東京の酉の市とは?2016年の開催日や人気のスポットを紹介!

最終更新日: | イベント・お祭り | , ,

国ニュース内の、ちょっとしたトピックスコーナーで季節の話題がよく取り上げられています。地方のイベントやお祭りの話題などを見ると、その地方に遊びに行きたくなりますよね。

一方で東京ローカルの話題も取り上げられることがあり、東京も一つの街なんだなと思うことが。

そんな東京ローカルなイベントの一つに、酉の市があるのをご存知ですか?

今回は、東京各地で開催される酉の市について、

・酉の市とはどういうものなのか?
・2016年の開催日程と主な開催場所
・酉の市のおすすめ人気スポット

をそれぞれ紹介します。

スポンサーリンク

酉の市とは

「酉の日」に「トリ」にちなんだ神社や寺院で

酉の市(とりのいち)とは、主に11月の「酉の日」に行われるお祭りのことを言います。

開催場所は、鷲神社や大鳥神社(いずれも読みはおおとり)などの、「トリ」にゆかりのある神社やお寺。関西でも酉の市を行う神社はありますが、主に関東圏での風習となります。

torinoichi1

なぜ酉の市?

酉の日に酉の市が立つようになったのには、いくつか由来があります。

大鳥神社などでは、11月の酉の日にヤマトタケルノミコトが戦勝祈願をしたのだとか。そのときに武具の熊手を松の木に立てかけたため、熊手が酉の市の縁起物となったと言われています。

熊手はその形状から、金運・商売繁盛・子孫繁栄を呼び寄せるご利益があるとか。熊手を売る露天も多く並ぶので、ぜひ購入したいですね。

また11月の酉の日に、地域の農民が神社に鶏を奉納したのが市の始まりという説もあります。

一方で浅草酉の寺・長國寺では、11月の酉の日に菩薩様が現れたという話が。国家平安を祈願した際に現れたので、11月の酉の日が縁起の良い日とされました。

いずれにしても縁起の良い日にお祭りを行う、ということには変わりありませんね。

2016年の開催日程と主な開催場所

torinoichi2

11月の酉の日って?

酉の市は11月の酉の日に行われますが、その前に「酉の日」とはどういうものなのでしょうか。

日めくりカレンダーなどに、「丁酉」「己酉」などの文字を見たことがありませんか?これは60日で一周する、「干支(かんし・えと)」と呼ばれる暦の一種。

「今年の干支」でおなじみの十二支と、十干というものの組み合わせで成り立っています。この干支に「酉」の字がある日が、酉の日と呼ばれています。

2016年の酉の市が立つ日は?

2016年の11月に、酉の文字が入る「酉の日」は次の2日。

11月11日(金)  ・・丁酉(ひのととり)
11月23日(水・祝)・・己酉(つちのととり)

特に11月23日は祝日(勤労感謝の日)とも重なるので、多くの人でにぎわいそうですね。

スポンサーリンク

酉の市の開催場所は?

酉の市は東京都内だけでも、30ヶ所以上の場所で開催されます。

関東圏まで広げればもっと数も増えますし、関西でも酉の市が。その中でも特に有名なのが、この三ヶ所の酉の市です。

□浅草 鷲神社(おおとりじんじゃ)+長國寺
明治初期の神仏分離で分離しましたが、元々一つの寺社。そのため隣同士で、それぞれ酉の市が行われるんですよ。

□新宿 花園神社
歓楽街の中にある神社で、毎年大混雑する酉の市でもあります。

□府中 大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)
23区から離れ、府中市で行われる酉の市です。神社の歴史がとても古く、大化の改新(645年)頃にはすでにあったという記述もあるほどです。

酉の市のおすすめ人気スポット

torinoichi3

発祥の地の一番札を

酉の市の発祥の地とされる場所で、もっとも有名なのが浅草の鷲神社

「おとりさま」の愛称でも親しまれ、浅草の風物詩にもなっています。

鷲神社で注目してほしいのが、一番太鼓とともに授けられる「一番札」です。

酉の市当日の午前0時に太鼓がなり、それを合図に参拝とお守りの配布が開始。このお守りを最初に受けた方にのみ、「一番札」と呼ばれるちょっと良いものが渡されるんですよ。

○平成22年 浅草酉の市 一の酉

*1分10秒頃より、午前0時の参拝開始の様子が。すごい人数ですね。

花園神社の「見世物小屋」

新宿の繁華街にある花園神社は、多くの方がご利益を求めて訪れるにぎやかな場所。

新宿らしい特色として、今では珍しくなった「見世物小屋」が露天に登場します。

見世物小屋とは、ちょっとショッキングな演者を見せるためのもの。客を呼ぶための「呼び込み」も含めて、昭和の雰囲気が楽しめます。

○花園神社酉の市  見世物小屋呼び込み

*ちょっといかがわしい雰囲気も、見世物小屋の魅力です。

お神楽

東京都練馬区にある練馬大鳥神社も、酉の市では有名な場所です。

こちらの特徴は、1日に4回行われるお神楽

14時・16時・19時・20時30分に行われていて、そのときによって演目が変わります。見たい演目のある時間に行くのもいいですし、行った時の演目を楽しむのもいいですね。

○練馬大鳥神社(酉の市:御神楽:2012112019時)

*神楽は音楽に合わせて、踊りを披露するもの。意外とノリノリだったりします。

露天も楽しい酉の市

酉の市では多くの露天が立ち並び、縁起物の熊手以外にも様々なものが売られています

神社やお寺でお参りをして縁起物を購入したら、露天を楽しめるのも酉の市の良いところ。

美味しいものをお腹一杯味わって、ちょっぴり怪しげなお店をひやかしたり。たいていの酉の市は遅い時間まで行われているため、仕事帰りに立ち寄れるのも魅力的。

11月にしかない特別な酉の市を訪れて、縁起物と楽しい時間を手に入れませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

北野天満宮の梅花祭!2017年の開催日と見どころは?

桜の花が開くと、いよいよ春ですが、その前に咲く「梅」も、春を告げる花ですよね。現在は、お花見

記事を読む

2016佐賀インターナショナルバルーンフェスタ今年は世界選手権!

澄んだ秋空を見上げていると、空を飛べる鳥が羨ましく感じます。そんな願いを叶える道具の一つが、

記事を読む

小松基地航空祭2016年の日程や見どころ!おすすめの駐車場は?

秋は青空が美しい季節。この美しい秋空によく似合うのが、飛行機と飛行機雲ではないでしょうか。

記事を読む

よさこいソーラン祭りの見どころ!2017年の日程や穴場は?

本州では梅雨入りしてジメジメとした6月に、北海道では初夏を告げる、「YOSAKOI(よさこい

記事を読む

北海道神宮祭2017年の日程と時間!札幌まつりの愛称で親しまれている理由は?

6月から7月にかけては梅雨の時期で、賑やかなイベントは行われない印象がありますよね。

記事を読む

時代衣装が勢揃い!京都時代祭、2016年の日程と見どころ!

京都の三大祭といえば、葵祭(2月)・祇園祭(7月)・時代祭(10月)。 その中で10月に開催さ

記事を読む

豊橋祇園祭2016の日程や見どころ。花火大会の穴場スポットは?

花火のきれいな祇園祭があることをご存知でしょうか? 祇園祭と言えば京都を代表するお祭り

記事を読む

ディズニーハロウィン2016!仮装期間や仮装のルールは?

日本でもすっかり定着したハロウィンですが、シーズンになるとあちこちで趣向をこらした仮装が見ら

記事を読む

山車がすごい!小江戸の川越祭り、2016年の日程と見どころ!

江戸の情緒が現在も残る「小江戸」川越は、全国から観光客が訪れる人気の街。気温も落ち着く秋に、

記事を読む

大迫力の曳山!佐賀の唐津くんち、2016年の日程と見どころ!

行楽に最適な秋も、11月に入ると少し肌寒くなってきます。しかし九州は11月でも比較的暖かく、旅行を楽

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ムクゲ(木槿)/ムグンファ(無窮花)の花言葉とは?開花時期はいつ?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がまず挙がりますよね。日本の

淡く可憐なコスモスの花言葉とは?開花時期や色による違いもご紹介!

https://youtu.be/-UfAo-AEn68 秋が近

すずらんの花言葉とは?フランス語での違いと怖い裏花言葉も紹介!

春になると様々な花が咲き、私達の目を楽しませてくれます。 その中

雨の日でも自転車に!レディース向けレインコートのブランドならコレ!

毎日の通勤や買物に、自転車は無くてはならないアイテムです。

神戸開港150年記念、kobeみなとマルシェ!2017年春の日程と見どころ!

兵庫県の神戸といえば、オシャレで食べ物も美味しい港町。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑