差しが強くなる夏に向けて、紫外線対策をと考える人は多いかと思います。

そのためにUV効果のある商品を購入しようとすると、表示に「UVA」「UVB」という文字が。

UVは紫外線の事ですが、その後に続く「A」と「B」には実は大きな違いが。しかも知らないでいると、いつの間にかお肌にトラブルを抱えることになるかも知れませんよ!

そこで、UVAとUVBの違いについてまとめたので、肌対策の参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

UVA(紫外線A)とは

大半を占める紫外線

紫外線(UV)を分類すると、波形の違う三種類の紫外線に分類されます。

このうち、最も波形の短いUVCは、ほとんどがオゾン層で弾かれるので気にしなくて大丈夫です。

残り2種類のうち、地表に最も多く届くのが、UVAと呼ばれる一番波形の長い紫外線

UVAの特徴は、オゾン層や障害物などを簡単にすり抜ける性質を持つこと。そのためエネルギー自体は弱いのに、地表に届く紫外線の90%をUVAが占めているんですよ

奥まで届く

UVAをお肌に浴びても、すぐに分かるような変化は現れません。しかしUVAは、お肌の奥の「真皮」まで入り込みやすい特徴を持っています。

真皮には美肌の元である、コラーゲン・ヒアルロン酸などを生み出す細胞が存在しています。

ところがUVAは真皮まで届くと、この細胞にダメージを与えることに。

その結果、お肌の潤いや弾力が失われやすく、シワ・たるみの出来やすい肌になるんですよ。

屋内まで届く

屋外に出るときは紫外線対策をする一方で、屋内だと適当になっていませんか?

実はUVAはガラス窓をすり抜けやすく、屋内まで届きやすい性質が。

そのため部屋で過ごしていても、いつの間にかUVAがお肌にダメージを与えてしまいます。

また天気が曇りの日でも、UVAは雲をすり抜けて地表へ

しかも季節を問わないので、日差しの強い夏以外も紫外線対策は重要なんですよ。

対策は

UVA対策で大切なことは、浴びる量をできるだけ減らすこと。

そのためUVA対策として、日焼け止め効果のある化粧品を日常的に使用することが重要です

その他では、
窓ガラスをUVカット商品にする
・UVカット効果のあるレースカーテンを窓に取り付ける
…といった対策も。

季節や屋外・屋内を問わず、常にUVAを意識して対策を行いましょう。

スポンサーリンク

UVB(紫外線B)とは

地表に届くのは少量

UVBは地表に届く紫外線のうち、約10%を占める紫外線

季節によってその量は変化し、特に7・8月に増える傾向があります。波形はやや短いため、オゾン層や雲・ガラス窓に弾かれやすい特徴が。

またお肌の奥までは届きにくく、大半は表皮や中間部分までしか届きません。

日焼けの原因に

紫外線による日焼けと言われると、お肌が赤くなってヒリヒリする症状を想像しますよね。

これらの症状はUVBを浴びた影響で、しかも短時間でお肌にダメージを与えやすい特徴をもちます。

また表皮にダメージが加わると、その部分にメラニン色素ができてしまいます。その結果、シミ・ソバカスが出来やすい肌となり、日焼けのダメージと重なって回復が遅れることも。

更に皮膚がんリスクも高まるため、UVB対策はUVA対策と同様に重要なんですね。

肌を出さない

UVB対策で重要なのは、日差しを直接肌に浴びないこと。

日焼け止めはもちろんですが、日傘帽子・パーカー長手袋などでお肌を出さない事も大切です。

その他には目も日焼けしやすいので、UVカット効果のあるメガネやサングラスも着用しましょう。

UVAとUVBの違いのまとめ

最後に、UVAとUVBの違いについてまとめましたので確認しておいて下さいね。

■UVA

  • 地表に届く、90%以上の紫外線がUVA
  • 波形が長く、オゾン層・雲・ガラス窓などをすり抜けやすい性質を持つ
  • 肌の奥にある真皮まで届き、コラーゲンなどを作り出す細胞にダメージを与える
  • 短期間で分かるようなダメージは出ないが、長期的に肌を衰えさせるダメージが出る
  • 季節を問わず存在するため、毎日欠かさずUV対策を行う必要がある

■UVB

  • 届く量は少量だが、肌が赤くなる・ヒリヒリするなど日焼けを引き起こす原因となる
  • 特に7月・8月に量が増える
  • メラニン色素を増やす原因でもあり、シミ・ソバカスを引き起こす
  • 皮膚がんリスクが高まる原因の一つ。
  • 日焼け止めはもちろん、日差しを直接肌に浴びない対策が必要

毎日の対策を

関連記事:
紫外線吸収剤不使用の日焼け止めは敏感肌でも安心!おすすめは?
紫外線対策に有効なおしゃれグッズとは?選ぶポイントも紹介!
日焼け止めの効果的な塗り方とは?塗る順番や量はどれくらい?
紫外線が髪に与える影響とは?髪へのUV対策はどうする?

紫外線対策は夏のみ・屋外のみと思っていると、後で思わぬ影響が出かねません。

屋内まで届く上に、肌の奥まで届いてじわじわダメージを与えるUVA

短期間で判りやすいダメージを与える上に、皮膚がんリスクを高めてしまうUVB

どちらも怖いですが、毎日の紫外線対策を意識すればお肌を守ることは可能です。

それぞれの紫外線の違いを理解した上で、毎日使う化粧品やお出かけアイテムを選びましょう!