月下美人の花言葉や名前の由来。開花時期や花の特徴は?

最終更新日: | 植物 | , ,

屋やガーデニングで見かけるお花は、名前が分からなくても美しい花ばかり。

一方で美しい名前の花もあり、名前のイメージと実際の花と見比べる楽しみもあります。

そんな美しい名前の花の一つとしてあげられるのが「月下美人」。どんな花が咲くのかも気になりますし、名前にふさわしい花言葉があるのかも気になりますね。

そこで、月下美人の花言葉と、どんな花なのかをご紹介するので、ぜひ覚えてくださいね!

スポンサーリンク

月下美人の花言葉とは

花言葉も美人

月下美人の花言葉は、次の6つがあります。

  • ただ一度だけ会いたくて
  • 秘めた情熱
  • はかない美
  • はかない恋
  • 繊細
  • あでやかな美人

これらの花言葉は、月下美人が持つ様々な言い伝えが由来となっています。

月夜に一度だけ咲く

月下美人の言い伝えで特に有名なのが、
「一年に一度・満月あるいは新月の夜にしか咲かない」
…というもの。

このイメージから生まれたのが、「はかない恋」「はかない美」という花言葉。

「繊細」という花言葉も、一年に一度という言い伝えから名付けられました。

一度きりだからこそ

一方で一度きりしか咲かない事を、強い意志を秘めた花だと例える場合もあります。

「ただ一度だけ会いたくて」という花言葉は、恋心を叶えたいという強い意志の表れ。また「秘めた情熱」という花言葉も、一度だけ咲く様子を表したもの。

更に月下美人の花の美しさから、あでやかな美人にも例えられています。

一度きりの花をはかないものと取るか、内に強い心を秘めていると取るか。

同じ月下美人の花ですが、解釈で花言葉が変わるのも面白いですね。

スポンサーリンク

月下美人とはどんな花?

開花時期と特徴は

様々な言い伝えがある月下美人ですが、実際はどんな植物なのでしょうか。

月下美人はサボテン科クジャクサボテン属の多肉植物で、原産地はメキシコを中心とした中南米一帯。昆布のようなうねりのある平らな葉のようなものと、細長い鞭のような茎を持つ特徴があります。

平らな葉の様なものは「葉状茎」という茎の一種で、これが2mぐらいになると先端に花が。

開花時期は6月から11月頃で、直径20センチ程度の強い香りを持つ白い花を咲かせます。

夜に咲く花

月下美人はその名の通り、夜に開花し、朝方には散ってしまう特徴があります。

夜開花するのは、受粉に夜行性のコウモリを介するから。強い香りを持つのも、コウモリを呼び寄せるためなんですよ。

また一度きりしか咲かないと言われてはいますが、実際は開花時期内に2~3度咲くことも。栄養状態が充分であれば、新たなつぼみが開花します。

最初の開花を見逃しても、運が良ければ再び開花を見られるかもしれませんね。

□月下美人の開花映像(高速再生)

*一晩で咲く花なので、ゆっくり観察することも可能ですよ。

なぜ「月下美人」というの?

月下美人という詩的な名前の由来には、いくつかの説があります。

その一つが、すでに説明した「新月・満月の夜にしか咲かない」という言い伝えから。実際は夜に咲くというだけで、満月・新月は関係ありません。

その他の説で有名なのが、「昭和天皇が名付けた」という説です。

昭和天皇がまだ皇太子だった時代に、台湾で月下美人を見て名前を尋ねられました。それに対して、当時の台湾総統・田健次郎氏が次のように答えました。

「これは月下の美人であります」

その回答が広まり、植物学者の間でも「月下美人」と呼ばれるようになったと言われてるんですよ。

外国でも月下美人?

ちなみに月下美人の英名は、

  • Dutchmans pipe cactus(オランダ人のパイプ)
  • A Queen of the Night(夜の女王)

の2つ。

前者は伸びたツルを、パイプに例えたもの。

後者は夜に香り高い白い花が咲く様子を、夜の女王に例えているんですよ。

美人は美味しい

月下美人の花は、夜に咲いて朝には散ってしまうもの。散るといっても花が落ちてしまうのではなく、葉状茎の先端でしおれた状態で残っています。

実は月下美人の花は食べることが可能なんです。咳止めの薬としても用いられてきました。

台湾では開花した花をスープに入れたり、しぼんだ花を炒めものに入れる事も。また花びらを茹でて、おひたしにして食べる方法もあります。

ただし観賞用の月下美人は農薬が使われているので、自分で育てた花を食べるのは危険。食べたい場合は台湾料理のお店で注文するか、食用の品種を無農薬で育てていただきましょう。

はかなく美しい

下美人は夜に白く美しい花を咲かせ、朝には散ってしまう特徴があります。

花言葉にも、はかなさや一途さといった、花の特徴が強く現れています。

神秘的な花の様子から、様々な伝説を持つ月下美人。実際の花とは違う部分もあるのですが、白い花を見ると本当に思えてくる魅力も。

花を見かける機会が少ない月下美人ですが、もし見かけたら美しさを堪能したいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

淡く可憐なコスモスの花言葉とは?開花時期や色による違いもご紹介!

https://youtu.be/-UfAo-AEn68 秋が近づくと河原や庭先などで見かける

記事を読む

色によっても変わる!パンジーの花言葉とは?ビオラとの違いは何?

花にあまり詳しくない人でも、冬になると見かける花には心が和むのではないでしょうか。 冬の花

記事を読む

希望的な花言葉を持つお花には何があるの?おすすめ6選!

https://youtu.be/b3u2nrKeeyQ 鉢植えや花束・プリザーブドフラワーな

記事を読む

ポインセチアの育て方!冬でも長持ちさせるコツは?

クリスマス近くになると、いたるところで見かけるポインセチア。 戴いたり、買ったりしたことのある

記事を読む

ゆり(百合)の花言葉は色や種類によって違うの!?開花時期はいつ?

https://youtu.be/w0bSmr6MBwY 豊かな香りと見応えのある姿の「ゆり(

記事を読む

ザゼンソウ(座禅草)の花言葉とは?有名な群生地はどこにある?

寒い冬を家で過ごしていると、春が近づくにつれて自然と触れ合いたくなりませんか。 身近な植物で春

記事を読む

ライラックの花言葉は何?白・紫・赤・ピンクの色による違いは?

5月半ばごろに札幌を訪れると、街なかでもふわりと花の香を感じることがあります。 どこか

記事を読む

早春に咲くクロッカスの花の由来とは?色による花言葉の違いは何?

寒い季節になると街角の緑が少なくなり、花が咲く春が待ち遠しくなります。そんな寒い時期にいち早く咲くク

記事を読む

体にも自然にも優しい、虫除け効果のある植物おすすめ4選!

夏が近づくにつれて、窓を開けて開放的に過ごす時間も増えますよね。 外の空気は気持ち良いですが、

記事を読む

春の花といえば何?開花時期や花言葉は?漢字ではどう書く?

春になると寒い冬が我慢できなかったとばかりに、様々な美しい花が開花します。 赤・白・ピンク・黄

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

人気の高いみかんの種類や特徴とは?美味しいみかんの選び方もご紹介!

寒くなると出回りだすみかんは、冬に欠かせない果物の一つ。ビタミ

千歳の支笏湖氷濤まつり2018年の日程と見どころ!花火の時間は?

冬の北海道と言えば、凍えるような寒さと雪が特徴的。そしてこの雪や寒さを

旭川冬まつり2018年の日程と見どころ!花火はいつ?ゲストも楽しみ!

北海道の冬は雪が多く、それらを活かしたイベントも多く行われています。

層雲峡氷瀑まつり2018年の日程や見どころ!花火の時間は?

冬は寒くて外出を控えがちですが、だからこそ楽しめる光景がたくさ

固い鏡餅の簡単な切り方!切ったあとの保存方法はどうする?

お正月飾りに欠かせない鏡餅は、最近では真空パックの商品を飾るこ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑