噛んでしまった!動かない!外れたファスナーの直し方!

fastenerfix1

ーンズ・ジャージ・カバンなどに使われるファスナーは、開け閉めが簡単で衣服に欠せません。

しかし長く使っていると、開かなくなったり布を噛んでしまうトラブルが。こんな時に力いっぱい引っ張った結果、ファスナーが片方だけ外れてしまった… なんてことも。

ファスナーは便利だからこそ、使えなくなった時にはイライラしますね。

そんな外れてしまったファスナーは、どうしたら上手く直せるものなのでしょうか?

状況別に覚えておきたい、ファスナーが外れたり動かない時の直し方をご紹介します。

スポンサーリンク

ファスナーが動かない時の直し方

ファスナーの基本的な構造

ファスナーの直し方を紹介する前に、ファスナーを構成する部品を紹介します。

fastenerfix2

○エレメント
ファスナーの、ギザギザ噛みあう部分。

○スライダー
エレメントを噛み合わせるための装置。上下に動かしてファスナーを開閉する。

○止金
エレメントの両端にある金具で、これがあることでスライダーが端で止まる。

○テープ
エレメントが付いている布地の事で、この部分を服に縫い合わせる。

動かない原因は

ファスナーが動かなくなる原因は、主に次の3点が挙げられます。

・スライダー内のエレメントの、かみ合わせ部分が動かなくなる

・衣服などの布を、ファスナーが噛んでしまっている

・スライダー部分が、何かしらの原因で壊れてしまった

この内、最後のスライダーの故障はめったに無いことですが、こうなった時は手に負えませんね。残念ですが縫い合わせている糸を外し、新しいファスナーと交換しましょう。

それ以外の

・かみ合わせが動かない
・布を噛んでいる

といった場合は、対処が可能です。

かみ合わせが動かない場合は

ファスナーのかみ合わせが動かない場合、まずは止まってしまったポイントから、逆の方向へゆっくりスライダーを戻します

そしてもう一度ゆっくりと、動かしたい方向へスライダーを優しく動かす。

かみ合わせ部分にホコリが入っていた場合などは、これだけで直る事があります。

それでも動かないようなら、細く尖ったものでスライダーのエレメントを噛んでいる部分をこすります。あまり強くこすらず、軽くこするのがコツ。これでスムーズに動き出す事もあります。

古い衣服で錆び付いている時は、エレメント全体に少しだけリップクリームやワセリンを塗る方法が。つけすぎるとベタベタするばかりか、衣服に油がついてシミになるので注意が必要です。

□壊れたジッパーの直し方 【おばあちゃんの知恵】【リペア】

*この動画では石鹸を使っていますが、全体的に薄くつけるのは同じですね。

布を噛んでしまった時は

ファスナーが布を噛んで動かなくなった時は、ファスナーではなく布を引っ張りましょう

この時ファスナーに対して、水平方向にピンと引っ張るのがコツ

これで外れないなら1人が布を引っ張りつつ、もう1人がファスナーを静かに動かす。布を引っ張りつつ動かすので、ファスナーだけを動かすよりも布が外れやすくなります。

これでもダメなら、一度ファスナー周辺をドライヤーで温めます

ある程度温まったら布とファスナーの間に、細いマイナスドライバーなどをねじりこみます。これで隙間ができるので、後は布を引っ張りつつ軽くファスナーを動かしましょう。

ただしこの方法は、ファスナーが変形する恐れがあるので無理は禁物です。

スポンサーリンク

ファスナーが外れた時の直し方

ファスナーを分解

ファスナーが動かなくなった時に、思い切り引っ張るなどしてファスナーが外れてしまうことが

こうなった時は止金を外してからスライダーを外し、もう一度エレメントを通し直しましょう

特にエレメントを噛みあわせ直す作業が大変ですが、焦らずゆっくり行うのが近道。上手く通すことができたら、再び止金を留め直して完了です。

fastenerfix3

力技で入れる

スライダーのエレメントを噛みわせる部分を開いて、押し込む方法もあります。

手順としては

1.細いマイナスドライバーで、スライダーの該当部分を押し開く

2.開いたらエレメントを押し込む

3.押し込めることに成功したら、ペンチなどでスライダーを押して開いた部分を閉じる

…といったもの。

この方法は力を加えて広げるなどして、ファスナーが壊れてしまう可能性があります。また閉じる際に力を入れすぎると、今度はきつくなりすぎて動かなくなることも。

力技でありながら力加減が必要な作業ですので、無理のない範囲で頑張りましょう。

無理せずプロに相談した方が良いことも

ブランド品の場合、そのブランドの修繕部門に修理を依頼する方法があります。特に何年も使い続けるカバン類ならば、確実に修理が可能。

また昔ながらの仕立て屋や、衣服の修繕を請け負うお店に持ち込むと、ファスナーを直してもらえることも

手に追えない状態で交換となっても、プロの技術で上手に付け替えてもらえますよ。

どうしてもファスナーが直せない場合は、無理せずプロに直してもらいましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

美容室は月曜日に休みが多いのはなぜ?

美容室って月曜日がお休みのところが多いですよね。 でも、どうして月曜日なんでしょう? 実

記事を読む

型紙で簡単に出来る!パフスリーブの作り方をご紹介!

子供服で可愛いドレスに欠かせないのが、ふんわりとしたちょうちん袖。お遊戯会や発表会・ハロウィ

記事を読む

メガネのレンズが汚れるのは何故?鼻パッドの緑の汚れもこれで綺麗に落とそう!

最近では視力に関係なく、メガネを愛用する人が増えています。 自転車に乗る人には風やホコリよけに

記事を読む

2018年(平成30年)の祝日カレンダーと一覧!今年の連休の特徴は?

来年のことを言うと鬼が笑うといいますが、来年の計画は早めに立てたいですよね。 特に旅行

記事を読む

簡単手作り♪可愛いイースターエッグの作り方をご紹介!

最近では、日本でも少しづつですが、 ポピュラーになってきたイースター。 かわいい小物を扱

記事を読む

大きく飛ばそう!割れないシャボン玉液の作り方と楽しい遊び方!

子供の頃、一度はシャボン玉を吹いて遊んだことがありますよね。どこまで大きく出来るかと強く息を

記事を読む

切手の正しい貼り方!複数枚の時はどうする?切手の選び方もご紹介!

なにか伝えたいことがあれば、すぐにメールやLINEで事足りるようになった現代。しかしビジネス

記事を読む

今更聞きづらい!?新幹線の切符の種類や買い方は?

2014年の北陸新幹線開業、2016年の北海道新幹線開業で、新幹線は更に身近なものとなりまし

記事を読む

入学祝いにお返しは必要なの?マナーや贈る品物は?

春は、新しい生活が始まる季節。お子さんが入学をされるご家庭では、準備に大忙しですね。 、

記事を読む

読書の秋・食欲の秋・スポーツの秋など、「~の秋」の由来は?

暑さも一段落した秋は過ごしやすく、そして様々なことに挑戦しやすい季節でもあります。 連休もある

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

千歳の支笏湖氷濤まつり2018年の日程と見どころ!花火の時間は?

冬の北海道と言えば、凍えるような寒さと雪が特徴的。そしてこの雪や寒さを

旭川冬まつり2018年の日程と見どころ!花火はいつ?ゲストも楽しみ!

北海道の冬は雪が多く、それらを活かしたイベントも多く行われています。

層雲峡氷瀑まつり2018年の日程や見どころ!花火の時間は?

冬は寒くて外出を控えがちですが、だからこそ楽しめる光景がたくさ

固い鏡餅の簡単な切り方!切ったあとの保存方法はどうする?

お正月飾りに欠かせない鏡餅は、最近では真空パックの商品を飾るこ

1月31日は愛妻の日!始まったのはいつから?イベントを楽しむには?

突然ですが、妻のことを愛していますか?そしてそのことを今でも口にしてい

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑