「おしゃれは足元から」という言葉もあるように、メンズのコーデにおいて重要なポイント。せっかくのコーデも足元がいつものスニーカーや革靴では、同じような印象になってしまいます。

そんな時に活用したいのが、実用性抜群で種類も豊富なブーツ

メンズにとっても様々なコーデで活用できるブーツは、何足あっても困らないアイテムです。

今回は、メンズ向けのブーツの種類と名前、そしてコーデで活用する際のポイントを紹介します!

スポンサーリンク

メンズ向けブーツの種類と名前

ワークブーツ(ラインマンブーツ)

ワークブーツは厚底で丈夫な作りのブーツの総称で、メンズブーツの定番アイテム。労働者が履いていたブーツが元になっているため、シンプルな中にもかっこよさが光ります。

無骨なデザインのブーツを、まとめてワークブーツと呼ぶこともあります。その中でも靴紐で編み上げるタイプは、ラインマンブーツと呼ぶことが。

ラインマンとは「電線工」のことで、電柱間に電線を張る電気工が履いていた靴が名前の由来。頑丈さと動きやすい靴紐のグリップ感は、安全に作業できるためのものだったんですよ。

ワークブーツ・ラインマンブーツのコーデは、やはりカジュアルファッションがおすすめ。特にジーンズ・Tシャツ・ジャケットといったコーデと合わせると、絶妙のかっこよさが生まれますよ。

エンジニアブーツ

エンジニアブーツはワークブーツの一種で、1930年台にアメリカで生まれたブーツです。

ラインマンブーツと違って靴紐がありませんが、これは靴紐が機会に巻き込まれる事故を防ぐため。足の甲のベルトでホールド感を出しますが、ここがデザイン上のアクセントとなっています。

エンジニアブーツもカジュアルスタイルによく合いますが、ベルトのアクセントで上品に仕上がります

チャッカブーツ

チャッカブーツは、くるぶし丈で靴紐の穴が2~3組あるのが特徴のブーツで、革靴に近い履き心地となります。

名称の由来はイギリス発祥のスポーツ「ポロ」で、履いていたブーツだからという説が有力。

ちなみにチャッカとは「ポロ」の競技時間を指す言葉で、1回のチャッカは約7分間となります。

チャッカーブーツは革靴に近いテイストということもあり、きれいめカジュアルにピッタリ。ジャケットやポロシャツ・チノパンと合わせても、ジーンズとも合うので1足あると便利です。

ウエスタンブーツ

ウエスタンブーツは、カウボーイが履いていた靴がルーツで、尖ったつま先と独自のデザインが施されたブーツ。革製品が多いため長く愛用でき、時間経過で変わっていく革の風合いを楽しめる特徴もあります。

コーデに関しては、ワイルドさの出たカジュアルコーデとの相性抜群。デザインが服装と合わせにくいと感じるようなら、ショート丈を選ぶとアクセントになって素敵です。

スポンサーリンク

ペゴスブーツ

ウエスタンブーツをベースに、現代的にアレンジしたのがペゴスブーツ

ウェスタンブーツの丈夫さも兼ね備えているため、こちらも長く楽しめる1足となります。

コーデに関しては洗練されたデザインのおかげで、幅広いファッションに合わせやすい特徴が。ジーンズもいいですしチノパンにも合うので、きれいめファッションの「外し」にいかがですか?

カントリーブーツ

カントリーブーツは、イギリスの貴族が田舎で過ごす際に使用したブーツが元になったもの。

ワークブーツに似ていますが、洗練されたデザインで見た目が美しい特徴があります。しかも貴族のアウトドア用に作られた靴なので、頑丈さもあって長く愛用出来るんですよ。

コーデに関しては、ブリティッシュテイストを意識するとより美しい印象に。トレンチコート・ジャケット・チノパンなどのシンプルな組み合わせで、スッキリ仕上げましょう。

サイドゴアブーツ

サイドゴアブーツは、ショート~ミドル丈のブーツで、サイドにゴムのストレッチ素材のラインが入ったもの。このストレッチのおかげで、とても履きやすくブーツの締め付けが苦手な方でも気軽に楽しめます。

特にショート丈は革靴に近い履き心地のため、通勤で履いている人もいるほどです。

コーデに関しても靴自体がシンプルなものが多いため、様々な服装にぴったり。ラフなスタイルからきれいめカジュアルまで受け入れるので、1足あると便利ですよ!

履きこなして魅力アップ!

関連記事:レディース向け人気ブーツの種類と名前を紹介!コーデのポイントは?

女性用の靴に比べると男性用の靴は、基本的な形が同じなので変化がつけにくい部分があります。

しかしその中でもブーツはデザインが豊富で、また革靴のように「長く愛用する楽しみ」もある靴。長く愛用出来るのでコーデの軸にしやすく、そこから服を揃える楽しみも生まれてきます。

カジュアルなイメージが強いブーツですが、一方でジャケットスタイルにも合うものも。様々なブーツを履きこなして、魅力ある男を目指しませんか?