「 日本の習慣・行事 」 一覧

芒種(ぼうしゅ)の意味とは?2017年はいつ?

カレンダーを見ていると日付の横に、様々な言葉が書き記されていることがあります。大安や仏滅などよく目にする言葉もある一方で、1年に一度のみの言葉も。 そんな言葉の中に、「芒種(ぼうしゅ)」というも

続きを見る

小満(しょうまん)はどんな意味があるの?2017年はいつ?

毎日見るカレンダーには普段あまり見慣れない、暦の用語が幾つも書かれています。その中には、読み方すらわからないものも。 メディアで取り上げられれば気がつくのですが、あまり触れられない言葉も

続きを見る

夏を先取り!立夏にはどんな意味があるの?2017年はいつ?

ニュースなどで時々「暦の上では今日から夏ですが・・・」という言い回しを耳にします。 天候はまだ春なのに、なぜ暦の上での季節とズレがあるのか不思議ですよね。 そういった「暦の上では」

続きを見る

こどもの日は女の子もお祝いしていいの?プレゼントはどうする?

5月5日のこどもの日は、端午の節句とも呼ばれています。 端午の節句には、五月人形や鯉のぼりといったお祝いごとを行いますが、男の子のお祝いのイメージがありますよね。 女の子のいる家庭

続きを見る

八十八夜の意味とお茶摘みをする由来とは?2017年はいつ?

https://youtu.be/Wh6j89UYTv0 日本の季節は移り変わりが大きく、春・夏・秋・冬だけでは足りないほど。そこで昔の人は細かな季節を表す言葉を使い、日常生活に活用してきました

続きを見る

穀雨(こくう)にはどんな意味があるの?2017年はいつ?

一年の移り変わりがはっきりしている日本には、四季以外にも季節を表す言葉があります。例えば夏至は昼間が一番長い日、冬至は昼間が一番短い日として知られていますよね。 そんな季節を表す言葉の一つに、穀

続きを見る

十三参りで人気の高い有名な神社・寺院は?関西を中心にご紹介!

関西では七五三と並んで、子供の成長を願う行事として盛んなのが十三参り。 数え年13才の子供が、3月から5月の間に神社におまいりをする行事です。満年齢にするとちょうど中学校入学に時期に当たるため、

続きを見る

十三参りの意味や由来とは?参拝の時期はいつ?

節目ごとに子供の健やかな成長を願う風習があり、もっとも有名なのが七五三です。 一方で全国的ではないものの、地域によっては七五三以上に盛んな風習もあります。特に関西地方では、「十三参り」と

続きを見る

十三参り男の子・女の子の服装はどうする?レンタルでも大丈夫?親の服装は?

十三参りは関西を中心に行われる、数え13才(11才~12才)に神宮にお参りする行事。関西では七五三と同じく重要な行事とされ、3月下旬にはお参りに行く親子で賑やかになります。 そんな十三参りですが

続きを見る

北海道で節分に落花生をまく理由は?まいた後はどうするの?

毎年2月に行われる節分は、地域によって独自の風習が存在します。一方で豆まきに関しては、どの地域でも同じだと思いますよね? 実は北海道では、大豆ではなく殻付きの落花生を使用しているんですよ!たしか

続きを見る

芒種(ぼうしゅ)の意味とは?2017年はいつ?

カレンダーを見ていると日付の横に、様々な言葉が書き記されていることがあ

小満(しょうまん)はどんな意味があるの?2017年はいつ?

毎日見るカレンダーには普段あまり見慣れない、暦の用語が幾つも書

夏を先取り!立夏にはどんな意味があるの?2017年はいつ?

ニュースなどで時々「暦の上では今日から夏ですが・・・」という言

こどもの日は女の子もお祝いしていいの?プレゼントはどうする?

5月5日のこどもの日は、端午の節句とも呼ばれています。

女性のむくみ防止に!着圧ソックスの効果と正しい使い方とは?

デスクワークが多い女性にとって、気になるのが足のむくみ。出勤時

→もっと見る

PAGE TOP ↑