性用のカバンというと、メッセンジャーバッグやリュックなど大きいカバンがメイン。実用的で便利ではありますが、ファッションアイテムとしては使いづらい面もあります。

しかし最近ではクラッチバッグが、オシャレなメンズの間で人気となっています。

容量もほどほどのクラッチバッグが、どうして人気となっているのでしょう?

・クラッチバッグとは?
・メンズのクラッチバッグが人気の理由
・クラッチバッグのおすすめブランド

をまとめましたので、クラッチバッグを買うときの参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

クラッチバッグとは?

パーティー用のバッグ

ラッチバッグとは、「肩掛けのない小型のハンドバッグ」のこと。

男性用の場合はA4サイズの雑誌が入る大きさで、二つ折りタイプが主流となっています。

クラッチバッグは、元は女性がパーティなどで使用していたもの。パーティドレスにはポケットが無いため、口紅やハンカチなどの小物を収納。

それがここ数年でファッションアイテムとして広まり、パーティ以外の場でも用いられるようになりました。

荷物は少しだけ

クラッチバッグの特徴は、ストラップ程度の持ち手しかなく小さいこと。パーティで小物類を入れる為に使われた関係もあり、あまり収納力はありません。

また大きさもA4サイズぐらいまでで、特に女性用は小ぶりなものがメイン。そのため女性用はカバンというよりも、アクセサリーとして使われています。

メンズにクラッチバッグが人気の理由

タブレット端末を持ち運びやすい

実は男性の間では、クラッチバッグが実用的として人気を集めています。理由はいくつかありますが、最大の理由がここ数年で一般的になったタブレット端末にあります。

パソコンよりも小さいタブレット端末は、使いこなすと手放せないアイテムです。

しかしポケットには入れられず、かといって大きいカバンを使うほどではないサイズ。そのタブレットを入れるのに、ちょうどサイズがぴったりなのがクラッチバッグ。

一緒にスマホや財布も収納でき、しかも見た目がかっこいいので人気となっているんですよ。

バッグインバッグとして

通勤時に使うビジネスバッグは、収納力抜群で頼りになる相棒。

しかし沢山の荷物を入れてしまうと、カバンの中でスマホなどが迷子になることもあります。そんなときにバッグを整理するための、バッグインバッグがあると便利。

その「バッグインバッグ」に、最低限の荷物が入れられるクラッチバッグが使えます。

仕事中にちょっと外出するときに、クラッチバッグだけを取り出して持ち運び。荷物の多いビジネスバッグを持ち運ぶ必要がなく、疲れも軽減できますよ。

ポケットが膨らまない

コンビニに行くときに、ポケットにスマホと財布を入れて出かけてませんか?

確かに手ぶらは楽ですが、ポケットが膨らんでいるのは見た目が残念な印象に。また人ごみで財布等を盗まれる危険もあり、防犯面でもおすすめできません。

こういう場面に使える小さいバッグとして、クラッチバッグが便利なんですよ。

スポンサーリンク

メンズに人気のクラッチバッグのブランド

STEFANOMANO(ステファノマーノ)

イタリアのブランド「ステファノマーノ」は、おしゃれに気を使うビジネスマンに人気のカバンブランド。

レザーとナイロンの上品な組み合わせが特徴で、ビジネスシーンに使いやすいアイテムです。

クラッチバッグは二つ折りで、ナイロン部分を折り返すことで二つの表情が出せる特徴が。ショルダーが付属するタイプもあるため、ショルダーバッグとしての運用も可能です。

HP: STEFANOMANO(ステファノマーノ)公式サイト

PORTER(ポーター)

ポーターは吉田カバンのブランドの一つで、国内生産で高品質が特徴。

シンプルなデザインは年齢を問わず、長く愛用したくなる商品ばかりです。クラッチバッグは革製が多く、使い込むことで味わい深くなるタイプ。

ビジネスシーン用に探している方に、ぜひ使って欲しいアイテムです。

Tramontano(トラモンターノ)

イタリアのブランド・トラモンターノは、レザーバッグをメインに扱うブランド。

日本ではクラッチバッグのイメージが強く、海外製品を好む方にオススメです。

そのクラッチバッグですが、ビジネスシーンで使えるしっかりしたもの。しかも青・オレンジ・グリーンといった、オフにも使えるカラフルなものもそろっています。

仕事とオフで使い分けたい人にとって、カラーバリエーションが豊富なのは嬉しいですね!

持っておきたいクラッチバッグ

段カバンは持たない方も、スマホ・財布は常に持ち歩くかと思います。ポケットに入れてもいいのですが、無くしてしまったりスマホの画面が割れる原因にも。

またカバンで持ち歩く場合でも、カバンの中で迷子になりやすいアイテムでもあります。そんなミスを減らすのに、小さなクラッチバッグはとても便利

便利なクラッチバッグを活用して、かっこよくて「デキる男」を目指しませんか?