「 日本の習慣・行事 」 一覧

関西で戌の日の安産祈願に行くならこちら!有名な神社・お寺5選!

生まれてくる我が子のために、出来る事はなんでもしたいのは昔も今も変わらない親心。そんな妊婦さんための行事の一つに、戌の日参りがあります。 戌の日とは妊娠五ヶ月目の「戌の日」に、神社やお寺

続きを見る

戌の日の安産祈願に行くならココで!東京で有名な神社5選!

医学が発達した現代でも出産は命がけで、母子ともに負担なく軽く済ませたいものです。 そのため昔から妊娠五ヶ月の「戌の日」に、神社やお寺でお参りをする風習があります。安産祈願は地元の神社でも

続きを見る

安産祈願の戌の日に着ていく服装はどうする?腹帯の巻き方は?

妊娠の報告をすると、周囲の方から「戌の日のお参りは?」と聞かれることがあります。 戌の日のお参りとは妊娠5ヶ月目の「戌の日」に、神社やお寺にお参りをする行事。この日に祈祷してもらった腹帯を巻くと

続きを見る

戌の日に行う安産祈願のお参りはいつどこでするの?初穂料の相場は?

https://youtu.be/K2NckrVgPMY 赤ちゃんを授かると、周囲の方から様々なアドバイスを受けることがあります。 無事に元気な赤ちゃんが生まれてくることを願い、節目節目に

続きを見る

重陽の節句の意味や由来。その時期の食べ物と言えば何があるの?

3月3日のお雛様の日は、正式には「桃の節句」といいます。また5月5日のこどもの日は、別名「端午の節句」ともいいますよね。 このような「節句」とつくお祝いの中で、ややマイナーなのが「重陽の節句」。

続きを見る

「すだれ」と「よしず」の違いと使い分け。涼しいのはどっち?

暑い夏にはクーラーなどが大活躍しますが、出来れば自然に涼みたいと思う方も多いのでは。また窓から入る熱などを上手に遮断しないと、室温が下がりにくく電気代のムダの元。 そこで活用したいのが、

続きを見る

日本の花火の歴史について。花火大会が夏に行われる由来は?

日本の夏と言えば、打ち上げ花火は欠かせません。 夜空に開く大輪の花は美しく、思わず「たーまやー!」と声を掛けたくなるほど。 また手持ちで楽しむ花火も、賑やかなものから風情あるものまで多種多

続きを見る

帰省(きせい)の意味とは?帰郷(ききょう)との違いは何?

年末年始やお盆になると、故郷へ帰省する人も多いかと思います。 その結果、高速道路が大渋滞、新幹線や飛行機が満席で・・・というニュースを耳にすることが多いですね。 そうした大混雑の帰

続きを見る

お盆玉が広まった由来や金額の相場。あげる時にポチ袋は必要?

子供にとってお正月のお年玉は、一年に一度の大きなプレゼントです。しかし渡す大人にとっては、その金額が負担になることもありますよね。 ところで最近ではお年玉に加えて、「お盆玉」という風習が

続きを見る

納涼祭が行われる意味と楽しみ方!夏祭りとの違いは?

「町内会主催で納涼祭を行います」と、回覧板などが回ってきたことはありませんか?あるいは勤務先で納涼祭を行うところもあり、準備に駆り出されている人もいるかも。 夏になると言葉では良く耳にす

続きを見る

仙台・光のページェント2017年の期間や点灯時間。イルミネーションの見どころは?

クリスマスシーズンを迎えると、街のあちこちでイルミネーションを

十日戎とは?西宮神社・今宮戎神社・京都ゑびす神社、三神社の祭りの見どころ!

日本のお祭りは地域によって特色が変わり、一部の地域だけで有名な

2018年戌年の年賀状作成に!無料で使える素材やテンプレート7選!

年末は様々な用事が重なり、気がついたらお正月が目前…なんてこと

2018年の干支は戊戌(つちのえ・いぬ)!戌年の由来や特徴とは?

年末が近づくと年賀状を購入しなければ・・と、慌てることが増えて

赤ちゃんの初正月で飾る羽子板や破魔矢・破魔弓の意味。飾るのはいつまで?

赤ちゃんが生まれると、成長に合わせて様々な行事が行われます。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑