近では何でも購入出来ることから、ぞうきんなどは自分で縫わずに店で買うする人も増えています。

そんな一方で小物作りやパッチワークなど、趣味の裁縫は一定の人気がありますね。

取れたボタンを縫いつけたりするときに使う針は、裁縫には欠かせないもの。そんな針が折れてしまったときは、「針供養」を行いませんか?

そこで、今回は、
・針供養とは?
・針供養はいつ行われる?
・針供養のやり方
・針供養が行われる主な寺社

について、それぞれ続けて紹介します!

スポンサーリンク

針供養とは

錆びたり折れた釘への感謝を

針供養とは、折れる・曲がる・錆びるなどして、使えなくなった針を供養する行事のこと。

長く使った針に感謝するとともに、裁縫の上達を願います。

harikuyou1

針供養の由来ですが、中国には「土地神様の祭りの日には針仕事をしない」という習わしが。これが日本に伝わり、針供養となったと考えられています。

平安時代には針供養のためのお堂が天皇の命で建立されたという記録も。ただし当時の針は高価なもののため、針供養を行ったのはごく一部の貴族階級のみでした。

一般庶民に鉄の針が広まったのは、室町時代になってから。そして針供養が一般的に広まったのは更に遅く、江戸時代中期に入ってからなんですよ。

針供養はいつ行われる?

harikuyou2

12月8日と2月8日

針供養を行う日ですが、実は地域によって異なります

関西地方では、主に12月8日
関東地方では、主に2月8日

がそれぞれ針供養の日となっています。

その他の地域に関しては、
・関西より西側が、12月8日
・関東より東(北)側は、2月8日
が一般的。

また関東や東北の一部地域では、12月8日・2月8日の両日に針供養を行う地域もあります。

事八日(ことようか)

なぜ地域によって2つの針供養の日があるのかというと、「事八日」という風習があるからです。

事八日とは「事始め」「事納め」とも呼ばれる風習で、農耕などは事始めから行うと良いというもの。

そして事納めの日に、1年の締めくくりをするのです。

この「事八日」には針仕事などは休むのが良いとされ、この日に針供養が行われるようになりました。

なお、
・2月8日に事始めとした場合は、その年の12月8日が事納め
・12月8日を事始めとした場合は、翌年の2月8日が事納め

となります。

そのため針供養を行う日も、12月8日と2月8日にわかれるのです。

ところで、12月8日が事始めの場合、期間が2月8日までなのは短いと感じませんか?

これはお正月に神様を迎えるための、準備と後片付けを行う期間のことだから。人の事始めは2月8日から、神様の事始めは12月8日からという考え方なんですよ。

スポンサーリンク

針供養のやり方は

柔らかいものに針を刺して

針供養は寺社でも行うのが一般的ですが、家庭でも行うことが可能です

その方法は、
「豆腐やこんにゃくのような柔らかいものに、使わなくなった針を刺す」
というもの。

針を刺した豆腐などは、現在では寺院に持ち込んで供養をお願いするのが一般的。また地域によっては土に埋めたり、川や海に流して供養することもあります。

なぜ豆腐などに刺すのかというと、柔らかいものに刺すことで今まで働いてきた労をねぎらうため

針供養が広まった時代にはスポンジなどはなく、豆腐やこんにゃくが身近な柔らかいものだったんですよ。

そのため地域によっては餅に刺すこともあり、知人に饅頭やお餅を配る風習もあります。

harikuyou3

針供養はどこで行われる?

京都・法輪寺

針供養を行う事で有名な寺社はいくつかありますが、関西で有名な寺社といえば京都嵐山の法輪寺

ここは平安時代に天皇の命で、針供養のお堂が立てられた場所。そのため由緒正しい針供養の寺院ともいわれ、皇室で使われた針もここで供養しているんですよ。

針供養が行われる日は、12月8日・2月8日の両日

当日は縫針の受付を行なっていますので、感謝を込めて供養をお願いしましょう。

□法輪寺の針供養

*3分頃より法輪寺での針供養の様子が。やはりこちらでも針をこんにゃくに刺して供養しています。

東京・浅草寺

関東地方で針供養を考えるなら、浅草寺がおすすめです。

浅草寺の境内には様々な神様・仏様が祀られていますが、針供養を行うのは「淡島堂」というお堂。ここは和歌山県にある「淡嶋神社」から分霊された、「淡島明神」をお祀りしています。

淡島明神は安産や子宝を授けてくれる神様で、その他にも人形供養や裁縫の上達も授けてくれます。

浅草寺の針供養は、2月8日の1日のみ

当日は縫針の受付も行なっていますが、一人2~3本までなので注意してくださいね。

長く使ったことへの感謝を

最近では針仕事をする機会も減りましたが、それでも針はどの家庭にもあるもの。ちょっとした縫い物をするときには必要になりますし、ボタンぐらいは自分で縫えるようにしたいですよね。

そうして使い続けた針が折れたときは、そのまま捨てるよりは感謝してから捨てたほうが気分がよいもの。長く使った物には魂がこもるとも言いますし、針供養を行なってから処分すると良いことが起こるかも。

折れてしまった針がもしあるのなら、心をこめて針供養を行いませんか?