リュックで歩くサラリーマン

一昔前までスーツに合わせるカバンは、手持ちカバンが一般的でした。そこから肩掛けカバンやリュックも合わせられるようになり、選ぶ幅がとても広がりましたね。

特にリュックスタイルは、自転車で通勤する方が選ぶことが多いカバン。

一方でリュックは「学生用」「スポーツ用」という意見もあり、評価が分かれるところもあります。

そこで、
・スーツ用に選ぶメンズリュックのメリットやデメリット
・スーツに合わせるリュックを選ぶポイント
・メンズスーツにおすすめの人気ブランド

をそれぞれ紹介します!

スポンサーリンク

ビジネスマンがスーツ用に選ぶリュックのメリット

両手が自由に

スーツで通勤する際にリュックを選ぶ最大のメリットは、「両手が自由になる」ことです。

手持ちカバンは片手がふさがりますし、肩掛けカバンも片方の腕が使いにくい状況に。その点リュックなら肩から背中に荷物が回るため、両手が自由に使えます。

両手が空いていると、例えば、

  • 混雑する階段でつまづいた時に受身が取れる
  • 電車の中で両手で本を持ちながら読める(空いている時だけにしましょう)
  • タブレッドや大きめのスマホも両手で楽に利用できる

といったメリットがありますね。

黒リュックサック

大容量!

仕事に必要な荷物は最低限にまとめたいですが、どうしても荷物は増えてしまいがち。

普通のカバンだと容量は限られますが、その点リュックは大容量。リュックによって多少大きさは違いますが、概ね容量は大きめですよね。

そのため荷物が急に増えても、サブバッグを使う必要がありません。

通勤が楽

スーツ用にもリュック使われるのは、大容量であることや、両手が自由になるだけではありません。他にも理由があるんですね。

それは、重心が安定するので移動が楽だから

他のカバンですと、片方に重量が偏って体に負担が掛かりがち。その点リュックは両肩から背中に重量が分散されるので、通勤時の負担が軽減されます

逆にデメリットも

通勤時にメリットの多い、スーツスタイルとリュックの組み合わせ。一方でデメリットもあるので、その点も覚えておきましょう。

満員電車では邪魔に

リュックを背負ったまま満員電車に乗ると、リュックの容量の分だけ幅を取ることに。中に固い物が入っていると、相手に当たって不快感を呼んでしまいます。

混雑する電車に乗るときは、背負わず抱え込むことが大切です。

スーツにシワが寄る

リュックは両肩に紐をかけるスタイルのため、肩口から背中にかけてシワが寄ってしまいます。

特に通勤時などでは、背中にリュックが密着したままになるため、出社後にリュックを下ろすとシワがくっきり。シワ取りスプレーなどを用意する、少しの間吊るしておくなど対策も必要です。

スーツに合わせるリュックを選ぶポイント

リュックに入れた荷物

ラフすぎない

スーツに合わせるリュックを選ぶポイントで、最も重要なのが「きちんとしている」事

そのためスーツに溶け込みやすい、黒やダークカラーの高級感のあるものを選びましょう。

カラフルな色使いや、必要以上に光沢のあるものはラフな印象に。スーツとあわせてみて、リュックだけ浮いた印象になるものは避けましょう。

肩や背中にクッションがあるか

特に通勤時間の長い方や自転車で通勤する方は、肩と背中にあたる部分もチェックしましょう。

快適に背負うためには、この部分にクッションがあるものがおすすめ。

またクッションがあることで、必要以上にスーツとの摩擦を防ぐ効果もあります。

収納性が良いか

リュックは収納力抜群ですが、できれば内部にポケットなど小分けできるものを選びましょう。

中の荷物が動いてしまうと、重量以上に重さを感じる上にぶつかって壊れる可能性も。

また中がぐちゃぐちゃだと取り出しにくく、だらしない印象にも繋がります。

スポンサーリンク

スーツに合うリュックのおすすめブランドは?

PORTER(ポーター)

ポーターは「吉田カバン」のブランドで、日本製という点で安心できるカバンです。

また日本の会社事情にも合わせやすい、ビジネス向けリュックを販売しています。シーンに合わせて肩掛け・手持ちにもなるタイプは、リュックが不向きの場面でも便利。

もちろん収納力抜群で、防水性や耐久性もあるので長く愛用できるんですよ。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

ザ・ノース・フェイスはアメリカ生まれのアウトドアブランドで、特に登山者に愛用されています。

そのためリュックもとても丈夫で、パソコンなどの重い荷物が多い方におすすめ。気になるブランドロゴですが、ビジネス用はうっすら刻印されているので目立ちません。

ビジネスでも少しカジュアルさが欲しい方や、新入社員の最初のカバンにいかがですか?

ace.(エース)

エースは、ビジネス向けのキャリーケースでお馴染みの日本のブランド。

海外ブランドバッグの国内生産を請け負っていた実績もあり、それでいて手ごろな価格が魅力的です。

最大の特徴は、キャリーケースで培われた高い耐久性。また雨風に強いもの、中の保護能力が優れたものなど、用途に合わせて選ぶことも可能です。

スーツとの一体感があり使い勝手の良いものを

ーツにリュックの組み合わせは、背筋も伸びて見た目にも美しく見えます

一方で最近のスタイルとも言えるので、「そもそもありえない」と否定的な意見もあります。

そのためスーツとの一体感があり、きちんとした印象になるものを選ぶことが大切。更に使い勝手がよく、長く使っても疲れないリュックを選ぶことも大切です。

手にとって中身を確認して、あなたにとって使いやすいリュックをぜひ見つけてくださいね!