女性にとって足腰の冷えは、様々な不調を引き起こす原因に。

足元を温めるためにも、冬はスカートの下にタイツを履きたいものです。実用面以外でも見た目の可愛いタイツは、ファッションアイテムとしてかかせないもの。

しかしうっかりすると毛玉が出来てしまい、せっかくのオシャレが台無しになってしまいます。

そこで、
・タイツの毛玉が出来てしまう原因
・タイツの毛玉の取り方
・毛玉の防止方法

…をまとめましたので、毛玉のないタイツを手に入れましょう!

スポンサーリンク

タイツに毛玉が出来る原因は

摩擦

タイツに毛玉ができる最大の原因は、摩擦によるもの。タイツ同士や他の衣服がこすれることで毛羽立ち、他の繊維を巻き込んだ毛玉となってしまうのです。

例えば黒のタイツなのに、出来る毛玉が白くて不思議に思ったことはありませんか?

これはタイツの繊維ではなく、他の衣服の繊維を巻き込んで発生した毛玉だからなんですよ。

タイツの生地

タイツは主に、
・ポリエステル
・ナイロン
・レーヨン

といった、化学繊維でできています。

これらは薄手でものびがよく、足にフィットしますが摩擦に弱い欠点が。

また化学繊維は静電気が起こりやすく、ゴミや毛羽立った繊維がまとわり付きやすい状況に。特にタイツに毛玉ができやすいのは、履きやすい生地にも原因があるんですよ。

タイツの毛玉を取る方法

台所用スポンジで

毛玉を取るシェーバーも市販されていますが、どちらかと言えばセーターなどの衣服向け。タイツにも使えますが、上手く取れなかったり穴が開いてしまうこともあります。

お気に入りのタイツの毛玉も残念ですが、毛玉を取ろうとしてダメにするのも困りますよね?

そんな時は台所用のスポンジを利用すると、優しく毛玉を取ることが可能です。

使用するスポンジは、焦げ付きが取れる粗い面がある二層タイプのスポンジ。実際に食器洗いに使っているものではなく、未使用品を用意しましょう。

使い方は簡単。粗い面を毛玉の上で優しく回転させながらこするだけ。こする事でスポンジと毛玉が絡みつき、優しく取り除く事が可能です。

ポイントは「優しく円をえがくようにこする」こと。力を入れるとタイツを痛める原因となります。

この方法はタイツだけでなく、セーターにも使えるのでぜひ覚えておきましょう。

T字カミソリで

台所用スポンジで取れなかった頑固な毛玉は、T字カミソリでそっと取りましょう。顔そりなどに使う安全カミソリでも可能ですが、安定性ならT字カミソリのほうがおすすめです。

使い方は、毛玉の上で優しく滑らせるだけ。濡らす必要もないですし、石鹸を泡立てる必要もありません。

注意点としては、薄手のタイツに使うとタイツを破ってしまう可能性があること。厚手のタイツのみに使用し、薄手のタイツには使わないほうが安全です。

スポンサーリンク

タイツの毛玉を防止する方法

裏返してからネットに入れて

タイツの毛玉が出来やすいのは、
・履いている時
・洗濯した時
です。

洗濯は汚れを落とす一方で、衣服が絡まりやすいため毛玉ができることが。

そこで洗濯する時には、デリケートな衣服を洗う時と同じぐらいの配慮が求められます

洗う前にタイツを裏返して、目に触れる生地がこすれないようにします。更に一つずつ小さめのネットに入れて、他の洗濯物と絡まないよう工夫しましょう。

出来ればタイツを洗うときは、洗濯機で洗わず手洗いがおすすめ。洗濯機を使う場合も、他の衣服は少なめにして絡まないようにしましょう。

おしゃれ着洗い+柔軟剤

タイツを洗うときは、デリケートな衣類と同じ配慮が必要と書きましたが、これは洗剤に関しても同じです。

おしゃれ着用の洗剤を使って洗いましょう。

おしゃれ着洗いの洗剤は、繊維を保護しつつ汚れを起こす効果が。すすぎの際に柔軟剤を入れれば、静電気予防にもなるので長持ちしやすくなりますよ。

毎日履かない

お気に入りのタイツは、出来れば毎日履きたいもの。

しかし毎日履き続けると、
・こすれる機会が増える
・洗濯の回数が増える
ため、毛玉ができやすくなります。

お気に入りの柄のタイツは、なるべく複数枚購入しましょう。更にバリエーションを増やし、同じタイツを何度も履かない事も大切

大切に履く事が、毛玉を作らず長持ちさせる秘訣なんですよ。

□とっても簡単!気持ちよく取れる毛玉に感動♪

*左右で毛玉の取れ具合が比較できる動画です。

毛玉知らずのタイツを

スカートやショートパンツと合わせることが多く、足元を素敵に見せてくれるタイツ。しかし足を動かす関係で、どうしてもこすれて毛玉が出来てしまいます。

できた毛玉は身近なアイテムを使って、そっと取り除いて見た目もすっきり。更に洗濯などで注意し、毛玉ができにくくする配慮も大切です。

お気に入りのタイツだからこそ、毛玉のない状態を保ちたいですね!