節の移り変わりを表現する言葉は様々ですが、実は全国的でない言葉もたくさんあります。

例えば「春一番」や「木枯らし一号」は、本州・特に関東地方で使われるもの。

そういった地域に根付いた言葉の中に、北海道で使われる「リラ冷え」という言葉が。

「冷え」というからには寒さに関係する言葉なのでしょうが、その意味が気になりませんか?

そこで、
・リラ冷えとは
・リラ冷えの語源
・北海道以外にリラ冷えはないのか

について紹介するので、北海道に行ったつもりで覚えましょう!

スポンサーリンク

リラ冷えとは

5月頃の寒さ

ラ冷えとは、北海道で使われる気象用語。主に5月中旬~下旬の気温が上がるはずの時期に、急に冷え込む日の事を指します。

この時期の北海道は桜の開花も終わり、日中の気温が20度近くまで上がる暖かい時期となります。

しかしこの時期に油断していると、日中でも気温が10度に届かない日が。雨が降ることもありますが、晴れているのに肌寒くなることも。

そんな一時的な冷え込みの事を、北海道では「リラ冷え」と呼んでいます。

リラの花が咲く頃に

リラ冷えの「リラ」とは聞きなれない言葉ですが、実はライラックという花の別名。ライラックは北海道を代表する花の一つで、札幌市の花としても知られています。

ライラックは強く甘い香りの花が咲く樹木で、その開花時期は5月中旬から下旬頃。ちょうど一時的に冷える時期と、ライラックの開花時期が一致しています。

関連記事:ライラックの花言葉は何?白・紫・赤・ピンクの色による違いは?

とはいえ、ライラックの開花と一時的な気温低下は、全く関係がありません。しかし花に例える美しさもあって、北海道らしい言葉とも言えますね。

□ライラックで彩られる札幌、大通公園

*ライラックは青紫以外にも、ピンクや白い花を咲かせます。

リラ冷えの語源は?

「リラ冷えの街」

実は「リラ冷え」という言葉は、昭和後期になってから一般的になった言葉です。

広まるきっかけになったのは、北海道を代表する作家・渡辺淳一さんが発表した小説のタイトルから。そのタイトルは「リラ冷えの街」というもので、新聞小説として発表されました。

第一回が掲載されたのは1970年(昭和45年)で、翌年1971年(昭和46年)には単行本に。札幌を舞台とした小説だった事もあり、「リラ冷え」という言葉はあっという間に北海道で広まりました。

俳句として

一般的には、渡辺淳一さんが考案したと思われている「リラ冷え」という言葉。実は「リラ冷え」は小説のタイトルとなる前に、俳句の世界で使われていました

後に渡辺淳一さんはエッセイで、「ある本で紹介されていた俳句に、リラ冷えが使われていた」と書いています。

その俳句の作者は榛谷美枝子さんという方で、1960年(昭和35年)に自主出版した句集で使われたもの。

これを辻井達一さんという方が1970年に発表した本で紹介し、それを渡辺淳一さんが目にしたんですね。

ちなみに「リラ冷え」ですが、現在では俳句の季語としても使用されます。北海道の5月頃を表す言葉として、本州とは違った気候をあらわしています。

スポンサーリンク

北海道以外ではリラ冷えはないの?

海外から持ち込まれた花

北海道で使われる「リラ冷え」ですが、実は北海道以外の地域ではほぼ使われていません

というのもライラックの花自体が、北海道以外でほとんど見かけないため。もともとライラックは明治時代になって、アメリカから北海道に持ち込まれて定着したものです。そのため本州では馴染みが薄く、リラ冷えという言葉は一般的ではないんですね。

寒の戻りと花冷え

ただしリラ冷えに近い現象と言葉は、本州にもあります。

それは
「寒の戻り」
「花冷え」

というもので、いずれも春に使われる言葉です。

「寒の戻り」は、春の終わり頃に一時的に気温が下がる現象のこと。

「花冷え」は、ちょうど桜が咲く時期に一時的に寒くなることを指します。

いずれの現象も「リラ冷え」に似てますし、特に「花冷え」はリラ冷えと同じですよね。これは関東地方と北海道では、春の訪れにおよそ一ヶ月程度のズレがあるから。

関東で4月頃に感じた花冷えや寒の戻りが、北海道では5月中旬頃に「リラ冷え」として感じられるんですよ。

関連記事:
春一番の意味とは?気象庁の定義や名前の由来について
東京と近畿だけ?木枯らし一号の条件や定義とは?二号もあるの?

一枚用意してお出かけを

リラ冷えは北海道特有の言葉で、5月頃の急に冷えた日に対して使う言葉。

この時期の北海道は一年で最も過ごしやすい季節ですが、急な寒さには注意が必要です

リラ冷えの語源となったライラックですが、札幌では大通公園でよく見かける花。ちょうどこの時期には「ライラック祭」というイベントも行われ、多くの方で賑わいます。

関連記事:ワインと花が楽しめる札幌ライラックまつり。日程や見どころ

もし北海道・札幌を訪れる機会があるなら、上着などを一枚用意して「リラ冷え」に備えましょう。