プリザーブドフラワーはお手入れが必要!?最適な保存方法は?

祝いの時に頂く花束は素敵で嬉しいですが、もらった後に少し困ってしまうことも。

持ち帰るときにかさばりますし、時間が経つと生花はどうしてもしおれてしまいますよね。

そこで花束に変わって贈り物の定番になりつつあるのが、プリザーブドフラワー

生花に比べて長持ちするとは聞きますが、どれぐらい違うのでしょうか?

そんな気になるプリザーブドフラワーについて、
・プリザーブドフラワーとは?
・お手入れしなくてもいいのか?
・どれぐらい持つものなのか?
・保存する際に気をつける事

…といったことをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

プリザーブドフラワーとは

特殊な液剤に

リザーブドフラワーとは、生花などを特集な薬液などにつけて加工したもの

「ブリザード」フラワーと言い間違えやすいですが、「プリザーブド」なので気をつけましょう。

プリザーブドフラワーは、次のような工程で作られています。

  1. 植物を、脱水作用のある特殊な薬液につけて水分を抜く
  2. 保存料や着色料などの入った、薬液につけ込む
  3. 乾燥させた後に、花束にしたりアレンジメントを施して完成

元々は「青いバラ」など、自然界にない色の花を作り出すために生み出された技術。また一度水分を抜いてから着色する技術によって、自然な状態なのに長持ちする特徴があります

生花NGの場所にも!

プリザーブドフラワーは長持ちするため、贈答用として人気が高まっています。

そのほかにも生花を持ち込めない場所に、造花の代わりとして使われることも。

例えば病院では花粉アレルギーの問題もあり、花の持ち込みは厳禁。しかしプリザーブドフラワーは加工の際に花粉がなくなるので、病院で使われていることもあるんですよ。

ただしお見舞いでは、「鉢植え=根付く」で縁起が悪いと言われることもあるので注意したほうが良いですね。

プリザーブドフラワーは手入れが必要?

水やり不要!

プリザーブドフラワーは生花と違い、水を必要としません。むしろ湿気は痛む原因となるため、水を与えてはいけません。

湿度対策としては、プリザーブドフラワーをコレクション用ボックスに入れて飾るのがおすすめ!この時見えない部分に、シリカゲルなどの吸湿材を入れて除湿を心がけましょう。

カビが生えたら

湿度対策を行っていても、花びらの表面にカビが生えてしまうことがあります。一度生えてしまうと、そこから花全体にカビが拡散するため早めに取り除きましょう。

はさみでカビの生えた部分や、傷んでしまった部分を切除。後は全体に広まらないことを願い、除湿をしっかり行いましょう

ホコリ対策を

プリザーブドフラワーにホコリが付いた場合、手ではらうと花びらが壊れる危険が。手動ポンプタイプのエアダスターを使い、優しい風でそっとホコリを払いましょう。

また化粧用の柔らかいチークブラシで、優しく払う方法もオススメです。

スポンサーリンク

プリザーブドフラワーはどれぐらい持つの?

日本の環境では

プリザーブドフラワーは、長期保存のために開発されたもの。その保存期間は日本の場合ですと、2~3年程度となります。

ヨーロッパでは10年以上持つという記録もありますが、あちらは湿度の低い環境。湿度が高い日本では除湿対策などを行っていても、どうしても傷みやすくなってしまいます。

せっかくのきれいな花ですから、なるべく長持ちさせたいですね。

プリザーブドフラワーの保存で気をつける点は?

直射日光を避けて

除湿対策とホコリよけをかねて、コレクションボックスに入れるのは良い保存方法です。

しかし直射日光の当たる場所に置いてしまうと、ひび割れ・色あせの原因に。また室内の間接照明が当たる場所も、プリザーブドフラワーにとってはあまりよくありません。

よく見える場所に飾りたいですが、なるべく直射日光の当たらない温度の安定した場所に置きましょう。

高温多湿の場所に置かない

プリザーブドフラワーは、気温や湿度の変化が激しい場所を苦手としています

特に台所や洗面所・お風呂場では傷みやすく、これらに飾るのは避けたほうが無難。またリビングなどでも、エアコンや暖房器具の風が直接当たる場所は避けましょう。

思い出を長持ち!

関連記事:お気に入りの花で作る!手作りプリザーブドフラワーの作り方!

プリザーブドフラワーは生花に比べて扱いやすく、長期間楽しむことができるお花。

湿度と直射日光に弱い欠点はありますが、上手に保存すれば2~3年は楽しむことができます

自分で購入することもありますが、記念品としていただくことが多いプリザーブドフラワー。贈ってくださった方との思い出や、貰ったときの気持ちとともに長く手元に置いておきたいですね。

プリザーブドフラワーを上手に保存して、いつまでも楽しめるようにしましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

読書の秋・食欲の秋・スポーツの秋など、「~の秋」の由来は?

暑さも一段落した秋は過ごしやすく、そして様々なことに挑戦しやすい季節でもあります。 連休もある

記事を読む

サービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)の違いは何?

長距離を走るために作られた高速道路ですが、最近では「道路を走る」とは違う目的で利用する方も増えていま

記事を読む

可愛く美味しく美しく!お弁当の上手な詰め方とコツをご紹介!

毎日のお弁当作りは大変ですが、慣れてくるとワンランク上を目指したくなりますね。 キャラ

記事を読む

一つだけじゃない!2016年問題って何?その原因や影響は?

かつて2000年問題というものがありました。2000年を迎える年越しのタイミングで、コンピュータのシ

記事を読む

簡単手作り♪可愛いイースターエッグの作り方をご紹介!

最近では、日本でも少しづつですが、 ポピュラーになってきたイースター。 かわいい小物を扱

記事を読む

受験生に贈る応援メッセージのポイントとは?使える一言例文も紹介!

受験シーズンが近づくに連れ、精神的にそわそわする受験生も増えてきます。 毎日の学習でで

記事を読む

電気代を節約する方法は?エアコン編・日常家電編でご紹介!

日常生活において生活を便利にするに家電には、動かすための電気は欠かせません。 しかし電力会社か

記事を読む

対向車や後続車のヘッドライトが眩しい!その理由と対策方法について

夜に車を運転していると、対向車のヘッドライトが眩しいと感じたことはありませんか? 夜間の運

記事を読む

便利なコンビニのイートインスペース!おすすめの過ごし方は?

コンビニエンスストアの品揃えは、ここだけでほぼすべてが揃うと言えるほどあります。 元々

記事を読む

入学祝いにお返しは必要なの?マナーや贈る品物は?

春は、新しい生活が始まる季節。お子さんが入学をされるご家庭では、準備に大忙しですね。 、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

千歳の支笏湖氷濤まつり2018年の日程と見どころ!花火の時間は?

冬の北海道と言えば、凍えるような寒さと雪が特徴的。そしてこの雪や寒さを

旭川冬まつり2018年の日程と見どころ!花火はいつ?ゲストも楽しみ!

北海道の冬は雪が多く、それらを活かしたイベントも多く行われています。

層雲峡氷瀑まつり2018年の日程や見どころ!花火の時間は?

冬は寒くて外出を控えがちですが、だからこそ楽しめる光景がたくさ

固い鏡餅の簡単な切り方!切ったあとの保存方法はどうする?

お正月飾りに欠かせない鏡餅は、最近では真空パックの商品を飾るこ

1月31日は愛妻の日!始まったのはいつから?イベントを楽しむには?

突然ですが、妻のことを愛していますか?そしてそのことを今でも口にしてい

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑