2月に行われる節分は、地域によって独自の風習が存在します。一方で豆まきに関しては、どの地域でも同じだと思いますよね?

実は北海道では、大豆ではなく殻付きの落花生を使用しているんですよ!たしかに落花生も豆ですが、なぜ落花生を使うようになったのでしょうか。

そこで、北海道で節分に落花生を使う理由や、北海道以外でも落花生を使う地域についてまとめました!

スポンサーリンク

北海道では節分に落花生をまく理由

なぜ節分に豆をまく?

そもそも、なぜ節分にはをまくのでしょうか。

節分の豆まきには、鬼退治の意味があります。これは平安時代に宇多天皇が、鬼の目に炒った大豆をぶつけて退治したという逸話が元になったもの。

鬼は「魔物」全般を表し、魔物の目(魔目でまめ)に豆(マメ)を当てて魔滅(まめつ)したんです。炒った大豆を使用したのは、炒るという言葉が「射る」に繋がるという言葉遊びの側面もあります。

また生の大豆を使わないのは、豆まき後に回収忘れがあると春に芽が出る恐れがあるから。これは節分が一年の節目であり、去年の厄払いに使った豆が育つのは都合が悪いからです。

ちなみに豆の中でも大豆が選ばれたのは、昔から食べられていた「五穀」の一つだから。米・麦・あわ・ひえ・豆の五穀は神に奉納されるものでもあり、大豆は馴染みのあるものだからです。

節分の落花生

外は雪

節分では厄払いのために、家の中と外に豆をまいて鬼退治を行います。そしてまいた後の豆は、拾い集めて処分するのが一般的な豆まきの方法。

しかし北海道の雪の多い地域では、雪が積もった外へ豆をまくことになります。当然豆は雪で濡れますし、拾い集める時に大豆だと小さくて探しにくいですよね。

その点、殻付き落花生なら、
・大きいので見つけやすい
・殻に覆われているので中の豆は濡れない

また、室内にまいた時も、小さい大豆より大きい殻付き落花生なら拾い集めるのがとても楽。節分後の掃除がとにかく楽なので、落花生が好まれているんですよ。

*なぜか鬼も豆まきをしていますが…。終わった後は仲良く落花生を拾ってますね。

カロリーが欲しい

掃除が楽という理由以外には、落花生のほうがカロリーがあるという理由もあります。

大豆の収穫時期は夏で、冬の大豆は保存されてやや栄養価が落ちた状態。一方、落花生の収穫時期は秋から冬にかけて、節分の頃でも栄養価が残ったまま。

また落花生のカロリーは10粒で約28kcalと、大豆10粒(約15kcal)と比べるとしっかりとした食感。

寒い冬を乗り越えるためにカロリーが欲しいため、大豆より落花生が好まれたのです。

スポンサーリンク

北海道以外で落花生をまく地域は?

東北でも

北海道では落花生で豆まきを行う地域がほとんどですが、東北でも落花生を使う家庭が多め。

これは北海道で落花生を使うのが伝わった結果で、昭和30年以降に定着したと言われています。東北も雪が多い地域ですし、外にまいた豆を集めやすいと聞くと取り入れたくなりますよね。

東北以外では、新潟県や長野県の雪の多い地域も、同様の理由で落花生を使用しています。

赤鬼と青鬼

落花生が取れる地域でも

一方で鹿児島県宮崎県など、南九州で落花生を使用する地域があります。

これは鹿児島県が落花生の生産地であり、大豆よりも身近な存在だから。そのため身近にある落花生を使って、豆まきを行うのが一般的なんですよ。

落花生の生産量日本一といえば千葉県ですが、千葉県でも落花生をまく地域があります。こちらは生産量日本一のアピールをするためで、2010年から始まったもの。

お相撲さんが豆まきを行うことで知られる、成田山新勝寺でも大豆と落花生を豆まきに使用しています。

参考記事:成田山節分会の日程とアクセス情報!芸能人ゲストは?

まいた後の落花生はどうする?

まいた落花生を食べる

節分で豆をまいた後は、年の数だけ豆を食べて「厄除け」とします

大豆をまく地域では、まいた大豆とは別に食べる用の大豆を用意するのが一般的。しかし北海道では、まいた落花生を拾い集めて食べるのが一般的です

厄払いとしては大丈夫かと不安になりますが、その点は気にしないのが北海道の考え方。しかも殻付きの落花生なら、地面に落ちても中身は汚れていません。

「厄払い後に捨てるのはもったいない、そして食べるならきれいなものを」という合理的な考え方なんですよ。

ちなみに食べる数ですが、落花生一つを「一個」と考えるのが主流。そのため豆が二つ入っていても一個と数えるので、実際の年齢以上に豆を食べることになります。

【関連記事】

大豆もいいけど落花生も!

節分の豆まきは、豆をまくことで厄払いとなる行事。

昔から大豆で行われていた為、落花生をまくのは「風習を大事にしてない」と思う人も。しかし日本全国には地域に根付いた風習もあり、北海道の落花生もそういった風習の一つ。

しかももったいないという精神と、合理性に基づいた風習でもあります。

何より落花生も大豆と同じぐらい美味しいですから、気分を変えて落花生で豆まきをしてみませんか?