キャベツを上手に千切りする方法は?長持ちさせる保存方法も紹介!

最終更新日: | 飲食 | , , ,

senfiricabbage3

キャベツは炒めたり煮込んだりそのまま食べたりと、毎日の食卓で活躍する野菜の一つ。

特にお肉と千切りキャベツの組み合わせは、見た目にも美しく栄養的にも良い組み合わせですね。

しかしキャベツの千切りを自分で作ろうとすると、大きさが揃わず千切りにならないことも。既に千切りにされたキャベツも売られていますが、せっかくですからマスターしませんか?

キャベツの千切りを上手に作るコツと、たくさん作った時の保存方法を紹介します。

スポンサーリンク

キャベツの千切りを上手にする方法

切れる包丁を用意しよう

キャベツの千切りを上手に作るには、良く切れる包丁が重要となります。
切れる包丁は余計な力を入れることなく切れるため、怪我の防止にも繋がります。

新しい包丁を購入しなくても、ホームセンターで販売してる砥石シャープナーを使えば切れる包丁に。プロの研ぎ師にお願いすると1000円前後で研いでもらえるので、半年に一度程度は利用すると便利です。

senfiricabbage4

揃えて丸めて

よく切れる包丁を用意したら、キャベツの千切りを始めましょう。食べる量や家族の人数にもよりますが、千切りが少量欲しい場合は次の手順がおすすめです。

1.大きめのキャベツの葉を取り、芯の部分をそいで葉の部分と同じぐらいの厚さにします。

2.1を2~3枚作り、くるくると一つに丸めます。

3.包丁を持たない手でキャベツを押さえ、包丁でキャベツを端から細かく切ります。

4.この時包丁はまな板に対して垂直に、切るのではなく上から下に落とすイメージで動かします。

5.切ったキャベツは水に5分ほどさらしてから、皿などに盛り付けます。

□キャベツの扱い方 【料理の基本:野菜の下ごしらえ】

*30秒から千切りの方法が登場します。

包丁を同じ場所で動かし続けるイメージで動かすと、細かい千切りが上手に出来ます

多少厚さにばらつきがあっても、歯ごたえがあってこれはこれで美味しいですよ。

切ったキャベツを水にさらすとことで、キャベツのアクが抜けてシャキシャキ感が。ただしキャベツの栄養が水に溶け出すため、食卓に出す少し前に千切りましょう。

大量に千切りを作る場合

パーティなどで大量に千切りが必要になった場合は、次の方法で作りましょう。

1.キャベツ一玉を半分に切り、半玉を更に二等分~三等分にします。

2.芯の部分を切り落とします。

3.切り口を下にして、端から包丁で細かく切ります。

4.切ったキャベツは水に5分ほどさらしてから、皿などに盛り付けます。

キャベツの千切りの方法(仕方)

*一度に大量に千切りができるため、時間が無いときに重宝します。

ピーラーでなぞる

上手く千切りにならない場合は、皮むき用のピーラーを使いましょう。

千切り専用のピーラーも販売されていますが、刃の部分が回転するタイプの皮むきピーラーで代用可能。

キャベツの断面にピーラーを当て、皮をむく様に動かせば千切りが出来上がります。

ピーラーを使うと多少太さにばらつきが出ますが、シャキシャキとした歯ごたえの千切りが。あまり力を入れず軽く動かすことが、ピーラーで千切りを上手に作るコツです。

スポンサーリンク

キャベツの千切りの保存方法

お酢やレモンをプラス

千切りにしたキャベツは傷みやすく、長期間の保存には向いていません。

それでも余ってしまった場合は、レモンやお酢を混ぜた水につけて冷蔵庫で保存しましょう

レモンなどを加えることで、キャベツの変色と酸化を防止。その上で毎日水を交換することで、1週間程度の保存が可能です。

ただしこの方法はキャベツの栄養分が水に溶け出すため、栄養面では期待できません。レモンやお酢などの酸味も薄くつくため、ドレッシングなどを多めにかけて食べましょう。

senfiricabbage2

冷凍保存

キャベツの千切りを、冷凍保存する方法もあります

1.千切りにしたキャベツを1分程度水にさらす。

2.水気をしっかり切った上で、キッチンペーパーの上において水気を更になくす。

3.ジッパー付きビニール袋などに平らに入れて、極力空気を抜いてから冷凍庫に入れる。

4.可能であれば「急速冷凍」機能を使い、早く冷凍する。

空気をできるだけ抜く事で鮮度が長持ちするため、空気を抜く工程はしっかり行いましょう。食べる時は自然解凍した後、軽く水にさらすと生で食べることが可能。

2週間程度は保存可能なので、好みにあわせて冷蔵保存と使い分けましょう。

シャキシャキを食べよう

千切りキャベツは料理の脇役として大活躍しますし、サラダや味噌汁の具にも使える食材。上手に切るにはコツが必要ですが、切れる包丁を用意して何度も挑戦すれば上達します

最初は大きさもバラバラになるかも知れませんが、その時は塩もみして即席漬けにすればOK。何度か切っていくうちに、お店で食べるような細くてシャキシャキ千切りになりますよ。

食べたい時にザクザク切って、キャベツの千切りをたっぷり食べませんか?

スポンサーリンク

関連記事

アイスクリームはダイエットに最適?効果の高い食べ方は?

夏になると食べたくなるのが、冷たくて甘いアイスクリーム。 しかしアイスはカロリーが高いイメージ

記事を読む

大根の気になるカロリーや糖質は?ダイエットに適した食べ方ならコレ!

ダイエットの方法の一つに、「糖質制限」がありますよね。 ご存知の通り、食事に含まれる「糖質」を

記事を読む

バイキングとビュッフェの違いとは?ブッフェも違うもの?

色々な料理を食べたいけれど、まとめて注文すると食べきれないですよね。 そんな方にとって

記事を読む

人気のコーヒー豆とは?その種類と特徴を一覧で5つご紹介!

「コーヒーが大好き!」という方は多いと思いますが、カフェに限らず、今や自宅でも、コンビニでも、どこで

記事を読む

パスタとスパゲッティの違いとは?パスタにはどんな種類があるの?

友達とオシャレなランチにしようと決めた時に、選択肢に上がるのがパスタではないでしょうか。

記事を読む

新生姜と生姜の違いとは?栄養面ではどう違うの?レシピもご紹介!

冷蔵庫に常備しておきたい生姜は、爽やかな辛味が特徴の野菜ですね。 いつでも買える生姜ですが、夏

記事を読む

うな重とうな丼の違いは何?ひつまぶしの由来や食べ方もご紹介!

夏バテに効果のあると言われるうなぎは、蒲焼にしてからご飯に乗せて食べるのが一般的。 お

記事を読む

冷え性に抜群!乾燥生姜の驚くべき効能とは?作り方と保存方法も紹介!

女性の体の悩みで多く聞かれるのが、真夏でも体が冷えてしまう「冷え症」です。 エアコンの効いた室

記事を読む

だだちゃ豆と枝豆の違い。味や栄養面ではどう違うの?

夏の定番おつまみといえば枝豆。 お酒のお供に、おやつにと、美味しくてついつい手が止まらなくなります

記事を読む

薄力粉と強力粉の違いと使い分けは?代用はできるの?

小麦粉っていろんな種類がありますよね。 薄力粉、強力粉、中力粉、全粒粉・・など 種類が沢

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「雪」の名前と種類を紹介!雪の結晶ができる秘密とは?

冬になると降り積もる雪は、とてもロマンティックですよね。 神秘的

トゥリング(足の指輪)を付ける足の指にはどんな意味が?最適な付け方は?

きれいで素敵なアクセサリーは、特に興味がない人でも一つは持って

メンズサングラスの選び方のポイントは?人気のブランドも紹介!

屋外や運転中など、日光が眩しいと感じた時に使いたいのがサングラ

メンズ用のおしゃれなクラッチバック!おすすめの人気ブランドはコレ!

男性用のカバンというと、メッセンジャーバッグやリュックなど大き

マニキュアを早く乾かす方法は?キレイにできる塗り方のコツも紹介!

指先は意外と人に見られていて、ここの印象でその人全体の印象が変

→もっと見る

PAGE TOP ↑