こうすれば大丈夫!銀杏の下処理の方法と美味しい食べ方!

最終更新日: | 飲食 | , ,

の味覚の名脇役に、小粒で美味しい銀杏(ぎんなん)があります。

串焼きにしておつまみにしたり、一品料理や混ぜご飯などバリエーションも様々。

一方で銀杏を殻ごと・実ごと頂いた時に、どう処理すれば良いのかわからないなんてことも。特に実の状態で頂いた場合、臭いのこともあるのでしっかり下処理したいものです。

そこで銀杏を頂いた時の下処理方法と、美味しい食べ方を紹介します!

スポンサーリンク

銀杏の美味しい食べ方

下処理前の銀杏をもらったら

私達が銀杏と読んでいる部分は、種の中にある「仁」という部分。実の状態で頂いたら、臭いに注意しながら下処理を行いましょう。

■用意するもの
・大きめのバケツやボウル
・新聞紙
・ゴム手袋

実に触ると皮膚が炎症を起こすので、必ずゴム手袋をして作業を行います。

■下処理
1.バケツなどに水を入れ、そこに銀杏を入れてぶよぶよにふやけるまで置きます

2.ふやけたらゴム手袋をはめた上で銀杏をもみ、実を取って種だけにします

3.広げた新聞紙の上に銀杏の種を広げ、殻が白く乾燥するまで天日干しをします。

注意点として、実がぶよぶよになると強い臭いが発生します。十分な換気を行うか、ご近所の方にあらかじめ伝えた上で外で下処理を行いましょう

ginnan3

簡単な殻の剥き方

殻付きの銀杏を頂いた場合は、硬い殻を割って中身を取り出す必要が。

簡単な方法としては、電子レンジと厚手の封筒を使う方法があります。

■用意するもの
・厚手の封筒(使用済みでよい)
・麺棒・ハンマー・ペンチなど(銀杏を潰せたり叩けるもの)
・軍手

■殻の剥き方
1.ペンチや麺棒などで、銀杏の殻にヒビを入れます。

2.封筒に銀杏入れ、入り口をしっかり折って封をします。

3.500wの電子レンジで60~90秒加熱し、ポンと弾ける音がしたら電子レンジから取り出します。

4.やけどに注意しながら、熱いうちに軍手を付けた上で殻を外します。

加熱しすぎると中の銀杏が硬くなるので、弾ける音がした時点で加熱は終了。薄皮がついた状態になるかと思いますが、別の工程で取れるので気にしなくて大丈夫です。

□電子レンジで封筒銀杏

*かなり激しく弾けるので、厚手の封筒を使ってしっかり封をして加熱しましょう。

銀杏の薄皮のとり方

薄皮の付いた銀杏は、フライパンで中火で炒めると自然に薄皮が取れます

また鍋で茹でながらお玉で銀杏を転がすと薄皮がつるり

いずれも銀杏が黄色く変わったら食べごろですので、様々な料理に活用しましょう。

シンプルに!銀杏炒め

薄皮をとった銀杏と鶏肉で、シンプルな炒め物を作りましょう。

■材料
皮をとった銀杏 10個程度
鶏もも肉    1枚
ピーマン    2~3個
しいたけ    2~3個
塩・コショウ  少々

★調味料(4つ)
しょうゆ    大さじ2
砂糖      小さじ1~2
酒       大さじ1
生姜すりおろし 小さじ1弱

■作り方
1.鶏もも肉は一口大に切り、塩コショウを振って軽く揉み込みます。

2.しいたけとピーマンは、やや大きめに切っておきます。

3.★の調味料4つは、あらかじめ混ぜておきます。

4.フライパンに油を入れて熱し、鶏肉を炒めます。

5.鶏肉に火が通ったら銀杏を入れ、軽く炒めます。

6.全体に火通ったら、2を加えて絡めて完成!

最後に水溶き片栗粉を入れると、タレがよく絡んで美味しくなりますよ。ただし焦げやすくもなるので、火加減には注意して下さい。

銀杏の炊き込みご飯

銀杏ときのこで、シンプルな炊き込みご飯はいかがですか。

■材料
米    3合
銀杏   10個程度
しめじ  100g
しいたけ 2~3枚
塩昆布  15g
白だし  小さじ1
酒    小さじ1

■作り方
1.しめじは食べやすい大きさにほぐし、しいたけも食べやすい大きさに切ります。

2.米を研いでいつもどおりの水の分量で、炊飯器にセットします。

3.塩昆布・白だし・酒を加え、軽く混ぜます。

4.銀杏・しめじ・しいたけを加えてから、通常通り炊きます。

5.炊き上がったらよく混ぜて完成。

お好みで油揚げやごぼう、鶏肉や豚肉を加えても美味しいですよ。

□銀杏の炊き込み御飯の作り方

*本格的に作るなら、干ししいたけの戻し汁と昆布出汁で作るとより旨味が!

その他のシンプルレシピ

炒めた銀杏は、そのまま塩コショウをふればおつまみに。串に3個ほど刺してから軽く火に炙り、塩を振っても美味しいですね。

茹でた銀杏も、茹で汁にひとつまみの塩を加えれば下味の付いた銀杏の完成。味付けをせず茹でた場合は、市販のお吸い物の素に加えるだけで料亭風の仕上がりとなります。

銀杏の食べ過ぎには要注意!

今回紹介したレシピでは、銀杏をたくさん食べてしまうほど美味しいメニューが勢揃いしています。

しかし注意して欲しいのは、銀杏は食べ過ぎると体調不良を起こす可能性があること。

参考記事:銀杏(ぎんなん)の栄養と効能とは?食べ過ぎには注意!?

これは銀杏の成分にビタミンB6を阻害して、体に影響が出てしまうものがあるからです。特に子供は中毒症状が起こりやすいため、1・2個程度にするか入れないようにしましょう。

大人もあまり食すぎずないようにして、美味しく銀杏料理を食べたいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

オリーブオイルは料理だけじゃない!高い健康効果を発揮する摂り方とは?

今やキッチンに備えてる人が多いオリーブオイル。 お料理する人にとってはオリーブオイルは、

記事を読む

桜餅の道明寺と長明寺の違い。葉は食べるもの?カロリーは?

日本では、季節ごとに行事があり、行事の食べ物がありますよね。 特に、季節の和菓子はうれしいもの

記事を読む

冬の風物詩「鮭とば」とはどんな食べ物?作り方や美味しい食べ方もご紹介!

北海道へ行った方から、お土産として「鮭とば」をもらったことはありませんか? 地域によっては見慣

記事を読む

ノンカフェインの美味しいお茶の種類7選!気になる効果は?

ほっと一息つきたい時に欠かせないお茶は、私達の生活に無くてはならないもの。 日本茶・紅茶な

記事を読む

簡単にできるグレープフルーツの皮の剥き方。レシピもご紹介!

グレープフルーツは、栄養価も高く、とても美味しい果物。 ですが、その一方で食べるにはち

記事を読む

銀杏(ぎんなん)の栄養と効能とは?食べ過ぎには注意!?

紅葉で黄色く色づくイチョウは美しいですが、イチョウの木周辺から異臭を感じたことがありませんか

記事を読む

キムチの賞味期限や保存方法は?酸っぱくなったらどうする?

そのまま食べても美味しく、鍋の具材としても美味しいキムチは定番食材として日本の食卓にも定着してま

記事を読む

デコポンと不知火(しらぬい)の関係。産地による呼び方の違いは?

ビタミンCがたっぷりで甘さの中に酸味がある柑橘類は、大好きな人も多いのでは。沢山ある柑橘類の中でも、

記事を読む

チーズフォンデュのおすすめ具材はコレ!定番から変わり種まで

友人知人との集まりでチーズフォンデュを出すと、思わずテンションが上がりませんか? トロ

記事を読む

アイスクリーム/アイスミルク/ラクトアイスの違い。食べるならどれ?

最近は季節を問わずアイスを食べる人も多いですが、やはりアイスは暑い季節がよく似合います。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

千歳の支笏湖氷濤まつり2018年の日程と見どころ!花火の時間は?

冬の北海道と言えば、凍えるような寒さと雪が特徴的。そしてこの雪や寒さを

旭川冬まつり2018年の日程と見どころ!花火はいつ?ゲストも楽しみ!

北海道の冬は雪が多く、それらを活かしたイベントも多く行われています。

層雲峡氷瀑まつり2018年の日程や見どころ!花火の時間は?

冬は寒くて外出を控えがちですが、だからこそ楽しめる光景がたくさ

固い鏡餅の簡単な切り方!切ったあとの保存方法はどうする?

お正月飾りに欠かせない鏡餅は、最近では真空パックの商品を飾るこ

1月31日は愛妻の日!始まったのはいつから?イベントを楽しむには?

突然ですが、妻のことを愛していますか?そしてそのことを今でも口にしてい

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑