「 日本の習慣・行事 」 一覧

夏を先取り!立夏にはどんな意味があるの?2017年はいつ?

ニュースなどで時々「暦の上では今日から夏ですが・・・」という言い回しを耳にします。 天候はまだ春なのに、なぜ暦の上での季節とズレがあるのか不思議ですよね。 そういった「暦の上では」

続きを見る

こどもの日は女の子もお祝いしていいの?プレゼントはどうする?

5月5日のこどもの日は、端午の節句とも呼ばれています。 端午の節句には、五月人形や鯉のぼりといったお祝いごとを行いますが、男の子のお祝いのイメージがありますよね。 女の子のいる家庭

続きを見る

八十八夜の意味とお茶摘みをする由来とは?2017年はいつ?

https://youtu.be/Wh6j89UYTv0 日本の季節は移り変わりが大きく、春・夏・秋・冬だけでは足りないほど。そこで昔の人は細かな季節を表す言葉を使い、日常生活に活用してきました

続きを見る

穀雨(こくう)にはどんな意味があるの?2017年はいつ?

一年の移り変わりがはっきりしている日本には、四季以外にも季節を表す言葉があります。例えば夏至は昼間が一番長い日、冬至は昼間が一番短い日として知られていますよね。 そんな季節を表す言葉の一つに、穀

続きを見る

十三参りで人気の高い有名な神社・寺院は?関西を中心にご紹介!

関西では七五三と並んで、子供の成長を願う行事として盛んなのが十三参り。 数え年13才の子供が、3月から5月の間に神社におまいりをする行事です。満年齢にするとちょうど中学校入学に時期に当たるため、

続きを見る

十三参りの意味や由来とは?参拝の時期はいつ?

節目ごとに子供の健やかな成長を願う風習があり、もっとも有名なのが七五三です。 一方で全国的ではないものの、地域によっては七五三以上に盛んな風習もあります。特に関西地方では、「十三参り」と

続きを見る

十三参り男の子・女の子の服装はどうする?レンタルでも大丈夫?親の服装は?

十三参りは関西を中心に行われる、数え13才(11才~12才)に神宮にお参りする行事。関西では七五三と同じく重要な行事とされ、3月下旬にはお参りに行く親子で賑やかになります。 そんな十三参りですが

続きを見る

北海道で節分に落花生をまく理由は?まいた後はどうするの?

毎年2月に行われる節分は、地域によって独自の風習が存在します。一方で豆まきに関しては、どの地域でも同じだと思いますよね? 実は北海道では、大豆ではなく殻付きの落花生を使用しているんですよ!たしか

続きを見る

春分の日の意味とは?2017年はいつ?風習や食べ物と言えば?

3月は別れの季節でもあり、冬から春へと移り変わる季節でもあります。そんな3月の祝日と言えば、春分の日。 学生にとっては春休み前の祝日、社会人にとっても年度末にほっと一息つける祝日ですよね。

続きを見る

針供養の日とはいつ?どこの寺社で行われるの?広まった由来も紹介!

最近では何でも購入出来ることから、ぞうきんなどは自分で縫わずに店で買うする人も増えています。 そんな一方で小物作りやパッチワークなど、趣味の裁縫は一定の人気がありますね。 取れたボタンを縫

続きを見る

カレーに合うおすすめの具材と言えば?定番と変わり種を紹介!

街角やご近所からカレーの香りがすると、途端に自分もカレーが食べ

バーベキューの差し入れで喜ばれるものと言えば?デザートならコレ!

夏が近づいてくると、楽しみたくなるのがバーベキュー。 み

大曲花火大会(全国花火競技大会)2017年の日程。駐車場はどうする?

夏になると全国の夜空を彩る花火は、花火師のおかげで成り立ってい

関門海峡花火大会2017年の日程と見どころ!穴場の見学スポットは?

本州と九州を隔てる関門海峡は、昔より双方の行き来が盛んな場所。

北九州・わっしょい百万夏まつり、2017年の日程と見どころ!

お祭りには様々ありますが、とにかく賑やかなお祭りを体験したいな

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑