生ハム・プロシュート・ハモンセラーノの違い!生ハムメロンにするなら?

最終更新日: | 飲食 | ,

ーティにお出したい一品として、香りと風味が美味しい生ハムがあります。「原木」と呼ばれる大きな生ハムをスライスしていただくと、なんとも贅沢な美味しさが広がりますよね。

贈答用としても人気の生ハムですが、カタログを見ているとプロシュートというものが。更にはハモンセラーノというものもあり、生ハム一つを購入するにしても迷ってしまいます。

これらは似ていますが、どう違うのでしょう?

そこで今回は、生ハムとプロシュート、そしてハモンセラーノの特徴やそれぞれの違いについてご紹介します。

スポンサーリンク

生ハムとプロシュートの違いは?

生ハムとは

ハムはハムの製造方法の一種で、加熱せずに製造したものを指します。

主に使われるのは豚もも肉で、塩やハーブを刷り込んで低温で熟成・乾燥させて作られます。

また燻製のように煙で燻すこともありますが、この場合も低温での燻製。直接肉に熱を通さないように作るため、日本では生ハムという名称が定着しています。

日本は生ハム向きの環境ではない

日本では「ハム」と「生ハム」と、それぞれ区別して呼ぶことが多いですよね。一方で欧米などの外国では、それぞれ区別せずにまとめて「ハム」と呼ぶことがほとんどです。

これは日本では、様々な肉と大豆たんぱくを混ぜて固めた「プレスハム」がよく食べられているから。また湿気の多い日本は、乾燥させて作る生ハムにとってカビやすい環境。

そのため加熱しているハムと区別するために、「生ハム」としています

プロシュートとは

ロシュート(プロシュット)とはイタリアで、豚のもも肉のハム全般を指す言葉

その意味は「とても乾燥した」というもので、ハムの製造方法が由来となっています。

イタリアにおける豚もも肉のハムは、製造方法によって名称が変わります。

豚もも肉を塩漬けにしたあと、燻製するなどして加熱したハムを、プロシュット・コット

塩漬けにしたあとに乾燥させてながら熟成した非加熱のものを、プロシュット・クルードと呼んでいます。

生ハムメロンはプロシュートで

「生ハムメロン」という料理がありますが、これはプロシュートと、カンタロープという名前のメロンを組み合わせた料理。

カンタロープはマスクメロンの一種で、日本のメロンよりも甘みと香りが薄い特徴があります。そこに塩気のあるプロシュートを組み合わせると、甘さと塩気がちょうど良いバランスに。

日本のマスクメロンは甘みと香りが強いがために、微妙な料理と感じる原因だったんです。

もしプロシュートを使って生ハムメロンを作るなら、メロンではなく「真桑瓜(マクワウリ)」を使うと近い味になりますよ。

ハモンセラーノとは

スペイン産の生ハム

プロシュート・中国の金華ハムとともに、世界三大ハムの一つとして扱われるハモンセラーノ。こちらはスペイン産の生ハムで、ハモンセラーノの「ハモン」は、熟成させたハムという意味

「セラーノ」は、「山の」という意味で、アンダルシア地方などの山岳で作られていることから名付けられました。

スペインで「ハモン」といえばこのハム(ハモンセラーノ)を指し、加熱したハムのことは「ハモン・コシード」と区別しています。

ハモンセラーノの作り方は、塩漬けした豚もも肉を長期間乾燥させて熟成。プロシュートなどの生ハムと同じ作り方をしますが、プロシュートより塩気が強い特徴があります。

イベリコ豚を使うと

スペインといえば、イベリコ豚が有名。しかしハモンセラーノでは、イベリコ豚ではなく白豚が使われます。

イベリコ豚を使った生ハムもありますが、こちらは「ハモンイベリコ」というもの。味わいも生ハムでありながら、脂身がとろけるような味わいが特徴となっています。

スポンサーリンク

生ハム・プロシュート・ハモンセラーノの違いまとめ

最後に、生ハム・プロシュート・ハモンセラーノの違いをまとめました。

■生ハム

豚もも肉に塩や香辛料を刷り込み、燻製にしたり低温熟成させたハムのこと。

日本では加熱したハムが主流のため、他のハムと区別するために「生ハム」と呼ばれている。

■プロシュート

イタリア原産の生ハムで、プロシュットとも。その意味は「とても乾燥した」というもの。

塩漬けした豚もも肉を低温熟成させたもので、燻製はしていない。

■ハモンセラーノ

スペイン原産の生ハムで、ハモンは「熟成させたハム」セラーノは「山の」という意味。塩漬けした白豚の太ももを使い、燻製はしていない。

プロシュートに比べると、やや塩気が強い。

関連記事:生ハム原木とは?正しい切り方と最適な保存方法を紹介!

味わいを食べ比べてみて!

ハムは塩気が強く感じられるため、野菜や果物と合わせて食べるのが一般的。メロンと合わせる食べ方もありますが、甘みと香りが控えめのメロンを使うとより美味しさが引き立ちます。

最近ではプロシュートやハモンセラードも、スライスされたものが販売されていることが。パーティーで出して食べ比べてみると、味の違いに盛り上がるかもしれませんね

産地や製造方法も様々な生ハムを、ぜひ一度食べ比べてみませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

ローストビーフの盛り付け方!美味しそうに盛り付けるコツは?

パーティーのお楽しみといえば、美味しい料理の数々。 特にローストビーフがあるだけでテーブルが豪

記事を読む

草餅のカロリーはあんこの有り無しでどう違う?美味しい食べ方は?

お正月に食べるお餅は、白い切り餅以外にも様々な種類があります。 黒豆の入った「豆餅」も

記事を読む

焼き飯とチャーハンの違いとは?ピラフは何が違う?

手早く作れて美味しいチャーハンは、主婦に嬉しいメニューの一つです。ご飯がたくさん余った時などに、冷蔵

記事を読む

味噌の賞味期限と最適な保存方法は?期限切れの味噌でも大丈夫?

最近では毎日の食卓に、味噌汁がのぼらない家庭も増えています。 そういった家庭の場合、お

記事を読む

森のバター!アボカドの栄養とカロリーは?効果的な食べ方も紹介!

ここ数年で定着し、女性を中心に大変人気のある野菜の一つが、「アボカド」。 とろっとした

記事を読む

ナスに含まれる栄養と効能とは?「茄子は栄養が無い」は嘘?

夏から秋にかけて美味しくなるナスは、沢山収穫出来ることもあって家庭菜園でも人気の野菜。 お漬物

記事を読む

そうめんの美味しい食べ方。マナーで気を付けることとは?

夏に食べる機会の増えるそうめんは、冷っとして美味しいのですが、毎日食べ続けるとさすがに飽きてしまいま

記事を読む

餃子は何のタレをつけて食べる?おすすめの人気つけだれは?

https://youtu.be/KYfE7eKxrQw 今日の夕食は餃子と聞くと、いつもより

記事を読む

うどんとそばの違いはどこにあるの?消化が良いのはどっち?

好きな麺類と言えば、ラーメンと合わせて必ず名前が上がるのが、「うどん」と「そば」ではないでし

記事を読む

カレーに合うおすすめの具材と言えば?定番と変わり種を紹介!

街角やご近所からカレーの香りがすると、途端に自分もカレーが食べたくなりますよね。 お店

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

人気の高いみかんの種類や特徴とは?美味しいみかんの選び方もご紹介!

寒くなると出回りだすみかんは、冬に欠かせない果物の一つ。ビタミ

千歳の支笏湖氷濤まつり2018年の日程と見どころ!花火の時間は?

冬の北海道と言えば、凍えるような寒さと雪が特徴的。そしてこの雪や寒さを

旭川冬まつり2018年の日程と見どころ!花火はいつ?ゲストも楽しみ!

北海道の冬は雪が多く、それらを活かしたイベントも多く行われています。

層雲峡氷瀑まつり2018年の日程や見どころ!花火の時間は?

冬は寒くて外出を控えがちですが、だからこそ楽しめる光景がたくさ

固い鏡餅の簡単な切り方!切ったあとの保存方法はどうする?

お正月飾りに欠かせない鏡餅は、最近では真空パックの商品を飾るこ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑