ーディネートに困ったときに、一枚でコーデが完成するワンピースはとても便利。デザインによってはきちんと感も出るため、ちょっとしたお出かけにも重宝します。

ところでワンピースに似たものに、ブラウスを伸ばしたようなデザインのチュニックがあります。

ブラウスをチュニックがわりに着用する人もいますが、これらはどこに違いがあるのでしょうか。

そこで、チュニック・ワンピース・ブラウスの違いをまとめたので、この機会に覚えましょう!

スポンサーリンク

ワンピースの特徴は?

ひとつなぎの衣服

ンピースの正式名称は、「ワンピースドレス(one-piece dress)」というもの。

上着とスカートが一体になったドレスの事を指します。

本来ワンピース(one-piece)には、「ひとつなぎ」という意味があります。上下にわかれていない水着や作業着の「つなぎ」も、英語では「ワンピース」の扱いでした。

しかし日本においては、女性用のドレスを指す言葉。一枚の生地から作られた衣服も「ワンピース」というため、こちらの意味が定着したんです。

現在では違う上下の生地を縫い合わせたものも、ワンピースと呼ばれますね。

一枚で完成

ワンピースの特徴としては、これ一枚だけでコーディネートが完成すること。

そのためシャツ等の上に着用するものは、ワンピースではなくジャンパースカートなどと呼ばれます。

またボレロやジャケットがセットになったものは、
・ワンピースとする場合
・ツーピースとする場合
があります。

袖の無いワンピースなどの上着着用が前提のデザインですと、ツーピースとすることが多くなりますね。

チュニックの特徴とは?

丈はお尻が隠れる程度

ュニックは上着の一種で、お尻が隠れる程度の丈がある物を指します。

デザインはブラウスやシャツの丈をそのまま伸ばしたような、ストンとしたデザインが一般的。また胸の下にギャザーや切り返しがあるものや、ウエスト部分がやや絞ったデザインもあります。

一枚では着用しない

チュニックの最大の特徴は、チュニック一枚だけで着用しない点

お尻が隠れる程度の丈とはいえ、これ一枚で完成するデザインとはいえません。そのためスパッツ・スキニージーンズといったパンツや、スカートを合わせるのが一般的です。

古代の貫頭衣

チュニックの語源ですが、古代ローマの「トゥニカ」に行き着きます。

これは貫頭衣(かんとうい)の一種で、ひざ丈からくるぶし丈程度の長さのある着衣。古代ローマの人のイラストに良くある、ダボダボとした一枚着はたしかにチュニックに似ていますね。

これが形を変化させつつ現在まで伝わり、チュニックとなったのです。

スポンサーリンク

ブラウスとチュニックの違いは?

ブラウスの特徴は

チュニックはブラウスに似ていますが、ブラウスとは違うのでしょうか。

ラウスはシャツの一種で、腰までの丈と前をボタンで止める襟付きの上着を指します。

男性用のシャツにも似ていますが、デザインがゆったりしている特徴が。またブラウスはほとんどが女性用となり、男性用のブラウスはあまり見かけません。

チュニックとの違いは

チュニックとブラウスの最大の違いは、前ボタンを必要とするデザインかどうか

ブラウスは必ず前ボタンを止めるデザインですが、チュニックはボタンがないデザインでも構いません。これはシャツがベースになったブラウスと、貫頭衣から発展したチュニックとの違いがあるからです。

またブラウスは裾をズボンやスカートに入れる事が多いですが、チュニックは入れずに着用します。

それぞれの違いのまとめ

最後に、それぞれの違いを簡単にまとめてみました。

■ワンピース

  • 上着とスカートが一体化したドレススカートで、これだけでコーデが完成する。
  • ノースリーブのワンピースと上着がセットになったものは、ツーピースと呼ばれることもある。

■チュニック

  • 古代ローマの貫頭衣「トゥニカ」が語源。
  • お尻が隠れる程度の丈がある、ブラウスやシャツに似たデザインの上着。
  • チュニックだけではコーデは完成せず、パンツやスカートをはく必要がある。

■ブラウス

  • 腰までの丈の上着で、ゆったりしたデザインのシャツの一種
  • 前ボタンを止める必要があり、裾はズボンなどに入れる事が多い。

似ているけれど違う

ワンピースとチュニックは似ていますし、チュニックとブラウスのデザインも似ています。

確かに丈の長いブラウスをチュニックとして着用したり、チュニックをワンピースのように着用するコーデも。

しかし本来は違う衣服であり、似ているからと代用してしまうと失敗コーデになってしまう事があります

・ワンピースは、1枚でコーデが完成するドレス
・チュニックやブラウスは、パンツやスカートが必要な上着

それぞれの違いをしっかり把握した上で、素敵なコーデを完成させましょう!