マホはいつでもどこでも使えるため、様々な場面でつい触ってしまいます。

布団に潜って寝る前に、SNSを確認したり、ゲームをして遊ぶ人も多いのではないでしょうか。

ちょっとだけのつもりがいつのまにか数時間経過してて、慌てて寝る事もよくあることかもしれませんね。

しかし寝る前のスマホは、健康やダイエットに悪影響が出やすいということをご存知でしたか?

できれば健康のためにもスマホを使う時間を制限したいものです。

そこで、夜寝る前のスマホ操作による悪影響と、触らないようにするための対策方法について紹介します!

スポンサーリンク

寝る前のスマホ操作による悪影響は

不眠傾向に

寝る前にスマホを操作することで、眠れない、眠りが浅い・・などの症状が出やすくなります。これは単純な睡眠不足以外に、スマホにも原因があります

部屋の電気を消しても、スマホの画面は明るく見やすいと思いませんか?

これはスマホの照明に、強い光を出す「ブルーライト」を使用しているから。ブルーライトとは私達の目で認識出来る光の中で、もっとも強いエネルギーを持つもの。

そのため寝る前に強い光を見続けると、休もうとしていた脳が昼と勘違いして活性化してしまいます

実は人が寝る前にリラックスした気分になるのは、脳が「メラトニン」という物質を出すからです。

メラトニンは生活リズムを整え、自然と眠くなるように促す大切な物質。ところが寝る時間なのに強い光を浴びてしまうと、脳がメラトニンを抑制されてしまいます。

その結果、寝ようと思っても眠れなくなったり、寝ていても脳が動いて眠りが浅くなる原因となるんですね。

目の疲れが抜けない

ブルーライトの光はとても強く、長時間画面を見続けると目に悪影響を及ぼしてしまいます。

しかもスマホは顔に近づけて使うことが多く、特に寝転がったときは至近距離で操作しがちです。更にはスマホ操作によって睡眠時間が削られると、疲れが取れないまま朝になることも。

これが朝になっても目の疲れが取れず、充血や視力低下を招いてしまうんですよ。

実は太る要因にも

スマホによる睡眠不足は、実は健康面・ダイエット面で大きな影響を与えます。

スマホの光で脳が活性化され、メラトニンが分泌されないと睡眠不足になりがち。睡眠不足は単純に疲れが抜けない原因にもなりますが、それ以上に食欲の乱れを招いてしまいます。

睡眠不足で疲労がたまると、「グレニン」というホルモンが分泌されやすくなります。グレニンは食欲中枢に働きかけ、食欲増進する働きがあります。更に満腹感に影響を与える、レプチンというホルモンも減少する効果も。

寝不足が続くとお腹が空いて、つい食べすぎてしまうのはこういった原因があるからなんですね。

しかも睡眠中は、お肌の新陳代謝が進むビューティータイム。そんな美容のための睡眠も削られるため、体重も増えがちで見た目にも残念なことに。

以上のことから、美しく健康的な体を維持したいのなら、寝る前のスマホは控えましょう

スポンサーリンク

寝る前にスマホを触らないようにする対策

布団に持ち込まない

寝る前にスマホを使わない対策として、まず大切なことはスマホを布団に持ち込まないことを意識します。

寝る前にスマホを触ってしまうのは、布団の中までスマホを持ち込むから。手の届く範囲にスマホがなければ、当然触らないので使わない事になりますよね?

もしスマホのアラームを目覚まし代わりに使っているのなら、起き上がらないと届かない位置へ。アラームを止めて寝てしまう「二度寝」防止にもつながるので、一石二鳥ですよ!

アラームでお知らせ

布団にスマホを持ち込まなくても、寝る直前までスマホを操作していては結局は同じことに。布団に持ち込まない事を意識した上で、寝る1時間前にはスマホは終了しましょう

とはいえゲームに夢中になると、気がついたら就寝時間になることも。

そこで就寝1時間前にアラームがなるように設定し、なったらスマホをやめると意識しましょう。

電源を落とす

布団から届かない場所にスマホを置いても、通知音が鳴るとどうしても気になってしまうことも。

友人からのメールやLINEは気になりますが、思い切って寝るときは電源を落としませんか?

この場合、目覚ましのアラームは使えなくなりますが、そこは目覚まし時計を購入すれば大丈夫。また夜中に友人から連絡が来ても、朝起きてから連絡すれば見落としもなくなりますよ。

【関連記事】
早起き早寝を習慣にするコツ・方法は?世界のCEOは皆早起き!
二度寝が良くない理由とは?防止するにはどうしたら良い?

スッキリ寝てスッキリ起きるためにも

布団に入ってもスマホを使い続けると、つい遊びすぎて睡眠不足になりがちです。

しかもスマホの強い光で脳が活性化され、余計眠れなくなる原因にも。更には食欲が刺激されて空腹感が増し、食べすぎて太ってしまうこともありえます。

寝不足は美容の天敵ともいいますし、なおさら寝る前にスマホを操作するのは考えものですね。

健康的な眠りのためにも、寝る1時間前にはスマホをお休みさせましょう!

そしてスッキリと寝て、朝もスッキリと起きたいですね!