることに

これが「名字」の始まりで、個人個人で名乗っていたものがやがて一族全員が名乗るようになりました。

その土地を守護するもの

平安時代後期になると、今度は貴族が持つ土地を守護する為の階級「武士」が誕生します。

やがて武士は守護する土地の所有権を主張し、その地名を名前として使うように。

この土地の事を「名田(みょうでん)」と言ったことから、「名田の字」で「名字」という言葉が生まれました。

ちなみに「字(あざな)」は、本名とは別に名乗る「あだな」の事を指します。

江戸時代から明治にかけて

貴族階級・武士階級から生まれた名字ですが、江戸時代以前は一般庶民も名乗る事がありました。武士や貴族から褒美として名字をもらったり、あるいは生まれた土地を使用したりという例も。

しかし江戸時代になると、幕府の命令により武士・貴族(公家)以外は原則禁止に。それでも商人が「屋号」として名字を使用したり、農民が内々で使っていたという例も残っています。

やがて明治維新となり、全ての人が名字を名乗ることに。この時に先祖伝来の名前を復活させたり、かつて仕えた主人の名字を名乗る人も。

更には自分で名字を考えた人もいたため、日本の名字が増える要因となりました。

苗字の由来は

江戸時代に

一方の「苗字」ですが、文字として生まれたのは江戸時代になってから。

一般庶民が名字を名乗ることを禁じられたこの時代は、血の繋がりがより重要視されていた時代。そのため「土地」という要素が強い「名字」という漢字を、幕府はあまり好みませんでした。

そこで「苗裔(みょうえい)」という「遠い子孫・末裔」を表す言葉からとった、「苗字」という言葉を生み出します。

一族に脈々と受けつがえる名前ということで、苗字は長く一般的に使われるようになりました。

常用漢字でない

ところが戦後の様々な改革の中で、「苗字」の「苗」が常用漢字から外れてしまいます

常用漢字とは膨大な漢字の中から、日常生活で日本語を使うときに使用すべきとされる漢字のこと。その歴史は大正12年より始まりますが、昭和21年の見直しで「苗」が常用漢字から外れました。

これによって原則として常用漢字を使用する、役所の書類では「苗字」ではなく「名字」が使われることに。

結果として「苗字」を使う事が減り、江戸時代以降使うことが少なかった「名字」が一般的になったのです

スポンサーリンク

名字と苗字の違いや使い分けは?

漢字にこだわるなら「名字」

「名字」と「苗字」の違いですが、大きな意味では違いはありません。

ただし常用漢字にこだわるのであれば、「名字」を使用。公的機関や会社などに提出する書類では、常用漢字の「名字」を使うと安心です。

祖先の繋がりなら「苗字」

もしあなたが先祖に対して誇りを持っているのなら、一族の繋がりがより強く出る「苗字」がおすすめ。

また戦前生まれの方に対して使いたい場合も、かつて使用していた「苗字」のほうが良いかも知れません。

名字にも歴史あり

名字と苗字にはそれほど違いがないですが、時代を経て使い分けられた歴史があります。

名字に関しては・・
 生まれ育った土地から名乗ったという歴史が、

苗字に関しては・・
 先祖代々受け継がれてきたものという認識が、

元となっています。

気にしないのであればどちらを使ってもよいですが、現在一般的なのは「名字」の方です

いずれにしても遠い先祖から受け継いだもの。一度自分の名字の由来を調べてみませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

風邪薬を飲んで眠気が来るのはなぜ?眠気対策法は?

体調が悪くなり始めたり、寒気を感じたり、 咳や鼻水が出始めると風邪薬を飲むものですが、 その

記事を読む

ご自愛くださいの意味は?正しい使い方のポイントと例文を紹介!

最近では手紙を受け取ることも少なくなりましたが、丁寧に書かれた手紙を頂くと嬉しくなります。

記事を読む

ゲン担ぎに!縁起の良い1桁と4桁の数字は何?逆に縁起の悪い数字は?

ナンバープレートの数字が、好きなものを選べるようになってだいぶ経ちます。希望する数字が空いて

記事を読む

「ずつ」と「づつ」の違いや使い分け!正しいのはどっち?

先日メールで「3個づつ」と書いて友人に送信したところ、「ずつ では?」と指摘のメールが。その

記事を読む

「寂しい」と「淋しい」の違いとは?どう使い分ける?

クリスマスやお祭りといったビッグイベントの時、 一緒に過ごす相手がいないと、 ちょっとさびし

記事を読む

祝日と祭日の違いって何ですか?それぞれの意味は?

カレンダーを見て、次の連休が何連休なのかを確認して、 先の予定を考えたりすることってありますよ

記事を読む

シールやラベルを上手にはがす方法!コツやポイントは?

子どもたちが、あちこちに貼ったシール。 はがしそびれた値札… シールって、長い間そのまま

記事を読む

くしゃみの回数からわかる噂の由来や意味とは?何回だと良い?

よくくしゃみをすると、「誰かに噂されてるよ」と人に言われませんか? くしゃみ自体は鼻に

記事を読む

「おざなり」と「なおざり」の意味と違いとは?どう使い分ける?

ネット上のニュースなどを読んでいると、「これは書き間違いかな?」と思える言葉に出会いませんか

記事を読む

鳩が平和の象徴と呼ばれている理由は?他にも平和の象徴といえば何がある?

街角で見かけることの多い鳩は、身近な存在とも言える鳥です。またかつてはイベントなどで、空へと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

DHAとEPAの違いとは?健康に優れたその効能と効果的な摂り方は?

毎日の食事では、お肉・野菜・魚・穀物などをバランスよく食べるこ

人気の高いみかんの種類や特徴とは?美味しいみかんの選び方もご紹介!

寒くなると出回りだすみかんは、冬に欠かせない果物の一つ。ビタミ

千歳の支笏湖氷濤まつり2018年の日程と見どころ!花火の時間は?

冬の北海道と言えば、凍えるような寒さと雪が特徴的。そしてこの雪や寒さを

旭川冬まつり2018年の日程と見どころ!花火はいつ?ゲストも楽しみ!

北海道の冬は雪が多く、それらを活かしたイベントも多く行われています。

層雲峡氷瀑まつり2018年の日程や見どころ!花火の時間は?

冬は寒くて外出を控えがちですが、だからこそ楽しめる光景がたくさ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑