赤ちゃんと動物園で過ごす

が子には様々な体験や経験を通じて、心豊かな人間に成長して欲しいと願いもの。そしてできれば健康であって欲しいと思うのは、親心として当然ですよね?

実は赤ちゃんのうちに体験してほしいことの一つに、「動物園デビュー」があります。

動物に触れ合うことの楽しさもそうですが、実は健康面でもメリットがあると言われているんですよ!

そこで、
 

  • 赤ちゃんを動物園に連れていくと良い理由
  • 動物園デビューはいつからがいいの?
  • 動物園で気をつけることは?

といった内容についてご紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

赤ちゃんを動物園に連れていくと良い理由

免疫力アップ

赤ちゃんの動物園でのふれあい

ちゃんを動物園に連れていくと良い理由として、免疫力アップの手助けになることが挙げられます。

生まれたての赤ちゃんは免疫力がなく、母乳から免疫力を分けてもらっています。この免疫力は生後6ヶ月前後にほぼ消失し、その後は雑菌を通じて免疫力を高めていく必要があるんです。

しかし雑菌に触れることは、様々な病気になる可能性も高まってしまいます。

そこで活用して欲しいのが、「病気にならない程度に菌やウイルスが多い場所」なんです。

動物園では衛生管理は行なわれていますが、動物の毛やフンがある関係でやや雑菌が多い場所。また動物も毎日お風呂に入るわけではないため、体毛などに雑菌が存在しています。

そういう場所に出かけることで、低リスクでありながら免疫力を高めることが可能になるんですよ

アレルギーになりにくい

免疫力を高めるために動物に触れ合うと、アレルギーになりにくと言う考え方があります。

実は小さい頃から動物に触れる生活をしていると、アレルギーになりにくいという調査結果があるんです。また極端に清潔な環境よりも、多少雑菌がいる環境のほうがアレルギーになりにくいという結果もあります。

一方でアレルギー軽減の関係を疑問視するデータもあり、絶対ならないというものでもありません。

免疫力が高まればアレルギーにも強くなるかも、と考えたほうが気持ちが楽になりますよ。

動物という存在を知ること

新生児の環境には、両親・兄弟しか居ないことがほとんど。しかし成長する過程で、家族以外の人間や動物がいることを学ぶ必要もあります。

動物園はたくさんの動物や見物客がいるため、学ぶ場として最適。

世の中には多種多彩な人や動物が居ることを、自然と赤ちゃんは記憶できるんですよ!

動物園デビューはいつからがいいの?

動物園のしろくま

タイミングは6ヶ月以降

赤ちゃんを動物園に連れていくタイミングですが、母親経由の免疫力が切れると言われている6ヶ月以降がおすすめ

この頃からコツコツとさまざまな環境に触れる事で、ゆっくり確実に免疫力が高められます。

ただし産まれた季節によっては、真冬や真夏にあたることも。そういう時は無理をせず、過ごしやすい気候になってから行くようにしましょう。

免疫力アップを目的とするなら、大体1歳頃までに行けば大丈夫。行かなければならないではなく、行ったほうが良いと気楽に考えましょう

スポンサーリンク

動物園で気をつけることは

アレルギーを持つ子に無理をさせない

免疫力を高めることで、アレルギーになりにくい子供になるという調査結果はたしかにあります。

しかし既にアレルギーを発症している子供の場合、かえってアレルギーをひどくする可能性も。動物の毛でアレルギーが出る子ももちろんですが、食物アレルギーのある子も要注意。

動物園に連れて行く前にお医者様に相談し、無理のない範囲で動物園デビューを考えましょう。

暑さ・寒さ対策を

気候が穏やかな時期を選んで動物園に行っても、照り返しなどで暑く感じられることが。また風が強い日は寒く感じることもあり、動物園は暑さ・寒さを感じやすい場所

暖かい日でも寒さ対策を忘れず、また熱中症対策に帽子や飲み物はつねに準備しましょう。

それとアルコールタイプのウェットティッシュがあれば、動物に触った後などに重宝しますよ!

長時間過ごさない

せっかく動物園に来たのだから、園内全てを巡りたくなりますよね。また赤ちゃんにたっぷり動物を見せて、楽しい一日を過ごしたいもの。

しかし赤ちゃんの免疫力は今が成長期で、長く過ごすことは多くの雑菌に触れることに。体調の事を考えたら、初めての動物園は1時間程度で切り上げるとより安心です

動物園のさるたち

【関連記事】

赤ちゃんと楽しい動物園!

ちゃんのうちに動物園に連れて行くことは、さまざまなメリットが存在します。

まず動物園という環境にいることで、免疫力を高める効果が。さらには動物を見て触れる事で、赤ちゃんの世界が一気に広がります

もしかしたらずっと寝ているかも知れませんが、それでも音で動物の存在を認識することもありますからね。

赤ちゃんの健やかな成長のためにも、楽しく素敵な動物園へぜひ遊びに行きましょう!