かぼちゃはダイエット向きの食材?栄養・効果とおすすめの食べ方!

| 飲食 | , , , ,

イエット時には運動とともに、野菜を中心としたバランスのよい食事を取ることが大切です。

しかし野菜の中心の食事にする場合、色合いや食感などからちょっとしたアクセントにもなっておすすめなのが「かぼちゃ」です。

甘くて美味しいかぼちゃですが、その甘さからダイエットに向いてないと思いがち。実際はどうなのか気になりませんか?

そこで、
・かぼちゃの栄養と効果
・かぼちゃはダイエット向きの食材か
・ダイエットに効果的なかぼちゃの食べ方

を紹介するので、ダイエットのサポートにぜひ活用してくださいね!

スポンサーリンク

かぼちゃの栄養と効果

100gあたりの栄養は

まずはかぼちゃの、100gあたりの主な栄養を紹介します。

栄養素 栄養価
カロリー 91kcal
ビタミンA 330μg
ビタミンB1 0.07mg
ビタミンB6 0.22mg
ビタミンC 43mg
ビタミンE 4.9mg
ビタミンK 25μg
カリウム 450mg
マグネシウム 25mg
0.5mg
食物繊維 3.5g

かぼちゃは重量のある野菜ですが、100gは、種と皮を取り除いた1/8個程度の重さ天ぷら用のスライス1つがおよそ20gといえば、想像しやすいかもしれません。

そんなかぼちゃですが、各種ビタミンをバランス良く取れる特徴が。またミネラルや食物繊維も取れるため、ダイエット時に食べたい野菜の一つと言えますね。

かぼちゃの効果

かぼちゃを食べることで、期待できる効能を紹介します。

抗酸化作用

かぼちゃに含まれるビタミンEは、若返りのビタミンとも呼ばれるもの。老化の原因につながる活性酸素を抑える、抗酸化作用に強い影響を持つからです。

またビタミンAにも抗酸化作用があるので、健康的な体つくりには嬉しいですね。

お肌を元気に

ビタミンAには抗酸化作用の他に、お肌を元気にする作用があります。またビタミンCには美白効果と、モチモチ肌に欠かせないコラーゲンを生成しやすくする働きが。

そのためお肌の調子が良くない時に食べると、自然と健康的なお肌へと回復しやすくなります

むくみ改善

カリウムには、血中内の不要なナトリウムを排出する働きがあります。

ナトリウムは水分を保持しやすい特徴があり、実はこれがむくみの原因の一つ。ナトリウムとともに余計な水分も排出されるため、むくみがちな体がすっきりします

便秘改善に

かぼちゃに含まれる食物繊維は、腸内の老廃物を排出しやすくする作用が。

そのため便秘改善にもつながり、老廃物がなくなることでダイエット効果も期待出来るんですよ。

かぼちゃはダイエット向きなのか?

カロリー以上に魅力的

かぼちゃで気になる点といえば、カロリーのこと。確かに100gあたりのカロリーは91kcalと、野菜の中では比較的カロリーは高めです。

しかし他の食事、特にご飯の量を注意すればカロリーの点は大丈夫。ご飯茶碗一杯分(約150g)のカロリーが、約250kcal。ご飯を減らしてその分かぼちゃを食べるようにすれば、実はカロリーが抑えられるんです

しかもご飯を控えめにしてかぼちゃを食べると、ご飯にはないビタミンや食物繊維が摂取可能。食物繊維は腹持ちを良くしてくれる効果もあるので、間食を減らせる効果も期待できます。

かぼちゃはカロリー以上に栄養面でメリットがあるので、ご飯を少し控えめにしてぜひダイエットに活用したい野菜ですね!

スポンサーリンク

ダイエットに効果的なかぼちゃの食べ方

砂糖控えめの煮付け

かぼちゃの食べ方でおなじみなのが、甘い煮付け。しかし砂糖たっぷりの煮付けは、ダイエット時には控えたいもの。

そこで砂糖を使わない、ダイエット向きのかぼちゃの煮付けを紹介します。

□材料

  • かぼちゃ 1/4個
  • 水    200cc
  • 醤油   大さじ2
  • 酒    大さじ2

□かぼちゃの煮付けの作り方

  1. かぼちゃは種を取り除き、食べやすい大きさに切ります。
  2. 鍋に水・醤油・酒・かぼちゃを入れ、火にかけます。
  3. 沸騰したら弱火にします。
  4. 落し蓋を落として煮ます。
  5. かぼちゃに串を刺して中まで通ったら、火を止めてそのまま冷まして完成!

□かぼちゃの煮物

*甘みが足りないと感じる場合は、みりんを小さじ1程度加えるとコクと自然な甘みがプラスされます。

作り方のポイントは落し蓋をすること。これで少量の水分でも味がしみやすくなります。また火を止めて覚めるまで置くことで、かぼちゃに更に味が染み込みます。

落し蓋が無い場合は、鍋の大きさに合わせたアルミホイルでもOK。薄味なのにかぼちゃの甘みがしっかり出て、冷めても美味しいのでお弁当のおかずにもピッタリです。

また裏ごししてサラダの具にしたり、牛乳でのばしてポタージュにしても美味しいですよ!

参考記事:海外はお祭り!冬至とはいつ?食べ物や楽しい風習も紹介!

甘いかぼちゃを効果的に!

ダイエットでは間食を控える関係で、甘いものはダメなイメージがあります。そんな時にかぼちゃを食べれば、甘さも味わえる上に栄養面でのサポートも可能です。

しかもかぼちゃは食物繊維のおかげで腹持ちがよく、各種ビタミンが豊富。カロリーを気にする方も多いかもしれませんが、ご飯を控えめにすれば大丈夫です。

甘くて美味しいかぼちゃを積極的にダイエットに取り入れて、健康的なスタイルを目指しませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

もやしは栄養効果抜群!加熱や水洗いはどうする?

給料日前で、ちょっとピンチなときに、お買い得なもやしは、助かりますよね。もやしは、一袋でも量

記事を読む

冷え性に抜群!乾燥生姜の驚くべき効能とは?作り方と保存方法も紹介!

女性の体の悩みで多く聞かれるのが、真夏でも体が冷えてしまう「冷え症」です。 エアコンの効いた室

記事を読む

甘くて美味しい!パイナップルの栄養効果とは?カロリーはどう?

https://youtu.be/p8JcVzbd9Zg 南国のフルーツと言われると、あなたは

記事を読む

ココアの冷え性改善効果は抜群!ダイエットにも良い飲み方とは?

寒い冬になると飲みたくなるのが、甘い香りと味がほっとするココアです。 コンビニのホット

記事を読む

盛岡冷麺と韓国冷麺それぞれのカロリーは?おすすめレシピも紹介!

焼肉屋では美味しいお肉の他にも、サイドメニューに冷麺も楽しめますね。 特に冷麺は麺の弾力と喉ご

記事を読む

枝豆(EDAMAME)の美味しいゆで方!美味しさの秘密は何?

居酒屋の「お通し」で出されたり、定番メニューとしてもおなじみの枝豆。 冷凍の枝豆も販売されてい

記事を読む

余った時に作りたい!餃子の皮を使ったアレンジレシピおすすめ5選!

餃子を家庭で手づくりする時、足りなくならないように皮を多めに用意する方は多いのではないでしょ

記事を読む

ビフィズス菌と乳酸菌の違いとは?どんな食品に含まれてるの?

市販のヨーグルトのパッケージを見てみると、「乳酸菌」配合、また「ビフィズス菌」配合とあるのをよく

記事を読む

簡単にできるグレープフルーツの皮の剥き方。レシピもご紹介!

グレープフルーツは、栄養価も高く、とても美味しい果物。 ですが、その一方で食べるにはち

記事を読む

ほうじ茶の効能と健康に良い効果とは?飲むなら朝と夜のどっち?

和食を食べた後には、やはり日本茶が飲みたくなります。ほのかな苦味と甘味の緑茶も良いですが、香ばしい香

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

黒糖に含まれる栄養とカロリーは?効果的な摂取方法もご紹介!

料理やお菓子に欠かせない砂糖は、健康のことを考えるとあまり摂り

体や心に良いジャスミン茶の効果とは?おすすめの飲み方も紹介!

毎日口にすることの多いお茶は、香りで選ぶという人が多いのではな

健康にも美容にも!ルイボスティーの効果とおすすめの飲み方!

毎日の生活でホッとしたいときに、ふと飲みたくなるのがお茶。おな

高血圧気味の方におすすめの飲み物5選!飲料を選ぶポイントは?

高血圧を放置すると、動脈硬化や脳梗塞・心筋梗塞を引き起こす可能性が

DHAとEPAの違いとは?健康に優れたその効能と効果的な摂り方は?

毎日の食事では、お肉・野菜・魚・穀物などをバランスよく食べるこ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑