ちゃんを授かると、周囲の方から様々なアドバイスを受けることがあります。

無事に元気な赤ちゃんが生まれてくることを願い、節目節目には行事を行うこともありますよね。そんな風習の一つとして、戌の日(いぬのひ)のお参りがあります。

戌の日とは聞き慣れない言葉ですが、その由来や、いつどこにお参りをすればよいのか気になりませんか?

そこで、

  • 戌の日とは
  • 戌の日はいつで、どこにお参りすればよいのか
  • お参りの初穂料は?

…を紹介するので、プレママさんはぜひ覚えましょう!

スポンサーリンク

戌の日とは

十二支のカレンダーから

戌の日の「戌」とは、十二支の「戌年」と同じ「戌(いぬ)」です。

十二支は「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の、十二で一巡りとするもの。年賀状でよく見かける十二支は、1年毎に十二支を当てはめ12年で一巡りとしたものなんですね。

一方で十二支は、1日に対しても当てはめるもの。

この場合は12日で一巡りですので、戌の日も12日に一度訪れることになります

戌の日が指す一般的な意味は?

一般的に「戌の日」といった場合は、妊婦さんにまつわる日のこと。妊婦さんは戌の日に腹帯を巻いてお参りをすると、安産となるという言い伝えがあるんですよ

他の十二支ではなく戌の日なのは、犬は安産の象徴とされているから。犬は一度に数匹の子を授かり、しかもお産が軽いとされている生き物です。

そのため犬にあやかって、戌の日に安産祈願を行うんですよ。

戌の日はいつ?お参りはどこがいいの?

一般的には妊娠5ヶ月の時

戌の日は12日に一度訪れますが、妊婦さんの戌の日は「妊娠5ヶ月目の戌の日」のこと。

一月で戌の日は2~3日訪れるので、5ヶ月目にあたる月の戌の日から都合の良い日を選びましょう

地域によっては5ヶ月目ではなく、3ヶ月目や7ヶ月目の場合もあるので確認が必要です。

また大安・仏滅などの「六曜」もチェックすると、更に縁起が担げます。

大安が重なるならその日を、身近に子供がほしいと思う人がいるなら友引の日を。仏滅はもちろん、赤口も11時~13時以外は運気が悪い日なので出来れば避けましょう。

関連記事:「六曜」の読み方と意味とは?順番は決まっているの?

安産祈願が得意なところへ

戌の日には腹帯をし、お参りをすると安産に恵まれると言われています。

このお参りですが、安産祈願を得意とする神社お寺がおすすめ。大抵の神社は安産祈願を行っていますし、地元の神社なら土地神様が見守る安心感もあります。

しかし、特に安産にご利益のある、神様や仏様を祀る寺社にお参りをするとより安心ですね。

なお安産祈願は寺社によっては、戌の日ではない日に行っている場合も。5ヶ月目の戌の日に受け付けてもらえたらその日に、難しい場合は近い日を選んでお参りしましょう。

スポンサーリンク

初穂料は?

決まっている場合も

安産祈願の料金ですが、

  • 神社の場合は「初穂料」
  • 寺の場合は「ご祈願料」「お布施」

と呼ばれます。

その「初穂料」や「お布施」の相場ですが、受け付けてくれる寺社に記載されていることも。その料金以上をお包みしてもよいですが、基本は記載されている料金で大丈夫です

一方で料金が書かれていない寺社の場合、相場は5,000円~10,000円前後

戌の日のお参りの場合、腹帯や安産祈願の御札やお守りをいただくことがあります。

その分を加味した上で、渡したい金額をお包みしましょう。

初穂料の包み方

初穂料・お布施は財布からそのまま出すのではなく、水引が印刷された袋に入れて渡しましょう。

表書きですが水引より上の部分に、初穂料(神社の場合)またはご祈願料(お寺の場合)と大きめに記入。水引より下の部分には、氏名を夫婦連名で記入するか名字のみを記入します。

もし中袋のあるタイプでしたら、

  • 中袋の表側に「金額」
  • 中袋の裏左下に「住所・氏名(夫婦連名)」

を記入しましょう。

この場合は英数字ではなく、
「金 五千円」
「金 一万円」

漢数字で記入します。

尚、お金は向きを揃え、表側上部にお札の人物が来るようにのし袋に入れましょう。

そのまま出さない

初穂料などを渡す際に、もう一つ注意したい点があります。

それはのし袋はそのままカバンに入れず、「ふくさ」などに包んでおくことです。

冠婚葬祭では金品を何も包まずに、直接手渡しするのはマナー違反。そのためのし袋をふくさで包み、ここから出して渡すのが正しいマナーとなります。

戌の日はハレの日ですので、赤・金・紫などのおめでたい色のふくさがおすすめ。冠婚葬祭で使えるものなので、もしなければこの機会に購入しませんか?

関連記事:

安産祈願を願って!

学が発達した現代においても、女性にとって出産は命がけ。また生まれてくる子供が元気であるようにと願うのは、昔も今も変わらないですよね。

戌の日のお参りは、そんな安産祈願を願うもの

ただし安静が求められる状態でしたら、無理をせず体調の回復を最優先しましょう。

妊娠5ヶ月になった頃に体調が安定していたら、戌の日のお参りへ行って、健やかで元気な赤ちゃんが生まれることを願いたいものですね。