妊娠の報告をすると、周囲の方から「戌の日のお参りは?」と聞かれることがあります。

戌の日のお参りとは妊娠5ヶ月目の「戌の日」に、神社やお寺にお参りをする行事。この日に祈祷してもらった腹帯を巻くと、安産になるとも言われています。

妊娠5ヶ月と言えば服装に悩む時期ですが、楽な服装で行ってもよいのでしょうか?どんな服装が良いのか気になるところですね。

そこで、
・戌の日の安産祈願の服装
・戌の日の腹帯の巻き方
・夫も行く場合、服装はどうするか

といった内容についてまとめましたので、当日に慌てないように準備してくださいね!

スポンサーリンク

戌の日に安産祈願に行く際の服装は

きちんと感のある楽な服装で

戌の日の安産祈願の服装ですが、本来ならはフォーマルが望ましいところ。

しかし妊婦さんに関しては、きちんと感があって体に負担のかからない服装で大丈夫です。

例えば「ワンピース」と「きれいめのぺたんこな靴」を合わせれば、神様・仏様の前でも失礼になりません。

一方で楽だからといって胸元や足の露出が多い服は、神様・仏様が嫌がる可能性が。またスウェットやジャージなども楽ではありますが、安産祈願に適した服装とは言えませんね。

神様・仏様、またその他大勢の人の前に出て、恥ずかしくない服装を・・と考えるとわかりやすいですよ。

季節ごとの注意点は

妊婦さんは普段以上に体温調節に注意が必要ですし、服の締め付けなども気になります。また寒暖の感じ方が普段と違い、通常の気温でも寒さや暑さを感じることも。

なら、寒さ対策に使いやすい、ひざ掛け代わりなる薄手のショールがあると便利です。そしてカーディガンなどの、上に羽織れるものがあると更に安心。

またカイロもあると寒さ対策に便利です。事前に尾てい骨のやや上に張っておくと体がポカポカしますよ。

の場合も、冷房対策に薄手のショールを用意しておくと便利。紫外線対策で帽子もあると便利ですが、お参りする時には必ず脱帽しましょう。

スポンサーリンク

戌の日の腹帯の巻き方は

いつ巻くの?

腹帯には、

  • 岩田帯などの「さらしを巻く」タイプ
  • 腹巻きやコルセットなどの装着しやすいタイプ

があります。

戌の日のお参りで使われるのは、主に「さらしタイプの岩田帯」となります。

そんな腹帯ですが、

  • 巻いてからお参りする地域
  • お参りしてから巻く地域

に分かれます。

腹帯を巻いてお参りする地域に関しては、当日初めて巻くとなると意外と手間取ります。1週間ぐらい前から腹帯を巻く練習をし、装着感やズレないようにチェックしておきましょう。

お参りしてから巻く地域に関しては、神社で岩田帯などが用意されることも。またこちらで帯を用意してお祓いを受け、帰宅してから身につけ地域もあります。

ただし持ち込み可の場合でも岩田帯のみが可能で、腹巻きタイプはダメな地域も。いずれの場合もご両親や先輩ママに聞いて、地域の風習を確認しておきましょう

帯の巻き方は

最近では便利な腹帯も登場し、岩田帯を巻く機会も減っているかもしれません。そこで、一般的な岩田帯の巻き方を紹介します。

□妊娠5ヶ月 腹帯の正しい巻き方

  1. さらしの幅が半分になるように折り、折り目を下にして使いやすいように巻く。(~40秒)
  2. さらしの端をへその下に当て、折り目を下にしてお腹に一巻きする。(40秒~58秒)
  3. 一周したら腹中央に片手を差し、さらしを折り返して一周巻く(58秒~1分15秒)
  4. (3)を何度か繰り返しながら上へと巻き、端をさらしの中に織り込んで完成。(1分15秒~)

*特に(3)の部分はわかりづらいので、よく確認しましょう。

ポイントはお腹を巻くのではなく、骨盤に巻くという意識で巻くこと。腹帯はお腹をカバーするものではありますが、骨盤を安定させる意味もあります。

また巻くときは姿勢をただし、あまりきつく巻かないこと。きつすぎると苦しくなって、体調不良の原因にもつながりますよ。

安産祈願に一緒に行く夫の服装は?

パパもキレイめを意識して

戌の日の安産祈願は、出来ればも一緒に行きたいですよね。このときの服装は妻と同じく、きれいめできちんと感が出る服装がおすすめです。

迷ったらスーツでもいいですが、妻とのバランスを考えると堅い印象になりがち。妻が柔らかい印象のワンピースなら、夫はジャケットとスラックス・チノパンがおすすめです。

夫の服装に関しても、ラフすぎないことが大切。ジーンズだとラフ感が出すぎるので避けたいですし、ジャージ・ハーフパンツもやめましょう。

きちんと感と過ごしやすさを

関連記事:
戌の日に行う安産祈願のお参りはいつどこでするの?初穂料の相場は?
戌の日の安産祈願に行くならココで!東京で有名な神社5選!
関西で戌の日の安産祈願に行くならこちら!有名な神社・お寺5選!

の日のお参りは、安産を願う大切な行事。

可能であれば夫婦・家族で参拝して、無事元気赤ちゃんが生まれることを願いたいもの。服装に関しては神様・仏様の前ということもあり、ある程度きちんとした服装が望ましいです

しかし妊婦さんの過ごしやすさが第一ですので、苦しくない服装を選びたいですね。腹帯もきつく占めすぎないよう注意して、戌の日のお参りに備えましょう!