森のバター!アボカドの栄養とカロリーは?効果的な食べ方も紹介!

| 飲食 | , , , ,

avocado1

ここ数年で定着し、女性を中心に大変人気のある野菜の一つが、「アボカド」

とろっとした食感がおいしく、わさび醤油で食べたり、手巻き寿司の具にしたり・・・と食べ方もいろいろ。そんなアボカドでちょっと気になるのが、別名が「森のバター」という点。

濃厚な味わいは確かにバターみたいですが、カロリーもバターみたいに高いのでしょうか?気になりますね。

そんな気になる、アボカドのカロリーや栄養、そして美味しくて効果的な食べ方を紹介します!

スポンサーリンク

アボカドのカロリーはどれぐらい?

ややカロリーは…

アボカドのカロリー100gあたり187kcalと、少々高めです。

ちなみにアボカド1個で200g前後ですが、種などを取り除いた可食部分はおよそ140g前後。そのため1個全て食べると、約260kcal前後となります。

とは言え、アボカドを食べる時は、主にスライスされた状態で食べることが多いのでは。その際アボカドは半分にしてから、更に10等分前後に切り分けられ出されます。

ですので一切れで約10kcalと覚えておくと、食べる時のカロリー調整がしやすいですね。

アボカドの栄養素や効能

avocado2

主な栄養素は

アボカドの主な栄養素ですが、100gあたりでみると次のとおりとなります。

栄養素 含有量(100gあたり)
ビタミンB2 0.21㎎
ビタミンB6 0.32㎎
ビタミンE 3.3㎎
ビタミンC 15㎎
カリウム 720㎎
脂質 18.7g

栄養素で注目して欲しいのが脂質で、全体の約20%が脂質が占めています。

血液サラサラ!

アボカドの脂質を構成しているのが、リノール酸・オレイン酸などの不和脂肪酸

不和脂肪酸には血液をサラサラにする効果があり、また動脈硬化や高血圧の予防に効果があります。そのため血液サラサラ効果とともに、生活習慣病の予防にも繋がります。

更に高い抗酸化作用があり、血管や細胞の老化を防ぐ効果が。そのためアボカドは年配の方にこそ、食べて欲しい食材です。

脂肪が燃える!

更にアボカドの不和脂肪酸には、脂肪を燃えやすくする効果もあります。

その上、ビタミンB群には、体内の糖質をカロリーに変換して消費しやすくする効果も。

体重が気になる方にとっても、アボカドは積極的に食べたい食材なんですよ。

美肌効果が

アボカドに含まれるビタミンEにも強い抗酸化作用があり、血流を良くする効果が。

また皮膚を健やかに保つビタミンB6や、紫外線で傷ついた肌を回復させるビタミンCもたっぷり。

そのため体の老化だけでなく、お肌の老化防止にも効果的なんですよ。

むくみが取れる!

アボカドにたっぷり含まれるカリウムには、体内の余計なナトリウムを排出する効果があります。

ナトリウムは余計な水分を保持しやすい特性があり、むくみの原因にもなります。そこで、カリウムを摂取すると、むくみ解消に繋がってすっきり。

もちろんナトリウムは塩分の元ですので、高血圧の予防にも繋がりますよ。

スポンサーリンク

アボカドの効果的な食べ方

アボカドの選び方と切り方

アボカドを効果的に食べるためには、きちんと熟したものを食べるようにしましょう

店頭で販売しているアボカドは、場合によっては熟していない場合が。皮が全体的に黒ずんだものが、熟し始めているサイン。

指で押して少し凹むぐらいが食べごろなので、熟してなければ常温で1日置いて完熟を待ちましょう

アボカドの切り方ですが、次のようにすると簡単です。

1.縦半分に、中の種に沿うように包丁を一周されます。

2.切れ目を中心にして、左右にねじって半分に割ります。

3.種に包丁の根本部分を刺し、ひねるように取り出します。

4.スライする場合は好みの厚さに切ってから、手で皮をはぎ取ります。

□アボカドの皮の剥き方

*コツさえつかめば、きれいに種も取り除けます。

食前に1/2個

ダイエット目的でアボカドを食べるなら、食事の前に1/2個を食べるのが効果的。トマトやキュウリとあわせて、レモン汁で味付けしたサラダにすると食べやすいですよ。

食前に食べることで、アボカドの脂質が満腹感につながり食事の量を減らせます。また脂質が燃えやすい効果もあるため、食べた食事のエネルギーになりやすい利点も。

ただしカロリーはやや気になるため、まるまる1個は食べないように注意しましょう。

avocado3

パンに塗って

アボカドは森のバターというだけあって、パンと合わせても美味しくいただけます。

アボカドとレモン汁・黒胡椒を混ぜてディップにし、パンに塗ってトーストすると絶品朝食の出来上がり。めんつゆと水切りした豆腐を少し加えると、和風になる上にヘルシーでお腹いっぱいにもなります。

美味しいから適量を

関連記事:アボカドの上手な切り方と保存方法は?アボガドと読んでもいい?

アボカドは美容と健康に嬉しい効果がたっぷりで、とろりとした食感が美味しい食べ物。

カロリーがやや高い点は気になりますが、食べ過ぎなければむしろ体にプラスに働きます

注意点としてマヨネーズとの相性がとても良いのですが、かけすぎはカロリーオーバーにつながる点。小さじ1杯程度を上限として、アボカドの味を引き立てるアクセントとして使用しましょう。

アボカドを毎日の食卓に取り入れて、美容と健康に役立てたいですね!

スポンサーリンク

関連記事

カリウムの多い食品と驚くべき健康効果!不足したらどうなる?

デスクワークの多い人にとって気になるのが、足のむくみ。退勤時間になると足がパンパンで、朝履いてきた靴

記事を読む

銀杏(ぎんなん)の栄養と効能とは?食べ過ぎには注意!?

紅葉で黄色く色づくイチョウは美しいですが、イチョウの木周辺から異臭を感じたことがありませんか

記事を読む

簡単手作り!マシュマロフォンダンの作り方。味はどう?

手作りスイーツを作るなら、出来れば可愛い仕上がりにしたいですよね。 そんな方におすすめしたいの

記事を読む

冷え性に効果がある食べ物や飲み物は?陽性・陰性の観点ではどう?

特に寒いわけではないのに、手足など身体の一部が冷たく感じる冷え性。 冬になると、「靴下

記事を読む

冬でも飲みたい!麦茶の効能・効果とは?麦茶オレもお勧め!

暑いときや気温が高い時など、 つい麦茶が飲みたくなりませんか? 外から帰宅して、冷え

記事を読む

軟水と硬水の違いは何?どう使い分けたらいいの?

今はコンビニやスーパーでは、 ミネラルウォーターが沢山売られていて、 購入する機会も多いんじゃな

記事を読む

カレーのスパイスに隠された効能とは?美容にも健康にも効果的!

カレーが嫌いな人って、 ほとんどいないんじゃないでしょうか。 インド生まれのカレーは

記事を読む

冷凍して美味しく食べよう!冷凍卵の作り方と活用レシピ!

生卵・ゆで卵・溶き卵に、目玉焼きに卵焼き…。 卵は昔も今も人気の食材の一つですね。 その

記事を読む

人気のコーヒー豆とは?その種類と特徴を一覧で5つご紹介!

「コーヒーが大好き!」という方は多いと思いますが、カフェに限らず、今や自宅でも、コンビニでも、どこで

記事を読む

ココアの冷え性改善効果は抜群!ダイエットにも良い飲み方とは?

寒い冬になると飲みたくなるのが、甘い香りと味がほっとするココアです。 コンビニのホット

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トゥリング(足の指輪)を付ける足の指にはどんな意味が?最適な付け方は?

きれいで素敵なアクセサリーは、特に興味がない人でも一つは持って

メンズサングラスの選び方のポイントは?人気のブランドも紹介!

屋外や運転中など、日光が眩しいと感じた時に使いたいのがサングラ

メンズ用のおしゃれなクラッチバック!おすすめの人気ブランドはコレ!

男性用のカバンというと、メッセンジャーバッグやリュックなど大き

マニキュアを早く乾かす方法は?キレイにできる塗り方のコツも紹介!

指先は意外と人に見られていて、ここの印象でその人全体の印象が変

チュニックとワンピースとブラウスの違いは何?それぞれの特徴は?

コーディネートに困ったときに、一枚でコーデが完成するワンピース

→もっと見る

PAGE TOP ↑