近は季節を問わずアイスを食べる人も多いですが、やはりアイスは暑い季節がよく似合います。

定番のバニラやチョコも美味しいですし、様々なメーカーから出る季節限定フレーバーも気になりますよね。

そんなアイスのパッケージを見ると、「アイスクリーム」だけでなく、「ラクトアイス」「アイスミルク」という表示があるものも。

どれもアイス売り場にあるものですから「アイス」には変わりありませんが、実際のところどう違うのでしょうか。「アイスの違い」を良くわからないので食べていた人も多いかもしれませんね。

そこで、
・アイスクリームとアイスミルクとラクトアイスの違い
・氷菓はどう違う?
・食べるならどのアイスがいいの?

といった内容についてご紹介します。

ぜひ購入するときの参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

アイスクリーム・アイスミルク・ラクトアイスの違いは?

アイスクリームとは

一般的にミルクが入った冷たいデザート全体を、アイスクリームと呼ぶ傾向があります。

しかし食品衛生法では、「アイスクリーム」を名乗るには条件を満たさなければなりません

食品衛生法では、アイスクリームは次の条件を満たすものとしています。

乳固形分15.0%以上、うち乳脂肪分8.0%以上

乳固形分とは、乳製品のうち水分を除いた成分のこと。乳脂肪分は乳固形分に含まれる脂肪のことで、乳脂肪分を集めるとバターになるんですよ。

市販のアイスクリームの代表格と言えば、なんといっても「ハーゲンダッツ」

その他ですと「MOW」「牧場しぼり」のバニラ味「LadyBorden」「31アイスクリーム」が該当します。

アイスミルクとは

アイスミルクは食品衛生法において、次の条件を満たすものとしています。

・乳固形分が10.0%以上、うち乳脂肪分が3.0%以上

乳固形分などの比率からみて、アイスミルクはアイルクリームとラクトアイスの中間の存在。

アイスクリームほど濃厚ではないけれど、ラクトアイスほどあっさりしすぎない味わいが楽しめます。

市販製品で言えば、「牧場しぼり」「MOW」のバニラ以外のフレーバーがアイスミルク。また「チョコモナカジャンボ」「モナ王」の、2つのモナカアイスがアイスミルクの分類となっています。

ラクトアイスとは

ラクトアイスは食品衛生法において、次の条件を満たすものとしています。

・乳固形分が3.0%以上(乳脂肪分の定義は無し)

ラクトアイスに関しては、乳脂肪分の量が問われません。

また乳固形分が少なくて良い分、他の材料を使ってたっぷり食べごたえを出せる特徴が。そのため濃厚なミルク風味が苦手な方でも、比較的食べやすい特徴があります。

市販品ですと、「爽」「クーリッシュ」がラクトアイスの代表格。また「エッセルスーパーカップ」も、ラクトアイスに含まれます。

ちなみに氷菓とは?

氷菓は

アイスコーナーの商品の中には、「氷菓」と書かれているものがありますよね。

氷菓は食品衛生法において、乳固形分が3.0%未満の商品のこと。

ラクトアイスからは「アイスクリーム類」という扱いになりますが、氷菓はアイスクリームには含まれません

市販品の氷菓では、「ガリガリ君」「あずきバー」が特に有名。他にも沢山ありますが、代表的なものを一つあげると「アイスの実」が氷菓に該当します。

スポンサーリンク

食べるならどのアイスがいいの?

味わいで選ぶなら

アイスはどれも美味しいですが、それぞれ味わいに特徴があります。

・アイスクリーム
乳脂肪分が豊富なので、ミルク感の強い濃厚な味わいが楽しめる。

・アイスミルク
ある程度のミルク感があるが、アイスクリームほど濃厚ではない。

・ラクトアイス
ミルク感はあるが、後味がさっぱりしている。

そのため、

  • 濃厚なバニラアイスが食べたいときは・・アイスクリーム
  • 少し軽めのバニラアイスや、チョコ・抹茶などのフレーバーが食べたいなら・・アイスミルク
  • 後味がさっぱりとしたバニラアイスが食べたいときは・・ラクトアイス

をそれぞれ選ぶと安心ですね。

健康的に食べたいなら

健康面からアイスを見た場合、乳脂肪分に注目しましょう。

「アイスクリーム」には乳脂肪分が8.0%以上と、実は牛乳(乳脂肪分3.0%以上)より豊富。その分ややカロリーも高くなるため、食べ過ぎには要注意です。

一方で「ラクトアイス」は乳脂肪分3.0%以上で、乳脂肪分だけで見るとローカロリーです。しかしその分、風味を出すために植物性油脂を使用している商品が多く、結果的にカロリーも高くなりがちです。またそうした脂の摂りすぎは体にあまり良くありません。

「アイスミルク」に関しても同様で、乳脂肪分もありながら植物性油脂を使用している商品もあります。ただカロリーはアイスクリームやラクトアイスよりも幾分低くなりますね。

いずれも少量食べるなら気にするほどではありません。

ただ健康面を考えると、植物性油脂が多く使われていてカロリーの高いラクトアイスよりは、アイスクリームの方がおすすめと言えますね。

違いをまとめると・・

最後にそれぞれのアイスの特徴や違いをまとめると、次の通りです。

ぜひ参考にしてくださいね。

  アイスクリーム アイスミルク ラクトアイス
条件 乳固形分15.0%以上
うち
乳脂肪分8.0%以上
乳固形分10.0%以上
うち
乳脂肪分3.0%以上
乳固形分3.0%以上
味の特徴 ミルク感の強い濃厚な味わい ある程度のミルク感があるがアイスクリームほど濃厚ではない ミルク感はあるが後味がさっぱりしている
カロリーの高さ 少し高め 一番低い 一番高い
健康面のおすすめ度(※1)
代表的なアイス商品
  • ハーゲンダッツ
  • MOW
  • 牧場しぼりのバニラ味
  • LadyBorden
  • 31アイスクリーム
  • 牧場しぼり
  • MOWのバニラ以外のフレーバー
  • チョコモナカジャンボ
  • モナ王
  • クーリッシュ
  • エッセルスーパーカップ

※1 どのアイスにおいても、あくまで食べ過ぎは良くありません。

尚、氷菓は乳固形分が3.0%未満のものであり、アイスクリームではありません。氷菓の代表的な商品は、「ガリガリ君」・「あずきバー」・「アイスの実」などになります。

関連記事:
アイスクリームはダイエットに最適?効果の高い食べ方は?
アイスクリームの日の由来とは?どんなイベントがあるの?

表示を見て購入しよう

スーパーなどのアイスクリーム売り場には、たくさんのアイスが並んでいます。

一見するとどれも同じアイスに見えますが、パッケージにはしっかり表記が

濃厚な味わいのアイスクリームに、あっさりした味わいのラクトアイス。ミルクの味わいとさっぱり感の、いいとこ取りのアイスミルク

パッケージの表記をしっかり確認して、食べたい「アイス」を購入しましょう!