キャベツを上手に千切りする方法は?長持ちさせる保存方法も紹介!

最終更新日: | 飲食 | , , ,

senfiricabbage3

キャベツは炒めたり煮込んだりそのまま食べたりと、毎日の食卓で活躍する野菜の一つ。

特にお肉と千切りキャベツの組み合わせは、見た目にも美しく栄養的にも良い組み合わせですね。

しかしキャベツの千切りを自分で作ろうとすると、大きさが揃わず千切りにならないことも。既に千切りにされたキャベツも売られていますが、せっかくですからマスターしませんか?

キャベツの千切りを上手に作るコツと、たくさん作った時の保存方法を紹介します。

スポンサーリンク

キャベツの千切りを上手にする方法

切れる包丁を用意しよう

キャベツの千切りを上手に作るには、良く切れる包丁が重要となります。
切れる包丁は余計な力を入れることなく切れるため、怪我の防止にも繋がります。

新しい包丁を購入しなくても、ホームセンターで販売してる砥石シャープナーを使えば切れる包丁に。プロの研ぎ師にお願いすると1000円前後で研いでもらえるので、半年に一度程度は利用すると便利です。

senfiricabbage4

揃えて丸めて

よく切れる包丁を用意したら、キャベツの千切りを始めましょう。食べる量や家族の人数にもよりますが、千切りが少量欲しい場合は次の手順がおすすめです。

1.大きめのキャベツの葉を取り、芯の部分をそいで葉の部分と同じぐらいの厚さにします。

2.1を2~3枚作り、くるくると一つに丸めます。

3.包丁を持たない手でキャベツを押さえ、包丁でキャベツを端から細かく切ります。

4.この時包丁はまな板に対して垂直に、切るのではなく上から下に落とすイメージで動かします。

5.切ったキャベツは水に5分ほどさらしてから、皿などに盛り付けます。

□キャベツの扱い方 【料理の基本:野菜の下ごしらえ】

*30秒から千切りの方法が登場します。

包丁を同じ場所で動かし続けるイメージで動かすと、細かい千切りが上手に出来ます

多少厚さにばらつきがあっても、歯ごたえがあってこれはこれで美味しいですよ。

切ったキャベツを水にさらすとことで、キャベツのアクが抜けてシャキシャキ感が。ただしキャベツの栄養が水に溶け出すため、食卓に出す少し前に千切りましょう。

大量に千切りを作る場合

パーティなどで大量に千切りが必要になった場合は、次の方法で作りましょう。

1.キャベツ一玉を半分に切り、半玉を更に二等分~三等分にします。

2.芯の部分を切り落とします。

3.切り口を下にして、端から包丁で細かく切ります。

4.切ったキャベツは水に5分ほどさらしてから、皿などに盛り付けます。

キャベツの千切りの方法(仕方)

*一度に大量に千切りができるため、時間が無いときに重宝します。

ピーラーでなぞる

上手く千切りにならない場合は、皮むき用のピーラーを使いましょう。

千切り専用のピーラーも販売されていますが、刃の部分が回転するタイプの皮むきピーラーで代用可能。

キャベツの断面にピーラーを当て、皮をむく様に動かせば千切りが出来上がります。

ピーラーを使うと多少太さにばらつきが出ますが、シャキシャキとした歯ごたえの千切りが。あまり力を入れず軽く動かすことが、ピーラーで千切りを上手に作るコツです。

スポンサーリンク

キャベツの千切りの保存方法

お酢やレモンをプラス

千切りにしたキャベツは傷みやすく、長期間の保存には向いていません。

それでも余ってしまった場合は、レモンやお酢を混ぜた水につけて冷蔵庫で保存しましょう

レモンなどを加えることで、キャベツの変色と酸化を防止。その上で毎日水を交換することで、1週間程度の保存が可能です。

ただしこの方法はキャベツの栄養分が水に溶け出すため、栄養面では期待できません。レモンやお酢などの酸味も薄くつくため、ドレッシングなどを多めにかけて食べましょう。

senfiricabbage2

冷凍保存

キャベツの千切りを、冷凍保存する方法もあります

1.千切りにしたキャベツを1分程度水にさらす。

2.水気をしっかり切った上で、キッチンペーパーの上において水気を更になくす。

3.ジッパー付きビニール袋などに平らに入れて、極力空気を抜いてから冷凍庫に入れる。

4.可能であれば「急速冷凍」機能を使い、早く冷凍する。

空気をできるだけ抜く事で鮮度が長持ちするため、空気を抜く工程はしっかり行いましょう。食べる時は自然解凍した後、軽く水にさらすと生で食べることが可能。

2週間程度は保存可能なので、好みにあわせて冷蔵保存と使い分けましょう。

シャキシャキを食べよう

千切りキャベツは料理の脇役として大活躍しますし、サラダや味噌汁の具にも使える食材。上手に切るにはコツが必要ですが、切れる包丁を用意して何度も挑戦すれば上達します

最初は大きさもバラバラになるかも知れませんが、その時は塩もみして即席漬けにすればOK。何度か切っていくうちに、お店で食べるような細くてシャキシャキ千切りになりますよ。

食べたい時にザクザク切って、キャベツの千切りをたっぷり食べませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

お寿司のカロリーはどれくらい?ダイエットに適した食べ方は?

和食は洋食と比べてヘルシーなことが多く、ダイエットに最適の食事とも言われています。その和食の代表と言

記事を読む

スイカは野菜?それとも果物?西瓜の種類とその優れた栄養・効果

https://youtu.be/EFfrm16Yf6U 夏になると、冷たく冷やしたスイカが食

記事を読む

「おでん」のおすすめの具は?定番から変わり種までご紹介!

日常生活の中で夏の終わりを感じるのは、どんな時でしょうか?すごしやすい気温や虫の音色もありま

記事を読む

銀杏(ぎんなん)の栄養と効能とは?食べ過ぎには注意!?

紅葉で黄色く色づくイチョウは美しいですが、イチョウの木周辺から異臭を感じたことがありませんか

記事を読む

山芋のカロリーと効能は?加熱しても栄養効果は大丈夫?

夏バテなどで食欲が無い時は、山芋をとろろにして食べると良いと聞いたことがありませんか?

記事を読む

すき焼きに入れたいおすすめの具材!定番から変わり種まで紹介!

誕生日などおめでたい時の定番のごちそうの一つに、すき焼きがあります。野菜やお肉を甘辛く味付け

記事を読む

余った時に作りたい!餃子の皮を使ったアレンジレシピおすすめ5選!

餃子を家庭で手づくりする時、足りなくならないように皮を多めに用意する方は多いのではないでしょ

記事を読む

もやしは栄養効果抜群!加熱や水洗いはどうする?

給料日前で、ちょっとピンチなときに、お買い得なもやしは、助かりますよね。もやしは、一袋でも量

記事を読む

ドライイーストとベーキングパウダーの違いは?代用はできるの?

クッキーなどのお菓子作りやパンづくりでは、ふっくら膨らむことが重要です。 お菓子づくりやパンが

記事を読む

みかんの効能と栄養素は?筋や皮も捨てずに活用しよう!

冬の果物として思い浮かべるのは、やっぱり 「みかん」。 甘くておいしいみかんは、ついつい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

霧(きり)と靄(もや)と霞(かすみ)の違いとは?気象上の定義では?

霧の都とも呼ばれているロンドン。映画などで霧に濡れるシーンを見

ひょう(雹)・あられ(霰)・みぞれ(霙)の違いとは?雪とはどう違うの?

フワフワと降る雪はロマンチックですが、実際には雪ではなく「みぞれ」が降

横田基地友好祭、2017年の日程と見どころ!食べ物も気になる!

普段の生活において米軍基地は、あまり身近な存在とは言えません。

関西で戌の日の安産祈願に行くならこちら!有名な神社・お寺5選!

生まれてくる我が子のために、出来る事はなんでもしたいのは昔も今

人気の高い「梨」の種類とは?旬の時期や美味しい梨の選び方も紹介!

秋になると美味しくなる果物の一つに、梨があります。シャリシャリ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑