一人めし

利厚生の充実した企業の場合、社員食堂やランチスペースが用意されている事が多いですよね。高校や大学でもランチスペースが設けられ、友人や知人と楽しくお昼ごはんという光景もよく見られます。

ところが、一人でご飯を食べることに対して、周囲の視線が気になったり恐怖心を感じてしまう人もいます。こういう状態になってしまう事を「ランチメイト症候群」と呼ぶことがあるのをご存知でしょうか?

そこでランチメイト症候群とはどういうものなのか、その原因と対策について紹介していきます。

スポンサーリンク

ランチメイト症候群とは

一人のご飯が耐えられない!

一人でご飯

ランチメイト症候群とは、お昼ご飯(ランチ)を一人で食べていることに対する不安や焦りを表す言葉。ランチメイトとは「ご飯を一緒に食べる友人」のことで、この症状を相談した方の表現が元になっています。

ランチメイト症候群の特徴としては、次の点が挙げられます。

  • 誰かを誘ってご飯を食べたいが、断られることが怖くて結局誘えず一人で食べてしまう。
  • 知り合いがいる環境下で、一人でお昼ご飯を食べていることに不安を覚える。
  • 一人でご飯を食べていると、周囲がどう思っているのか気になって仕方がない。
  • 一人でお昼ごはんを食べている状況を、知り合いに見られるのが嫌だ。

この中で特に現れやすいのが、「周囲がどう感じているかへの不安」です。「一人なんてかわいそう~」などと周囲が自分のことを評価していると感じてしまうのです。

学校・職場そのものがつらくなる

ランチメイト症候群が悪化すると、大勢の方がいる環境で一人でお昼を食べることが苦痛になってしまいます。その結果、次の傾向が強くなります。

  • 人気のない場所を探し、こっそり一人で食べる。
  • すぐに食べ終える食事にしたり、早食い傾向が強くなる。
  • お昼ごはんを抜く。

最悪のケースになると、辛いあまりに学校や会社をやめてしまう場合もあります。

ランチメイト症候群の原因

考え込んでしまう

繋がっていないことへの不安

現代ではスマホを常に持ち歩き、メールやLINEなどですぐ連絡がつく状態にあります。

この状態が面倒だと思う人もいますが、逆に誰とも繋がらない状態への恐怖を持ってしまうこともあるんですね。

そういった気質の方が、たまたまランチに一人になると「私は誰とも繋がっていない」と不安な状態になります。そして翌日もまた同じ状態になるのではないか…と心配のあまりランチタイム症候群となってしまうんです。

コミュニケーション能力の低下

人前で話すのが苦手・知らない人ばかりだと気後れする、といった性格や気質は昔から存在していました。
しかし最近ではその傾向が強まり、メールなら言えるのに本人を目の前にすると話せないという人も増えてきています

そのため一人でご飯を食べたくないのに、

  • 同僚やクラスメイトをランチに誘えない
  • ランチを誘う事自体をためらってしまう

といった状況が何日も続いた結果、更に誘いづらくなって一人でご飯を食べる状況が生まれてしまうのです。

人の目を気にしすぎる

他の人から見た自分がどう映るのかを、客観的に見ることは大切です。

しかし気にしすぎると、「周囲は自分を悪く思ってるに違いない」という考えに囚われてしまうことがあります。そんな時に一人でご飯を食べていると、「友達もいないかわいそうな人」と周囲は見ている…と感じる場合があるんですね。

その結果、隠れて一人でご飯を食べるようになったり、お昼の時間そのものが苦痛となってしまうわけです。

スポンサーリンク

ランチメイト症候群の対策は?

まずは話しかけてみよう!

お昼ごはんを誘いにくいというなら、まずは挨拶することから始めましょう

  • 朝会ったら一言挨拶
  • お昼の前にも軽く挨拶

意外とそこから話すきっかけが生まれて、お昼ごはんも気軽に誘えるようになりますよ。誰かが誘ってくれるのを待つのではなく、少し勇気を出して挨拶してみませんか?

一人だとなんでもできる

学生時代や過去のお昼ごはんを振り返ってみて、誰かと一緒のお昼は楽しかったですか?

もし誰かとのお昼ごはんが楽しくなかったことがあれば、一人でご飯を食べてもいいやと考える方法もあります

周囲の目が気になるとはいいますが、他人はそれほどこちらを見ていません

よほどおかしな行動でもとらない限り、一人でご飯を食べるぐらい当たり前のこと。外出して美味しいお店を開拓するのも楽しいですし、簡単な買い物だって気ままに楽しめます。

一人ぼっちは寂しいのではなく、なんでも出来る自由な時間と考えてみませんか?

一人で勉強

一人ご飯も普通の事!

【関連記事】

ンチメイト症候群は、ひとりぼっちで食べるランチが不安に思えてしまう症状のこと。誰かと一緒の昼ご飯が当たり前と思いがちですが、一人で食べる事もまた普通で当たり前の事なんですよ。

もし人と話すのが苦手な事が原因なら、勇気を出して一歩踏み出して話しかけてみる。あるいは寂しいのではなくて、自由な時間と考えて、気ままに過ごすのも楽しいですよ。

周りに振り回されるのでなく、依存するのでもなく、自由に過ごせる大きなメリットがあるのが「ランチタイム症候群」と言えます。

ランチタイム症候群をきっかけにして、心の負担を少し軽くしませんか?